リモートユーザがVPNシステムは最高だと感じていたのはいつの時代の事でしょうか

優れた代替方法があります

変革の必要性

リモートアクセスVPNは、ネットワーク中心の世界で構築されたものです。その時代は、アプリがデータセンタだけに存在していたため、城の周りにセキュリティの境界線がありさえすれば良かったのです。しかし、今はクラウドの採用で境界線がインターネットに広がり、モビリティが急上昇しています。リモートアクセスVPNは、この新しい変革の時代に求められるセキュリティ、可視性、ユーザエクスペリエンスを提供できません。

Relying on UTM and NGFW appliances to secure internet traffic is costly, results in appliance sprawl, and compromises branch security.

より良い選択肢を取り入れる

ユーザは、管理されていないデバイスやセキュリティで保護されていないネットワークからプライベートアプリケーションにアクセスするようになりました。多くの企業は、ユーザがプライベートなアプリにアクセスするためにネットワークに接続することを許可することは、もはや実行可能なオプションではないことに気づいています。企業はアプリケーションへのアクセスを見直す必要があり、その結果、VPNからSDP(Software-Defined 境界)サービスへの移行が始まっています。

では、なぜSDPがVPNに代わる選択肢として優れているのでしょうか?

ハブ&スポーク型ネットワークにはコストがかかり、アプライアンスのスプロール化につながります。ゼットスケーラーは、コスト削減に貢献し、ダイレクトインターネット接続を可能にします。

ユーザーエクスペリエンス

リモートユーザは、アプリケーションにアクセスするたびにVPNにログインする必要がなくなりました。これは好都合です。

ハブ&スポーク型ネットワークにはコストがかかり、アプライアンスのスプロール化につながります。ゼットスケーラーは、コスト削減に貢献し、ダイレクトインターネット接続を可能にします。

セキュリティの強化

プライベートアプリケーションへのアクセスは、ネットワークアクセスから切り離され、ユーザをネットワーク上に配置することがなくなります。その代わり、クラウドサービスは、特定のアプリと許可されたユーザとの接続を仲介します。

ハブ&スポーク型ネットワークにはコストがかかり、アプライアンスのスプロール化につながります。ゼットスケーラーは、コスト削減に貢献し、ダイレクトインターネット接続を可能にします。

複雑さを軽減

SDPはクラウドベースですので、アプライアンス、ACL、ファイアウォールポリシーの管理は必要ありません。

Zscalerによるプライベートアプリケーションの安全なアクセス

Zscaler Private Access (ZPA)がどのようにリモートアクセスVPNを置き換え、必要なセキュリティを確保しながら、従業員が望むエクスペリエンスを提供するのかをご紹介します。

  • データセンタとクラウドにあるアプリケーションへの高速でシームレスなユーザエクスペリエンス
  • 仮想アプライアンスや物理アプライアンスを使用しない、100%ソフトウェア定義
  • 複雑なネットワークセグメンテーションを必要としないアプリケーションセグメンテーション
  • これまで社内で知られていなかったアプリを発見する
  • SIEMへの自動ログストリーミングをリアルタイムに実現

 

The revolution of secure remote access is now.

VPN入れ替えのメリット

ユーザに喜ばれるリモートアクセス
アプリケーションアクセスをネットワークアクセスから分離
実装と管理を簡素化
インバウンドゲートウェイのコスト削減
Remote access VPN vs. Zscaler Private Access

SD(Software-Defined) 境界を体験してください

Zscaler Private Access (ZPA)の7日間無料ホストデモをお試しください。多くの企業がリモートアクセスVPNをSDPに置き換える理由を、実際に体験いただけます。