ソリューション > データの保護とコンプライアンスの保証

最も包括的なデータ保護プラットフォーム

すべてのアプリケーション、場所、ユーザの統合された可視性と適用

データ保護とコンプライアンスの保証がこれまで以上に困難になっている

データセンタに置かれたアプリケーションからクラウドのデジタルビジネスモデルへの移行によって、SaaSやパブリッククラウドのアプリケーションが広く採用されるようになりました。それに伴い、データが広範囲に分散し、このデータのコントロールも分散するようになったことから、いとも簡単にデータが外部に公開されてしまう可能性が出てきました。結果として、従来型製品でデータの外部への公開を可視化し、コンプライアンスを保証することが、不可能とは言わないまでも困難になりました。

クラウド環境におけるデータ保護の課題

icon showing data protection challenges - data is everywhere

データはあらゆる場所に存在する

データは、クラウド、SaaS、ユーザのデバイス、データセンタに分散しています。
icon showing data protection challenges - Data is encrypted

データは暗号化されている

アプリケーションへの接続が暗号化され、データ漏洩が隠されてしまっています。
icon showing data protection challenges - Compliance is unknown

コンプライアンスが保証されていない

アプリケーションの展開と使用がさまざまな場所とグループに分散する状況では、統合された保証は不可能です。
icon showing data protection challenges - Visibility is siloed

可視性がサイロに分断されている

チームによって異なるツールを利用するサイロ化された環境では、データ漏洩の本当の影響を組織が知ることはできません。

Zscaler Data Protectionとコンプライアンス

完全なデータの保護とコンプライアンスの保証

ゼットスケーラーのデータ保護は、ユーザとユーザがアクセスしているアプリケーションを追いかけることで、データ損失からの保護を可能にします。ゼットスケーラーは、暗号化の有無にかかわらず、トラフィックをインラインでインスペクションし、SaaSやパブリッククラウドのアプリケーションのセキュリティを保証し、必要とされる保護と可視性を提供します。ゼットスケーラーのクラウドセキュリティプラットフォームは、コンプライアンスを考慮して構築されており、代表的な法規制のコンプライアンスに必要なツールの利用を可能にすることで、データ保護の課題を解消します。

a diagram showing zscaler provides complete data protection & compliance solution

ゼットスケーラーのデータ保護プラットフォームで何ができるのか?

icon showing zscaler data protection platform benefits

クラウドDLP(Data Loss Prevention)

あらゆるアプリケーション、あらゆる場所の可視化と対策の実行を可能にすることで、データのアクセスと使用が組織のポリシーに確実に一致するようにします。
icon showing zscaler data protection platform benefits - Cloud Access Security Broker (CASB)

クラウドアクセスセキュリティブローカ (CASB:Cloud Access Security Broker)

組織が複数のSaaSアプリケーションを安全に採用して利用を管理できるようにし、アクセスやユーザアクティビティのリアルタイムの可視性とコントロールを提供します。
icon showing zscaler data protection platform benefits - Cloud Security Posture Management (CSPM)

クラウドセキュリティポスチャ管理(CSPM)

パブリッククラウドサービスプロバイダ(AWSやAzure)やSaaSアプリケーションの構成の監視と対策を提供し、コンプライアンスのレポートと違反の対策の実行を可能にします。
icon showing zscaler data protection platform benefits - Cloud Browser Isolation

クラウドブラウザ分離(アイソレーション)

ユーザをWebアプリケーションから分離することで、ビジネスクリティカルアプリケーションからIPやその他の機密データが流出するのを防ぎます。

Zscaler Cloud Protectionについて

WFA(Work From Anywhere)環境におけるDLP

あらゆる場所にある機密データを保護できるクラウドDLPのしくみを解説します。

最適なCASBの選択

CASBの必要性と、組織に適したCASBの選択について説明します。

データ保護対策を始めましょう

あらゆる場所で働くWork of Anywhereが一般化しつつある中、求められているのは、全てのデータやクラウドを対象とした統合ソリューションです。WFA(Work from Anywhere)環境におけるデータの保護をどのように実行するべきか、こちらの資料でご確認いただけます。
無料のeBookを入手する

ゼットスケーラーのデータ保護プラットフォームは他とはどう違うのか?

ゼットスケーラーのクラウドセキュリティプラットフォームは、インターネット、データセンタ、SaaSアプリケーションに統合データ保護機能を提供し、パブリッククラウドアプリケーションの構成がベストプラクティス標準に一致していることを保証することで、データの外部への公開を防止します。

Zscaler Cloud Security Platformによる統一された保護

統一された保護 –ゼットスケーラーのクラウドデータ保護ポリシーは、ユーザを追いかけ、移動中のデータとSaaSやパブリッククラウドのアプリケーションに保存されているデータに同じレベルの保護を提供します。

Zscaler Cloud Security PlatformによるフルSSLインスペクション

全トラフィックのフルSLLインスペクション - トラフィックの部分的インスペクションで妥協するべきではありません。アウトバウンドトラフィックの約70%が暗号化されており、従来のDLPソリューションでは、それらはインスペクションの対象にはなりません。プロキシとして動作するゼットスケーラーであるには、アプライアンスのキャパシティに制約はなく、すべてのSSLトラフィックをインスペクションできます。

Zscaler Cloud Security Platformによるコンプライアンスのレポートと対策の実行

コンプライアンスのレポートと修復 - SaaSとパブリッククラウドアプリケーションの導入環境における可視性とコントロールを統合し、それらの構成を異なるコンプライアンス標準と照合して測定し、コンプライアンス違反を可視化し、自動的に修正します。

Zscaler Cloud Security Platformによる柔軟かつ広範囲にわたるインラインでの適用

柔軟かつ広範囲にわたるインラインでの適用 - ゼットスケーラーはインラインで配置されるため、データが漏洩した後の被害のコントロールに限定されることなく、機密情報がネットワークから送信される前にブロックできます。ゼットスケーラーの100%クラウドサービスは、キャパシティベースではなくユーザベースであるため、SLAで保証するパフォーマンスに合わせてデータ保護が柔軟に拡張されます。

Zscaler Cloud Security Platformによる完全統合プラットフォームサービス

完全統合プラットフォームサービス - データ保護を、数か月ではなく数分で導入できます。Cloud Data Protection(クラウドデータ保護)は、ゼットスケーラーのセキュリティサービスが完全統合されたプラットフォームの一部であり、ポイント製品を導入してメンテナンスする必要がないため、アーキテクチャを変更する必要はありません。

お勧めのリソース

ホワイトペーパー

データ保護の5つの課題を解決する

データシート

Zscaler Data Protectionの概要

導入事例

Guild Mortgageがクラウドベースセキュリティソリューションにゼットスケーラーを選択した理由

eBook

CASBの主なユースケース

eBook

WFA(Work From Anywhere)環境のデータの保護

インフォグラフィック

隙のないデータ保護対策を実現するために必須となる3つの要件