データ漏洩の防止はゼロから始まる

Zscaler Data Protectionが、すべてのユーザ、データ、クラウドアプリに比類のない保護を提供

Zscalerの可能性

移動先を問わず データを保護

複雑で、ユーザを追跡できない従来のアプローチとは異なり、Zscaler Data Protectionは、すべてのクラウドデータチャネルを保護するシンプルかつ強力な方法です。Zscalerは、場所を問わずすべてのユーザを守り、SaaSやパブリッククラウドのデータを制御するとともに、機密データがどこに移動しても保護します。

移動先を問わず
データを保護

データ保護に新たなアプローチが必要な理由

データの分散

お客様のデータは現在、クラウドアプリ全体に分散されており、データセンターのセキュリティはまったく及びません。

インターネット

ユーザは、インターネットを通じてどこからでもデータにアクセスします。そのため、データは危険にさらされています。

クラウドアプリ

クラウドアプリは生産性を向上させますが、データへのアクセスや共有を十分に可視化することはできません。

Cloud Data Loss Prevention (DLP)

インターネットへの情報漏洩を防止

従来のアプライアンスでは、ネットワーク外のユーザを追跡したり、SSLトラフィックを大規模に検証したりすることはできません。

Zscalerは、クラウドネイティブで高性能なプラットフォームです。すべてのインターネットおよびSSLトラフィックを検証し、アップロード・ダウンロード時にすべての機密データを保護するほか、ユーザには場所を問わず迅速で一貫したセキュリティを提供します。

インターネットへの情報漏洩を防止

Cloud Access Security Broker(CASB)

クラウドアプリのデータの可視性を回復

ユーザは、わずか数回のクリックで、誤って機密データを共有してしまうことがあります。

ZscalerのCASB統合により、組織はサードパーティのオーバーレイのコストや複雑さを省きつつ、SaaSアプリのコントロールを回復することが可能となります。

シャドーITの完全な可視化、危険なアプリのブロック、危険なデータ共有の迅速な特定のすべてを、統一された単一DLPポリシーで実現します。

インターネットへの情報漏洩を防止

Security Posture Management

危険なクラウド設定不備を閉じる

クラウド侵害の主な原因は、設定の不備です。

Zscaler Cloud Security Posture Management (CSPM)とSaaS Security Posture Management (SSPM)は、パブリッククラウドやSaaSクラウドをスキャンして、リスクのある設定やコンプライアンス違反を検出し、迅速な修復を可能にします。

さらに、Cloud Infrastructure Entitlement Management (CIEM)は、アイデンティティを管理するので、クラウドのワークロードへのアクセスには最小権限が適用されます。

インターネットへの情報漏洩を防止

Cloud Browser Isolation

管理されていないBYODを簡単に保護

未管理のデバイスにより、お客様の機密データは危険にさらされます。

Zscaler Cloud Browser Isolationは、問題の多いリバースプロキシの導入を必要とせずに、BYODのデータコントロールを回復します。

Cloud Browser Isolationを使用すると、BYODにデータをピクセルのみでストリーミングすることができ、ダウンロード、コピー、印刷を防ぎながら、安全なアクセスと閲覧が可能になります。

インターネットへの情報漏洩を防止

データ保護対策を始めましょう

あらゆる場所で働くWork of Anywhereが一般化しつつある中、求められているのは、全てのデータやクラウドを対象とした統合ソリューションです。WFA(Work from Anywhere)環境におけるデータの保護をどのように実行するべきか、こちらの資料でご確認いただけます。

お勧めのリソース

ホワイトペーパー

データ保護の5つの課題を解決する

データシート

Zscaler Data Protectionの概要

導入事例

Guild MortgageがクラウドベースのセキュリティソリューションにZscalerを選択した理由

eBook

WFA(Work From Anywhere)環境におけるデータの保護

インフォグラフィック

隙のないデータ保護対策を実現するために必須となる3つの要件