現代の企業を支援する
包括的なセキュリティ

Zscaler Security Service Edge (SSE)

クラウドとモビリティの課題

従来のセキュリティでは保護できない現代のビジネス

アプリ、データ、ユーザがオフプレミスに移行するに従い、インターネットが新たにネットワークの役割を担うようになりました。データセンタのファイアウォールのようなオンプレミスのネットワークセキュリティでは、クラウドベースのアプリや重要なデータの保護、脅威の水平移動の阻止、膨大なSSLの復号、リモートユーザやエンドポイントの追跡はできません。そして、セキュリティやパフォーマンス、ユーザエクスペリエンスが阻害されるだけでなく、レイテンシも発生します。

つまり、「従来の」プロバイダが提供する「従来の」サイバーセキュリティでは、現代のビジネスを保護するには不十分なのです。

データやユーザは従来のセキュリティから離れたオフネットワークに存在し、リスクが高まります。
データやユーザは従来のセキュリティから離れたオフネットワークに存在し、リスクが高まります。
従来のセキュリティアプローチでは攻撃対象領域が拡大し、ITエコシステムが複雑化してコストも増加します。
従来のセキュリティアプローチでは攻撃対象領域が拡大し、ITエコシステムが複雑化してコストも増加します。
リモートVPNは低速ということだけでなく、脅威が水平移動できるネットワーク上にユーザを配置するため、リスクも高まります。
リモートVPNは低速ということだけでなく、脅威が水平移動できるネットワーク上にユーザを配置するため、リスクも高まります。
ネットワークアプライアンスのアイコン
セキュリティアプライアンスでは、クラウドやモビリティに必要なパフォーマンスやSSL検査を実現できません。

Zscaler Security Service Edge

 

セキュリティサービスエッジ (SSE) は、クラウドアクセスセキュリティブローカ (CASB)、セキュアWebゲートウェイ (SWG)、ゼロトラストネットワークアクセス (ZTNA) などのセキュリティサービスを、エッジで提供されるクラウドプラットフォームをひとつに集約したものです。Gartnerが提唱するセキュアアクセスサービスエッジ (SASE) モデルのセキュリティコンポーネントであり、SD-WAN (ソフトウェア定義のワイドエリアネットワーク)、ルーティング、最適化などのサービスも含まれています。

Zscalerは、世界最大のセキュリティクラウド上に構築されたオールインワンのセキュリティプラットフォームでSSEを提供しています。このSSEは、SASEアーキテクチャを完成させる理想的なソリューションとなっており、その中核となるのが、「Zscaler Zero Trust Exchange」です。ZscalerのSSEには次のような特長があります。

  • 攻撃対象領域の排除 : アプリをZscaler Zero Trust Exchange™の背後に隠します。
  • セキュリティ侵害の防止 : ユーザ - アプリ間、アプリ間、マシン間の通信をすべて保護します。
  • 水平移動の阻止 : ネットワークではなくアプリに直接ユーザを接続して脅威から隔離します。
  • コストと複雑性の軽減 : ユーザエクスペリエンスとパフォーマンスを最大限に向上させながら、コストと複雑性を軽減します。
Diagram illustrating the SASE experience

セキュリティ・サービス・エッジ(SSE)
組織にもたらされるメリット:SSEテクノロジにより、組織はセキュリティ・ポリシーの施行にクラウド中心のアプローチを用いて、時間や場所を問わず
従業員をサポートできます。複数の異なるセキュリティ機能を単一の
プロダクトに統合することで、複雑さを軽減し、ユーザー・
エクスペリエンスを向上させるための機会を即座に得られます。

Gartner, ガートナーの「クラウド・セキュリティのハイプ・
サイクル:2021年」に登場した4つの必須テクノロジ, 2021年11月1日
https://www.gartner.co.jp/ja/articles/4-must-have-technologies-that-made-the-gartner-hype-cycle-for-cloud-security-2021

