ソリューション > ランサムウェア保護

ランサムウェア:
身代金かZscalerによって、ランサムウェアからの最強の保護が可能になります貴重なデータか

企業を標的とするランサムウェア攻撃が増加する中で、
被害額が身代金をはるかに上回るようになっている

Zscalerによって、ランサムウェアからの最強の保護が可能になります

ランサムウェア攻撃とは何か?

収益性の高いサイバー攻撃の急増

ランサムウェアは、ファイルを暗号化したりコンピュータをロックしたりし、アクセスできる状態に戻すとして金銭を要求するマルウェア(不正ソフトウェア)です。ランサムウェアに感染すると、身代金を払う以外に有効な手段はほとんどありません。

標的になるのは?

PCやモバイルデバイスによるインターネットアクセスには、リスクを伴います。初期のランサムウェアは個人を標的にしていましたが、高度化され、大規模組織を標的にして多額の身代金を要求するようになりました。

ランサムウェアは急速に進化しており、一般ユーザより企業を標的にするようになっています。そして、企業に対しては、一般ユーザとは比べ物にならないほど多額の身代金が要求されます。
Zscaler CEO、Jay Chaudhry

攻撃はどれ位増えているのか?

利益を得られる可能性が高いため、新種のランサムウェア攻撃が次々と登場しており、ハッキングスキルがなくても簡単にサイバー犯罪を仕掛けることができるツールがたくさん出回っています。

被害額は?

要求に応じる方が抵抗してデータを永遠に失うよりマシだと決断させるため、十分に考慮された金額が身代金として要求されます。カリフォルニアのある病院は最近、電子医療記録へのアクセスを回復するために、17,000ドルを支払うことになりましたが、対応に費やした時間と記録がロックされた5日間の売上と生産性の損失(同院は患者を別の病院に移送しなければなりませんでした)によって、実際の損害はそれをはるかに上回るものになりました。企業や組織の場合は、個人よりはるかに多額の身代金を要求されることになり、リスクもまた大きなものです。

アンチウイルスソフトウェアが保護してくれるか?

残念ながら、従来型のアンチウイルス(AV)で十分ではありません。マルウェアは常に「モーフィング」によってAVの保護を回避しようとし、実際に回避が成功することも少なくありません。不正ファイルのブロックと不審トラフィックの「サンドボックス」での検査を組み合わせて利用する必要があります。

クラウドセキュリティでランサムウェア攻撃からの保護を強化するには

CryptoLockerについて
知っておくべき5つの事実

ソリューション概要をダウンロードする >

テクニカルナレッジ
シリーズ:ランサムウェア

ホワイトペーパーをダウンロード >

ランサムウェアの感染:保護するか、身代金の支払いに応じるか?

ウェブキャストを見る >

脅迫とランサムウェア

ウェブキャストを見る >

CryptoLocker:現代社会の銀行強盗

ケーススタディをダウンロード >

Zscalerによるランサムウェア対策

多層型セキュリティの必要性

ランサムウェア感染からの保護には、1つのソリューションでは不十分です。さまざまなツールが連携して不正トラフィックをブロックする、多層型セキュリティが必要です。

Zscalerのクラウドセキュリティプラットフォームは、8つの異なるセキュリティエンジンが連携する多層型セキュリティであり、不正トラフィックを迅速に発見してブロックします。Zscalerのこのプラットフォームには、不正侵入防止システム(IPS)、アンチウイルス、サンドボックス、Webフィルタリング、IPレピュテーションスコア、SSLインスペクションが含まれています。SSLトラフィックのインスペクションは極めて重要であり、それは、2016年末までにすべてのWebトラフィックの60パーセントをSSLトラフィックが占めるようになるとされており、暗号化トラフィックに隠れるマルウェアが増加しているためです。

ランサムウェアに対して最も脆弱である従業員の保護:支社とリモートユーザ

攻撃者は、多くの組織のリモートオフィス、出張中の従業員、モバイルデバイス、インターネット接続されるデバイスの保護に大きなギャップが存在することを知っています。Zscalerのクラウドは、あらゆるシステムに接続する、あらゆる場所にいるユーザを保護します。公共Wi-Fiに接続しているモバイルデバイスのユーザにも、本社のネットワークに有線接続しているユーザと同じ包括的な保護が適用されます。

クラウドインテリジェンスで脅威を検知し、すべてのユーザを脅威から保護

Zscalerのグローバルクラウドセキュリティプラットフォームは、1日あたり800億件の要求を処理し、ランサムウェアを含む1億以上のマルウェアを検知し、ブロックしています。Zscalerの1500万人のユーザのいずれかで新しい脅威が発見されると、クラウドプラットフォームに直ちに情報が反映され、すべてのユーザがその新しい脅威から保護されます。

ランサムウェアに対する十分な保護を単一ソリューションで提供できるのは、Zscalerだけです。


Zscalerの多層型クラウドセキュリティプラットフォームは、ランサムウェアを始めとする高度な脅威からユーザを保護
Zscalerは、多層型セキュリティによって、暗号化されたトラフィックも含むすべてのトラフィックをインスペクションすることで、ネットワークの感染を未然に防ぎます。
バイオロジカルハザードのアイコン:ゼットスケーラーのインスタントリスク評価、セキュリティプレビューツールでセキュリティをチェックすることを説明

セキュリティレベルを判断する

Zscalerのインスタントリスク評価でセキュリティをチェック:セキュリティプレビューを無料で利用でき、情報が外部に公開されることはありません。このテストを実行した企業の85%で、直ちに対応が必要な脆弱性が見つかりました。

406,000

CryptoWall 3.0と呼ばれるランサムウェアの1つの亜種による2015年の感染試行件数
Cyber Threat Alliance
新種のランサムウェアが毎日開発されており、新たに登場する種類の異なるすべてのランサムウェアをアンチウイルスで検知するのはほとんど不可能です。
Digital Trends

2億900万ドル

2016年の最初の3か月間の身代金の累計。ランサムウェアの増加により、今年の累計額は10億ドルに。
CNN
2016年は、ランサムウェアが多くの米国の企業を標的にする年になるでしょう。
ICIT(Institute for Critical Infrastructure Technology)