IoTデバイスの可視化

ビジネス全体のIoTデバイスを包括的に把握

Zscaler IoT Device Visibilityは、組織全体にわたるすべてのIoTデバイス、サーバー、非管理対象のユーザー デバイスを包括的に把握できるようにします。

重要な理由

ビジネス全体にセキュリティの死角を生み出すIoTデバイス

バーコード スキャナーやスマート サーモスタットなどのIoTデバイスは、セキュリティを考慮した作りになっていない場合がほとんどです。IoTデバイスには脆弱な暗号化や複雑なパッチ適用のほか、従来型エージェントをホストできないなどの課題があり、こうしたデバイスを展開する組織は、その数と種類さえも可視化できないという事態に直面しています。これには、ネットワーク上の未知で承認されていないIoTデバイスも含まれ、重大なビジネス リスクにつながる可能性があります。

メリット
IoTデバイスの可視化で死角を排除
vpn
すべてのIoTデバイスを包括的に表示

組織全体にわたるIoTデバイス、サーバー、非管理対象のユーザー デバイスの動作を特定し、監視します。

アプリ
管理の簡素化と生産性の向上

継続的なモニタリング、IoTデバイスのAI/ML分類、Zscaler管理ポータルでの一元的なレポート作成で、管理者のオーバーヘッドを削減します。

icon-global-network-shield-checkmark
リスクと複雑さをゼロトラストで軽減

組織全体のIoTデバイスに対して、デバイスの動作とアイデンティティーに基づいたゼロトラスト接続を可能にします。

仕組み
ユース ケース

リスクを軽減する包括的な可視性

shadow-iot-device-discovery

認証されていないトラフィックを分析して、ネットワークに接続している新しいまたは未承認のIoTデバイスを特定します。


always-on-iot-monitoring

IoT環境に関するリアルタイムのインサイトを提供する継続的なモニタリングで、死角を排除します。


automatic-device-classification

手動のプロセスやセンサーを必要とする従来のアプローチではなく、AI/MLを活用して、アクティビティーや振る舞いに基づいてIoTデバイスの種類を自動的に識別します。


unified-visibility-into-iot

デバイスの分類、データ消費量、使用アプリ、アクセス先など、IoTデバイスの豊富なコンテキストを単一の画面で表示します。


simplified-iot-management

手動による評価や断片化したデバイスのコンテキスト、そしてあらゆる場所のIoTデバイスからデータを収集するためのセンサーの配置と管理の必要性を排除します。


IoTデバイスの可視化

次のステップ

IoTの包括的な可視性を体験してください。