あらゆるトランザクションを保護するセキュリティ

Zero Trust Exchangeは、クラウド中心の最新のセキュリティ戦略で求められるSSEのニーズをすべて満たし、包括的な脅威対策とデータ保護を実現します。この統合アプローチによって、セキュリティの複雑さとコストが削減されると同時に、ユーザ、アプリ、データをすべて保護する統合プラットフォームが実現します。

Zscaler SWG

Gartner Magic Quadrantで10年連続リーダーの評価を得ているZscalerのSWGは、Webのデータを脅威から確実に保護します。

Zscaler SWG

従業員のWeb利用を保護

Zscaler CASB

ZscalerのマルチモードCASBは、緊密なAPI統合、先進的なフォワードプロキシ、エージェントレスでブラウザを分離するアイソレーションプロキシにより、あらゆるクラウドアプリやデバイスをリアルタイムに保護します。

Zscaler CASB

SaaSアプリケーションとIaaSプラットフォームを保護

Zscaler ZTNA

ZTNAのパイオニアであるZscalerは、プライベートアプリをマルウェアや情報漏洩から保護するために必要な機能を多数搭載しています。

Zscaler ZTNA

組織のプライベートアプリを保護

Zscaler SSEのメリット

攻撃対象領域の排除

攻撃対象領域の排除

Zscaler Zero Trust Exchangeは、アプリケーションをその背後に隠し、公衆インターネットから見えないようにします。これにより、攻撃対象領域を完全に排除します。

ゼロトラストの実現

ゼロトラストの実現

ITリソースへの特権アクセスを最小限にして、ユーザを直接アプリに接続することで、企業ネットワークにおける脅威の水平移動を阻止します。

セキュリティ侵害の阻止

セキュリティ侵害の阻止

Zscalerが提供するシングルパスアーキテクチャとSSLフルインスペクション機能を備えたプラットフォームは、従来の製品や単一機能の製品に比べて、効果的に情報漏洩や脅威を防止します。

コストと複雑性の軽減

コストと複雑性の軽減

セキュリティテクノロジを一社のベンダに集約することで、コストやITの複雑性を軽減します。単一機能の製品を複数購入して、導入、管理する負荷からも解放されます。

ユーザエクスペリエンスの向上

ユーザエクスペリエンスの向上

世界中に展開されているZscalerのデータセンタは、エンドユーザに限りなく近い場所からオールインワンのセキュリティを提供し、本社や支社、その他の拠点で理想的なユーザエクスペリエンスを実現します。

独自の付加機能の提供

独自の付加機能の提供

ZscalerはSSEの3つの中核サービス (CASBSWGZTNA) の枠を超えて、 情報漏洩防止 (DLP)、 クラウドファイアウォール (FWaaS)、クラウドブラウザ分離やインラインクラウドサンドボックスを含むさまざまな機能を提供します。

Zero Trust Exchange

Zscalerのクラウドネイティブなセキュリティプラットフォームは、デジタルトランスフォーメーションの推進に最適なソリューションとして10年以上も採用され続けています。Forbes Global 2000に名を連ねる組織の25%以上がZscalerを信頼し、万全のセキュリティを実現しています。

ネットワークの境界でクラウドサービスとして提供される当社の最先端のセキュリティテクノロジは、現代のデジタルビジネスのニーズに応える高水準のパフォーマンスと優れたユーザエクスペリエンスを実現します。世界中で24時間稼働し、企業のCISOやセキュリティ部門をサポートしています。

150

世界中で運用する
データセンタの数

2千億

毎日処理する
トランザクションの件数

1.5億

毎日検知する脅威の数

20万

毎日実施するセキュリティ
アップデートの件数

おすすめのリソース

概要

Zscaler SSEの概要

インフォグラフィック

SSEを選ぶ際の7つの落とし穴

インフォグラフィック

Zscaler Security Service Edge|お客様のインサイトの概要

ビデオ

SSEインサイト:データ侵害を防ぐには

ビデオ

SSEインサイト:ランサムウェアの被害を防ぐには

ビデオ

SSEインサイト:ハイブリッドワークを保護するには