Gartner

SDP(Software-Defined Perimeter) - ガートナーが推奨するゼロトラストネットワーキングプロジェクト

DMZや従来型VPNは、1990年代に生まれたものです。SDPは、過度なトラストを与えることなく、アクセスを提供します。

ガートナー社のレポートに今すぐアクセスする

有効な状態を指定してください。
  ゼットスケーラーからのニュース、イベント、ウェブキャスト、特別オファーの受け取りに同意します。

フォームを送信すると、Zscalerのプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。

詳細は、利用規約を参照してください。

「2021年までに、60%の企業がデジタルビジネスコミュニケーションでのネットワークVPNの利用を段階的に
廃止し、SDP(Software-Defined Perimeters)を取り入れるようになる」

Gartner
今こそ、サービスをインターネットの「不浄な環境」から分離すべき時です
Steve Riley氏、Neil MacDonald氏、Greg Young氏
2017年11月17日

アプリのクラウドへの移行、ユーザのオフネットワークへの移行が進んでいる今、従来型のリモートアクセス技術(VPN)で企業のニーズを満たすことはできません。スケーラビリティとアジリティがなければ、企業は競争力を維持することはできません。データセンタに置かれたアプライアンスは、どちらにとっても妨げとなります。

SDP(Software-Defined Perimeter)は、クラウドベースのリモートアクセスのアプローチであり、ユーザをオンネットワークにすることなく、ユーザと内部アプリケーションの接続を仲介します。これにより、ゼロトラストアクセスが可能になり、攻撃対象領域が縮小するだけでなく、ユーザのアクティビティやアプリケーションに対するITの可視性が向上します。

レポートを読む
GARTNERは、米国およびその他の国におけるGartner, Inc.およびその関連会社の登録商標およびサービスマークであり、許可のもとにここで使用されています。All rights reserved.