製品 > ブラウザ分離

ブラウザ分離でセキュリティを
新たなレベルに引き上げる

アクティブWebコンテンツのリスクを排除し、データ損失を防ぐ

詳細はこちら

ゼットスケーラーのリモートブラウザ分離

Webブラウザ経由のデータの漏洩やマルウェアの拡散を阻止

ゼットスケーラーのリモートブラウザ分離は、ユーザを実際のWebアプリケーションから分離することで、Webコンテンツへのセキュアアクセスを可能にします。ユーザと潜在的なリスクを伴うWebコンテンツの間に「エアギャップ」を作成することで、組織は、高度な脅威を確実にブロックし、機密データとユーザを保護できます。

ブラウザ分離の仕組みとは?
ゼットスケーラー製品 ブラウザ分離
ブラウザ分離の仕組みとは?

リモートブラウザの分離のメリット

Webベースの脅威のリスクを排除

機密情報を扱うエグゼクティブやその他のユーザを、フィッシング攻撃、ランサムウェア、その他の高度な脅威から保護

機密データを保護

ビジネスクリティカルアプリケーションからIPやその他の機密データが流出するのを防止

すべてのトラフィックをシームレスに保護

統合セキュリティサービスのスタック全体をZscaler Internet Accessを利用して配信することで、ネイティブブラウザまたはブラウザ分離セッションのどちらからのトラフィックであるかにかかわらず、すべてのトラフィックを保護

インターネットの安全なブラウズを実現

未分類URL、新しく登録されたドメイン、その他のアクティブWebコンテンツへの安全なアクセスを可能にし、実ファイルのダウンロードの必要性を排除

お勧めのリソース

データシート

リモートブラウザの分離

データシートを読む 

詳細はこちら

リモートブラウザ分離の詳細

デモを申し込む