VPNの脆弱性に関する不安が広がっています。ZPAの60日間無料トライアルを利用して、VPNからの移行のメリットをお確かめください。

Zscaler Resilience

あらゆる場面で中断のない事業継続性を実現する業界で最も回復力の高いセキュリティ クラウド
0

Zscaler Resilience™は、ブラックアウト、ブラウンアウト、壊滅的なブラック スワン現象などが発生した際に事業継続性を確保するための包括的な機能セットです。

変化が必要な理由

業務に不可欠なクラウド アプリに求められる回復力のあるサービス

多くのクラウド サービスを導入したことで、組織はイノベーションを加速し、何百万ドルものコストを削減しました。しかし、業務上不可欠なサービスに関してクラウド リソースへの依存を高めると、予期せぬ機能停止に対する懸念も増大することになります。


Zscaler Zero Trust Exchange™は、市場で最も強力かつ回復力に優れたクラウド ソリューションのひとつとして構築されました。Zscaler Resilienceは、高度なアーキテクチャーとオペレーショナル エクセレンスを活用して、常に高い可用性と保守性を提供します。お客様が制御するディザスター リカバリー機能と堅牢なフェイル オーバー オプションにより、災害時においても運用が維持されます。

業務に不可欠なクラウド アプリに求められる回復力のあるサービスの図
物理ハードウェアまたは仮想ハードウェア
物理ハードウェアまたは仮想ハードウェア

十分な処理能力と冗長性を備えた堅牢なハードウェアは、優れたコンピューティング パフォーマンスを実現するための基盤を提供します。

クラウド用のソフトウェアおよびアーキテクチャー
クラウド用のソフトウェアおよびアーキテクチャー

明確な目的を持ってゼロから設計された堅牢なアーキテクチャー上でソフトウェア開発を行うことで、差別化とスピーディーなイノベーションを可能にしています。

相互接続
相互接続

キャリアニュートラルなデータ センター、インターネット エクスチェンジ ピアリング、十分な帯域幅により、中断のない接続とトラフィック フローを実現します。BGPコントロールはトラフィックを再ルーティングして不測の事態に対応し、柔軟性を高めます。

セキュリティとコンプライアンス
セキュリティとコンプライアンス

最小特権の原則(ゼロトラストにおける重要な考え方)に根ざしたクラス最高のセキュリティをプラットフォームの中核に据えており、攻撃対象領域最小化、ラテラル ムーブメントの抑制、不正侵入やデータ流出の防止を実現します。

Zscalerの回復力に優れた運用の図

Zscalerでは、世界最大のインライン セキュリティ クラウドを通じて、当社のインフラストラクチャーと同様に回復に優れた運用プロセスを10年以上にわたり磨き上げてきました。クラウド インフラストラクチャーを補完する運用モデルは、最も回復力のあるクラウドを実現するための鍵であり、ソフトウェア開発からインシデント管理まですべての段階で不可欠となります。

メリット

事業継続性を最優先

中断のないセキュリティによる事業継続性
中断のないセキュリティによる事業継続性

不測の事態が起こった際も、重要なセキュリティ ポリシーを適用しながら、インターネット、SaaS、プライベート アプリへのゼロトラスト アクセスを維持できます。

あらゆる障害シナリオに対応するシームレスなエクスペリエンス
あらゆる障害シナリオに対応するシームレスなエクスペリエンス

クラス最高のアーキテクチャーおよびZero Trust Exchangeのオペレーショナル エクセレンスによって、ブラックアウト、ブラウンアウト、壊滅的な障害に簡単に対処できます。

コストと複雑さの軽減
コストと複雑さの軽減

重要なアプリへの接続トラブルによるビジネスの中断や生産性の低下を回避しながら、従来型のバックアップ インフラストラクチャーやオンプレミスVPNにかかるコストを排除できます。

内容

世界トップクラスの導入実績を誇るセキュリティ サービス エッジ(SSE)プラットフォームが提供する最高のクラウド レジリエンス

あらゆる障害シナリオに対応するために構築されたZscalerの包括的な機能セット

世界で評価が高く最も導入されているSSEプラットフォームの図
軽微な障害
軽微な障害

Zscalerのプラットフォームでは、ノード障害やソフトウェアのバグなどを原因とする一般的かつ軽微な障害は、エンド ユーザーの操作をほとんどまたは一切介さずにルーチンで処理されます。

ブラックアウト
ブラックアウト

効果的なフェイルオーバー メカニズム(自律型または手動型)により、データ センター内での機能停止や予期せぬ接続障害などのローカルな問題を修復できます。

ブラウンアウト
ブラウンアウト

レイテンシーに基づく動的なサービス エッジの選択、顧客側がコントロールするデータ センターの除外など、複数の自律的なフェイルオーバー メカニズムなどによって、サービス品質が低下する問題に対処します。

壊滅的なイベント(災害)
壊滅的なイベント(災害)

ブラック スワン イベントによりクラウドが完全に機能を停止した場合、インターネットやプライベート アプリへのトラフィックは顧客の管理下にあるディザスター リカバリー メカニズムによって処理されます。プライベート サービス エッジにルーティングされ、プライベート アプリへのトラフィックは、重要なアプリへのアクセスのみに制限されます。

dots pattern

Zscaler Resilience

次のステップ

ZscalerのResilience AuditTMで今お使いのインフラストラクチャーの回復力を把握しましょう。まずはZscalerの担当者までお問い合わせください。