Gartner

ゼットスケーラーは、ガートナーのマジッククアドラント2020において、セキュアWebゲートウェイ 部門で唯一のリーダーに選出されました。レポートダウンロード(英語) はこちら

選択していただいた役割に合わせたコンテンツをお届けします
製品 > Zscaler Digital Experience(ZDX)

優れたデジタルエクスペリエンスをエンドユーザに提供

Zscaler Digital Experienceが提供する継続的なエンドツーエンドの可視性により、ユーザの場所に関係なく問題のトラブルシューティングが可能になります

現在の監視アプローチはWFA(Work From Anywhere)環境に適していない

アプリケーションがクラウドに移行すると、インターネットは新しい転送ネットワークになります。在宅勤務やWFA(Work From Anywhere)のトレンドにより、クラウドアプリケーションのユーザエクスペリエンスに影響する問題のITチームによる監視や隔離が困難になっています。

デジタルエクスペリエンス監視の課題

デジタルエクスペリエンスの課題 - データセンタを前提に最適化された従来の監視ツールにより、可視性のギャップが残される

パフォーマンスの可視性のギャップ

ITチームがユーザからSaaSやクラウドアプリケーションへのパスをコントロールできないため、監視に死角ができる
断片化された監視アプローチ - 従来の監視スタックでは、ユーザに対する可視性が制限され、サイロ化されてしまう

断片化された監視アプローチ

従来からの監視スタックでは、ユーザ、ネットワークパス、SaaSアプリケーションに対する可視性が制限され、サイロ化されてしまう
WFA(Work From Anywhere)の複雑なエンドユーザ環境では、パフォーマンスの問題の特定と修正に必要となる、常に変化するエンドユーザ環境に関するインサイトをITチームが入手できない

複雑なエンドユーザ環境

WFA(Work From Anywhere)環境では、パフォーマンスの問題の特定と修正に必要となる、常に変化するエンドユーザ環境に関するインサイトをITチームが入手できない

Zscaler Digital Experience

Zscaler Digital Experience(ZDX)を利用することで、ユーザのデジタルエクスペリエンスを簡単に監視できます。ZDXであれば、クラウドアプリケーションに対するユーザエクスペリエンスを完全に可視化し、問題を迅速に隔離できます。Zscaler Client Connectorのエンドポイントエージェントとゼットスケーラーの世界中に分散するクラウドの組み合わせにより、ZDXは、ネットワークや場所に関係なく、革新的かつ他では実現できないエンドツーエンドの可視性を提供します。

エンドユーザデバイスのパフォーマンス
エンドユーザデバイスのパフォーマンス

CPU、メモリ使用率、Wi-Fi接続の問題などのエンドユーザエクスペリエンスに影響するエンドユーザデバイスのリソースやイベントのデータを連続して収集し、分析します。

クラウドパスのパフォーマンス
クラウドパスのパフォーマンス

すべてのユーザデバイスからクラウドアプリケーションへのエンドツーエンドでホップ単位のネットワークパス測定値を計測し、分析します。クラウドパスの可視化により、クラウドアプリケーションへのエンドユーザの接続の問題をプロアクティブに検知して解決できます。

アプリケーションパフォーマンス
アプリケーションパフォーマンス

レスポンスタイム、DNS解決、アプリケーションの広範な可用性メトリックなどのアプリケーションメトリックを継続的に監視し、測定します。

ZDXスコア
ZDXスコア

ユーザ、アプリケーション、場所、部門、および組織のレベルで連続して追跡されたユーザエクスペリエンスのパフォーマンススコアを提供します。

Zscaler Zero Trust Exchange(ZDX)は、ネットワークや場所に関係なく、革新的で他では実現できないエンドツーエンドの可視性を提供します。

Zscaler Digital Experienceの機能

Zscaler Digital Experienceはエンドツーエンドの可視性を提供

エンドツーエンドの可視性

エンドユーザデバイス、ネットワークパス、アプリケーションパフォーマンスを中断なく可視化することで、エンドユーザエクスペリエンスの包括的インサイトを提供します。

ユーザエクスペリエンスの向上

ユーザエクスペリエンスの向上

エンドユーザエクスペリエンスの問題のプロアクティブな検知、トラブルシューティング、診断により、MTTRを短縮します。

運用コストの削減

運用コストの削減

MTTDとMTTRを改善し、アプリケーションのダウンタイムのコストを削減します。

他のソリューションにはないZDXのメリット

ZDXは、エンドツーエンドのユーザエクスペリエンスをプロアクティブに監視

エンドツーエンドのユーザエクスペリエンスを継続的に監視

エンドポイント(Wi-Fiを含む)、ネットワークパス(Zscaler Cloud、ローカルISPを含む)、およびすべてのユーザとデバイスのアプリケーションパフォーマンスメトリックを組み合わせて提供します

ZDXは、統合エンドポイントエージェントであるCloud Connectorを活用することで、エクスペリエンスの監視、エンドポイントの状態の監視、高度なセキュリティ、ゼロトラストアクセスを実現します。

統合エンドポイントクライアントによるユーザエクスペリエンスの監視、高度なセキュリティ、ゼロトラストアクセスを実現

ZDXは、すべてのゼットスケーラーサービスと同じクライアントコネクタエージェントを使用するため、追加のエージェントを必要とすることなく、広範なテレメトリデータを提供することが可能ですClient Connectorを有効にすると数分以内で、リアルタイムの可視性が提供されます。

ZDXは、エンドユーザのユーザアイデンティティ、部門、地理的場所を、ユーザエクスペリエンスの問題に相関付けます。

監視ワークフロー内のユーザアイデンティティコンテキストを認識

エンドユーザのユーザアイデンティティ、部門、地理的場所を、ユーザエクスペリエンスの問題に相関付けます

お勧めのリソース

ブログ

クラウドモビリティはパフォーマンス監視境界の再考を意味する

データシート

Zscaler Digital Experienceの概要

ブログ

クラウドとモビリティ時代のデジタルエクスペリエンスの監視

Webinar

Kellyがパフォーマンスの可視性のギャップをZDXで解消した方法

Webinar

Hear What's New with ZDX