Zenith Live 2019 Keynotes Watch Now
Zenith Live 2019 Keynotes Watch Now

Transforming the Enterprise

Watch Keynotes
ホーム > クラウドセキュリティ

存在する場所でビジネスを保護するクラウドセキュリティ

企業のアプリケーションはクラウドに配置され、ユーザーはさまざまな場所で作業する今日、セキュリティの対象はデータセンターだけではなくなりました。

Zscalerの可能性

Zscaler Cloud Security protects business where it lives

クラウドセキュリティが重要な理由

ネットワーク上のすべてのユーザーのためのセキュリティ

従来のネットワークセキュリティは、すべてのアプリケーションがデータセンターでホストされ、すべてのユーザーがネットワーク上に存在していた時代のモデルです。アプリはクラウドに移行し、ユーザーのモバイル化が進む今日、データセンターにアプライアンスのスタックを配置することの意味が薄らいできました。このモデルでは、すべてのトラフィックを一元的なデータセンターにルーティングしてセキュリティおよびアクセス制御を適用する必要があり、複雑な構成によってユーザーエクスペリエンスが低下することがあります。

Office 365のようなクラウドアプリケーションは、ローカルインターネットブレークアウトからの直接アクセスを対象に設計されています。Zscalerクラウドセキュリティは、完全なセキュリティ制御を備えたローカルブレークアウトを実現します。

Zscalerは、AVインスペクション、Next-Gen Firewall, Sandbox, 高度な標的型攻撃からの保護, URL Filters, SSLインスペクション, などを備えたDMZ-as-a-Serviceとして統合プラットフォームサービスを提供します。Zscalerは、アプライアンススタックのコストや複雑性を伴わない堅牢なセキュリティで、高速でセキュアなユーザーエクスペリエンスを提供します。ユーザーが接続する場所(オフィス、カフェ、空港、自宅、海外)に制限されることはありません。

Gartner on public cloud spending in 2020

「従来」のネットワークセキュリティとクラウドセキュリティの違い

デジタルトランスフォーメーションによって変化したワーカーの作業方法

これまでセキュリティ境界の背後に配置されていた企業ネットワークは今日のインターネットと同義となり、接続する場所に関係なくユーザーに包括的な保護を提供する唯一の方法はセキュリティとアクセス制御を クラウドに移行することです。

Zscalerクラウドは最新のセキュリティ更新で常に最新の状態に維持され、絶えず進化を続けるマルウェアから企業を保護します。アプライアンスは、毎日のように生まれる新しいフィッシングサイトに対応することはできません。Zscalerは、ハードウェアとソフトウェアのセキュリティ修正(パッチ)、更新、および保守のコストと複雑さを最小化します。

Zscalerセキュリティコントロールは統合プラットフォームに構築されているので、相互に通信して、企業ネットワーク内を移動するすべてのトラフィックに関する包括的なインサイトが提供されます。単一のインターフェイスから、ユーザー、場所、およびデバイスごとの要求に関する優れたインサイトをすぐに取得できます。

ユビキタス

クラウドは、場所、時間、およびデバイスに制限されることなく常にアクセス可能です。

スケーラブル

新機能や多くのユーザーを容易に追加できます。

統合

セキュリティとその他のサービスの相互通信によって詳細な可視性が実現します。

包括的

SSLおよびCDNトラフィックを始めとするすべて
の 送受信バイトをスキャンできます。

インテリジェント

各ユーザーおよび接続からの学習が行われるので、新しい脅威でもブロックできます。

当社のクラウドアプリとデータは既に保護されているのではありませんか?

