ソリューション > ネットワークトランスフォーメーション

Zscalerによるネットワークとセキュリティの
トランスフォーメーション

将来に向けたセキュアなブランチオフィスを今すぐ実現できます

eBookを読む デモをリクエスト

ローカルインターネットブレークアウトのセキュアな実現

待ち時間は、ユーザにとって不快なものです

トラフィックが支社や離れた場所からハブ&スポーク型アーキテクチャ経由でバックホールされると、インターネットやクラウドアプリへのアクセスが遅くなり、ユーザの待機時間が長くなります。

低遅延でセキュアなユーザーエクスペリエンスを提供

ローカルインターネットブレイクアウトの作成によって、Office 365などのアプリケーションの迅速かつシームレスなサポートが可能になるため、クラウドアプリケーションの最大限の活用と高速かつ安全なユーザエクスペリエンスが実現します。

アプライアンスを導入するたびにコストが増大します

MPLSですべてのトラフィックをバックホールすると、コストが高くなります。支社ごとにセキュリティアプライアンスを導入、管理するコストは、MPLS最適化で期待されるコスト削減効果が相殺されてしまいます。

セキュリティアプライアンスのコストを削減

ファイアウォールやUTMのアプライアンスを支社ごとに導入することなく、MPLSコストの削減やインターネットへのダイレクトアクセスが実現し、すべてのトラフィックのインスペクションが可能になります。

セキュリティアプライアンスは複雑化の大きな要因です

支店ごとにセキュリティアプライアンスを導入するには、コストも時間もかかります。さらに厄介なことに、セキュリティアプライアンスは、最新のクラウドアプリの要求を満たすようには構築されていません。

ブランチオフィスのIT運用をシンプルに

セキュリティがクラウドサービスとして提供されることで、支社のIT運用が簡素化されます。最も重要なアプリの優先設定や新サービスの有効化、数回のクリックでのポリシー定義と有効化が、1つの集中管理コンソールから実行できます。

妥協が生み出すセキュリティの脆弱性

すべての支社に同じインターネットゲートウェイのセキュリティスタックを設置しようとすると、多額のコストが必要になります。そのようなコストと複雑さから、多くの企業が、URLフィルタリングのみを導入するか、SSLインスペクションを妥協するかの選択を迫られることになり、支社の環境が脆弱になります。

場所に制限されることのないユーザーの保護

接続する場所に関係なく、すべてのユーザに同一の保護を提供します。外出先、本社、支社のいずれの場所であっても、あらゆるユーザにセキュリティスタックが適用されます。

待ち時間は、ユーザにとって不快なものです

トラフィックが支社や離れた場所からハブ&スポーク型アーキテクチャ経由でバックホールされると、インターネットやクラウドアプリへのアクセスが遅くなり、ユーザの待機時間が長くなります。

低遅延でセキュアなユーザーエクスペリエンスを提供

ローカルインターネットブレイクアウトの作成によって、Office 365などのアプリケーションの迅速かつシームレスなサポートが可能になるため、クラウドアプリケーションの最大限の活用と高速かつ安全なユーザエクスペリエンスが実現します。

アプライアンスを導入するたびにコストが増大します

MPLSですべてのトラフィックをバックホールすると、コストが高くなります。支社ごとにセキュリティアプライアンスを導入、管理するコストは、MPLS最適化で期待されるコスト削減効果が相殺されてしまいます。

セキュリティアプライアンスのコストを削減

ファイアウォールやUTMのアプライアンスを支社ごとに導入することなく、MPLSコストの削減やインターネットへのダイレクトアクセスが実現し、すべてのトラフィックのインスペクションが可能になります。

セキュリティアプライアンスは複雑化の大きな要因です

支店ごとにセキュリティアプライアンスを導入するには、コストも時間もかかります。さらに厄介なことに、セキュリティアプライアンスは、最新のクラウドアプリの要求を満たすようには構築されていません。

ブランチオフィスのIT運用をシンプルに

セキュリティがクラウドサービスとして提供されることで、支社のIT運用が簡素化されます。最も重要なアプリの優先設定や新サービスの有効化、数回のクリックでのポリシー定義と有効化が、1つの集中管理コンソールから実行できます。

妥協が生み出すセキュリティの脆弱性

すべての支社に同じインターネットゲートウェイのセキュリティスタックを設置しようとすると、多額のコストが必要になります。そのようなコストと複雑さから、多くの企業が、URLフィルタリングのみを導入するか、SSLインスペクションを妥協するかの選択を迫られることになり、支社の環境が脆弱になります。

場所に制限されることのないユーザーの保護

接続する場所に関係なく、すべてのユーザに同一の保護を提供します。外出先、本社、支社のいずれの場所であっても、あらゆるユーザにセキュリティスタックが適用されます。

Zscalerは、セキュリティアプライアンスのコストを削減し、MPLSコストを削減しながら、ネットワークトランスフォーメーションを確実に推進し、ハブ&スポークからクラウド対応アーキテクチャへの移行によってインターネットおよびクラウドアプリケーションへの低レイテンシかつセキュアなアクセスを実現します。セキュリティスタック全体をクラウドセキュリティサービスとして提供することで、ZscalerはIT運用を簡素化し、ローカルインターネットブレイクアウトを使用してダイレクトインターネット戦略をセキュアに実装することを可能にします。

「アプライアンスのコストと複雑さを排除することで、
アーキテクチャが大幅に簡素化されました」

ビデオを見る

「Zscalerによって、安定した接続をエンドユーザが利用し、インターネットを閲覧できるようになり、我々が必要としていたネットワークのセキュリティと保護も実現しました」

ビデオを見る

Zscaler:インターネットへのセキュア
ダイレクト接続を可能にする

ガイドを入手する

お勧めのリソース

Definitive Guide

「セキュリティガイド :ブランチオフィスのセキュアトランスフォーメーション」

ガイドを入手する 

Webinar

支社のための、セキュアなインターネットへのダイレクト接続

ウェブキャストを見る 

業界レポート

セキュアなWANトランスフォーメーション

レポートを読む 

ZscalerとSD-WAN – 安全なネットワーク
トランスフォーメーションを実現する強力な連携

SD-WANによって、支社の運用が簡素化され、支社がインターネットに接続され、
ローカルブレークアウトの確立が容易になりますが、接続の保護という問題は引き続き存在します。
Zscalerによって、この問題を解決できます。

ZscalerとSD-WANの詳細