製品 > Zscaler App

Zscalerセキュリティのすべての機能をモバイルユーザに提供

ZscalerのAppは、世界中の何百万ものデバイスに対するセキュリティおよびポリシー制御を実施します

セキュアモバイルアクセスの課題

BYODと業務に使用される管理対象デバイスの数が年々増加しています。このような状況から、多くのIT部門が、インターネット、SaaS、内部アプリケーションにアクセスするこれらのデバイスを保護しなければならないというプレッシャーにさらされています。しかしながら、アプリケーションの異なるタイプのトラフィックを保護するためには、複雑な管理性の課題をIT部門が解決する必要があり、エンドユーザにも、使い方についての判断が求められ、シームレスなユーザエクスペリエンスが欠如するという問題があります。

一般的な課題
  • 複雑なポリシーを用意して、デバイスがアプリにアクセスできるようにする必要がある
  • 内部アプリケーションへのアクセスには、VPNが必要である
  • ユーザエクスペリエンスが悪いと、不満を感じたり、回避策を使用しようとしたりするユーザが増える
  • モバイルセキュリティソリューションの多くは、既存のMDMと互換性がない
  • 多様なデバイスやOSをサポートできない

Zscaler Application

単一アプリで、エンタープライズアプリケーションへのモバイルアクセスを保護

Zscaler Appは、ユーザトラフィックをZscalerクラウドに自動的に転送し、デバイス、場所、あるいはアプリケーションに関係なく、セキュリティとアクセスのポリシーが確実に適用されるようにします。オープンインターネット、SaaSアプリ、あるいは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、またはデータセンタで実行中の内部アプリのいずれにユーザがアクセスしようとしているかを自動的に判断し、モバイルトラフィックを適切なZscalerセキュリティサービスにルーティングします。Zscaler Appは、Zscaler Internet Access(ZIA)とZscaler Private Access(ZPA)の両方をデフォルトでサポートしているため、クラス最高のインターネットセキュリティと内部アプリへのゼロトラストアクセスを組み合わせて提供することができます。

データシートを読む

Z-Appのメリット

1つのアプリですべてのモバイルアクセスのニーズに対応

トラフィックの自動ルーティングによるシームレスなユーザエクスペリエンス

Zscalerアプリは、デフォルトではZscalerクラウド経由でモバイルトラフィックをルーティングすることで、セキュアアクセスと最適なルートが保証されるようにし、信頼されるネットワークとキャプティブポータルでの検知も実行することで、ユーザエクスペリエンスが優先されるようにします。

フィンガープリンティングによってデバイスを特定のユーザにマッピングする

デバイスモデル、プラットフォーム、OSなどの条件を使用して、デバイスが特定のユーザに確実にマッピングされるようにします。認証情報が悪者の手に渡ったとしても、セキュリティが損なわれることはありません。

ダッシュボードによる視覚化とデバイスの利用状況の確認

Zscaler Application Portalを利用することで、管理者は、Z-Appが導入されたデバイスのデータを表示し、Z-App専用のポリシーを管理できます。

多様なデバイスとOSをサポート

Zscaler Appは、iOS、Android、Windows、MacOSのを始めとする、多くのプラットフォームをサポートしています。

Zscaler Appの登録と使用を強制

アプリにアクセスする前にユーザデバイスの登録を義務付けることで、ユーザがアプリをオフにするのを防止し、すべてのモバイルトラフィックが確実に保護されるようにできます。

自動インストールとMDMによるシームレスな導入

MDMまたはMicrosoft InTune経由でZscaler Appをエンドポイントデバイスに簡単にインストールでき、ユーザの負担を最小限に抑えることができます。サイレントインストールでは、クライアントとSSLの証明書が登録時にデバイスに自動インストールされます。

NOVはZscaler Appを導入して、10,000人のユーザのトラフィックを保護しています。その具体的な方法をご紹介します。

ビデオを見る

MAN Energy Solutionsは、Z-Appを採用し、5,000人のユーザのZIAとZPAのセキュリティを連動させました。

ビデオを見る

アプリケーションに接続している
ユーザデバイスの表示とコントロール

IT担当者は、Zscalerアプリケーション管理ポータルを利用してデバイスデータを完全に可視化し、Zscaler Appのライセンスのサブスクリプション数と使用数、さらには、デバイスモデル、OS、ポリシーのステータス、Zscaler Appが導入されている特定のユーザなどの詳細を表示できます。カスタムセキュリティポリシーも、このポータルから設定できます。

デバイスフィンガープリンティングによってモバイルセキュリティを強化

すべてのデバイスを一意に識別して、特定のユーザにマッピングします。そうすることで、IT部門が可視性とレポート機能を強化し、情報に基づいて簡単にアクションを実行できるようになります。ユーザの認証情報を特定のデバイスに結び付けることで、より詳細なレベルのモバイルセキュリティを提供し、盗まれた認証情報が不正使用されるのを防ぐことができます。

シームレスなデバイス登録とユーザエクスペリエンス

Zscaler Appをユーザデバイスに導入するプロセスは、簡単かつスケーラブルです。ユーザのログインプロセスはとても簡単であり、MDMプロバイダ、Microsoft InTune、LDAP、ADFSなどとの統合により、一般的には面倒で時間のかかるプロセスがストレスなく短時間で終了します。ユーザの操作を必要とすることなく、IT担当者がZscaler Appをデバイスに展開することもできます。

Zscaler Appを入手する

今すぐご体験ください。Zscaler Appは、Mac、Windows、iOS、Androidでご利用いただけます。以下のリンクから無料でダウンロードできます。

お勧めのリソース

データシート

Zscaler App (Z-App)

データシートを読む 

データシート

Z-AppとZscaler Internet Accessによるセキュリティの向上

データシートを読む 

ソリューションブリーフ

VPNをZ AppとZscaler Private Accessに移行する方法

ソリューション概要を参照する