答えはYesとNoの両方です。Amazon Web ServicesやMicrosoft Office 365のようなクラウドサービスは、そのクラウド環境内で顧客のデータを保護していますが、すべてのクラウドプロバイダーが同一レベルの保護を提供しているわけではありません。潜在的なリスクを含むアプリケーションからユーザーを保護し、データ漏えいを防止するには、完全なセキュリティおよびアクセス制御が必要です。Cloud Application Security Broker(CASB)は、多くのクラウドアプリケーションのリスクスコアを提供します(このスコアは、アクセスポリシーを作成するために使用できます)。さらに、CASBでデータ流出保護を拡張することによってクラウドセキュリティプラットフォームを補完できます。しかし、CASB単体では、セキュリティ違反やランサムウェアなどの インターネットの脅威からの保護は提供されません。

「ハイブリッド」ソリューションの有用性

Salesforce、Box、Office 365などのクラウドベースのアプリが組織で多く使用され、Microsoft AzureやAmazon Web Services(AWS)のようなインフラストラクチャサービスに移行している今日、クラウド内でもトラフィックを保護する必要があります。オンプレミスハードウェアアプライアンスを販売しているレガシーベンダーの場合、収益と株主への責任はハードウェアの販売と設置を中心としているので、このような現実は大きな問題です。これが、レガシーベンダーが「ハイブリッドソリューション」を大きく宣伝している理由です。このアプローチでは、データセンターセキュリティはアプリケーションによって処理され、モバイルまたはブランチセキュリティはクラウド環境内でホストされている同様のセキュリティスタックによって処理されます。

このような戦略の問題は、センタープライズセキュリティがシンプルになる代わりに複雑化され、スピード、スケール、グローバルな可視性、および脅威インテリジェンスといった真のクラウドサービスのメリットをユーザーも管理者も活用することができません。このようなメリットは、マルチテナントグローバルアーキテクチャを介してのみ提供されます。

デモをリクエスト
an icon of biological hazards saying check your security with Zscaler instant risk assessment, security preview tool

ネットワーク向けのクラウド保護の詳細情報

Security Previewを使用して、ランサムウェアなどの脅威からの保護状態を確認してください。このテストは無料で利用でき、安全に情報を取得できます。

ネットワーク向けのクラウド保護の詳細情報

Learn About Zscaler

Zscalerの概要を読む >

エンタープライズセキュリティにおけるクラウドの意味

ホワイトペーパーを読む >

Zscalerによるサイバーキルチェーンの破壊

詳細情報 > >

Johnson ControlsがZscalerを選んだ理由

ビデオを見る >

エンタープライズがセキュリティをクラウドに移行する10の理由

パンフレットのダウンロード >

インターネットおよびWebセキュリティを提供する方法の変革

eBookを取得 >

クラウドがアプライアンスよりも優れた保護を提供する理由

適用可能な一貫したポリシーでユーザーを保護するために必要なものは、シンプルなURLやWebフィルタリングだけではありません。これが、多くの組織がITセキュリティをアプライアンスからクラウドのセキュリティコントロールに移行している理由です。ここでは、アプライアンスベースのセキュリティとクラウドベースのアプローチの違いを説明します。

エンタープライズ全体の保護

アプライアンスベースのセキュリティ

すべての出口(egress point)にセキュリティスタックをデプロイするか、ブランチオフィスとリモートサイトからのトラフィックをコストのかかるMPLSリンクを介してDMZにバックホールする必要があります。モバイルユーザーは保護されません。

クラウドベースのセキュリティ

本社、ブランチオフィス、オフィス外、または自宅でも、ユーザーには同一の保護が提供されます。


統合されたセキュリティ

アプライアンスベースのセキュリティ

複数の異なるベンダーのポイントアプリケーションがそれぞれ独立して機能するので、全体的なデータをシンプルに集約することは不可能です。

クラウドベースのセキュリティ

統合されたセキュリティコントロールおよびクラウドサービスによって情報が関連付けられるので、ネットワーク全体を包括的に把握できます。


ユーザーエクスペリエンス

アプライアンスベースのセキュリティ

ユーザーとインターネットの間にデプロイされているすべてのアプライアンスで遅延が発生します。データセンターへの接続にVPNを使用する必要がある場合、エクスペリエンスはさらに低下します。

クラウドベースのセキュリティ

Zscalerは高速なローカルブレークアウトを提供し、単一スキャンのマルチアクションテクノロジーによってセキュリティサービスで同時スキャンを行うことができるので、パフォーマンスが大幅に向上します。


ITの複雑さ

アプライアンスベースのセキュリティ

複数の異なるセキュリティベンダーのアプライアンスのデプロイおよび保守には多くのコストと労力を要し、継続的な修正プログラムの適用、更新、およびハードウェアアップグレードが必要です。

クラウドベースのセキュリティ

クラウドセキュリティによってポイント製品が単一のプラットフォームに統合されます。ハードウェアやソフトウェアを購入したり管理したりする必要はありません。


インテリジェンス

アプライアンスベースのセキュリティ

一般的にポイント製品では単一の手法で脅威を識別し、次のアプライアンスにデータを渡します。修正プログラムは使用可能になったときに適用されます。

クラウドベースのセキュリティ

クラウドインテリジェンスでは、クラウドで脅威が検出されると、すべての場所で保護がデプロイされます。Zscalerは、毎日 120,000 以上のセキュリティ更新をクラウドに適用しています。


バリュー

アプライアンスベースのセキュリティ

アプライアンスを購入および所有するには多くのコストが必要です。さらに、脅威が増加するにしたがって、さらに多くのアプライアンスを追加する必要があります。

クラウドベースのセキュリティ

Zscalerでは、ユーザーあたりわずかな月額コストでセキュリティをCAPEX(資本的支出)からOPEX(運用維持費)に移行できます。

「オンプレミスのアプライアンスの成長率はわずか6%でしたが、同じ5年間におけるクラウドサービスの年間平均成長率は35%でした。」

Gartner

Zscalerクラウドセキュリティプラットフォーム

1憶

ブロックされる脅威の数(1日あたり)

600 億の

ピーク期間での一日あたりのトランザクション

120,000+

セキュリティ更新の数(1日あたり)

クラウド配信セキュリティのパイオニアであるZscalerは、スケーラブルで成熟したクラウドソリューションを提供する唯一の企業です。

グローバルITセキュリティ部長,

Fortune 500の製薬会社

Zscalerの信頼性:

の悪意のある脅威を検出

「悪質なコンテンツのブロックでは、Zscalerは完璧に近い結果を達成しました。」

AV-TEST

ガートナー社はZscalerをセキュアWebゲートウェイ(SWG)・マジック・クアドラントのリーダーに格付けしました。8年連続

Zscalerは、ガートナー社のセキュアWebゲートウェイ(SWG)・マジック・クアドラントにおいて卓越したビジョンの完成度をもつリーダーに選ばれました。

レポートを読む

Zscaler, a leader in Gartner magic quadrant for secure web gateways, for 8 consecutive years

「今日、ボットネットが話題に上らない日はありませんが、APT向けのZscalerは、詳細な行動分析をSECaaS(Security as a Service)プラットフォームで活用し、包括的なソリューションを提供しています。

Tony Ferguson氏 IT Architect, MAN Energy Solutions

「Zscalerは、広告で謳われているパフォーマンスを実際に提供する数少ない製品です。」

Tony Rimmer氏 セキュリティ最高責任者(Fugro)

クラウドおよびモバイルの世界のセキュリティはクラウドから提供する必要があります。Zscalerとのパートナーシップにより、顧客向けに特別に構築されたセキュリティプラットフォームを提供できることを喜んでいます。顧客も従来のセキュリティポイント製品を購入、デプロイ、および管理する 必要がなくなったの
で喜んでいます。」

Dr. Ferri Abolhassan

IT部門およびテレコムセキュリティ部門ディレクター(T-Systems)

Zscalerはクラウドセキュリティアライアンス(CSA)の創立メンバーであることを誇りとしています: (CSA)

Cloud Security Alliance and Zscaler

カスタムZscaleデモのサインアップ。

Please provide a valid state.
  はい、Zscalerのニュース、イベント、ウェブキャスト、および特別オファーに関する情報を受け取ります。

下の「今すぐZscalerデモをリクエスト」ボタンをクリックすると、弊社のプライバシーポリシーに同意したものとみなされます.

For more detail on this offer, review the terms and conditions.