Zscaler Announces Intent to Acquire Airgap Networks to extend Zero Trust SASE
概要

ZscalerでM&Aを加速

M&Aは、何度経験したとしても大きなリスクを伴うタスクであることに変わりありません。従業員や作業モデル、アプリのホスティング環境、リソースへの共有アクセスなどを新しいエコシステムに安全に組み込むことは、アーキテクチャーとエンジニアリングの側面において多大な労力が必要となり、ここで遅延が発生すると、シナジー目標から遠ざかることになってしまいます。


説明

Zscaler Zero Trust Exchange™でITの合併と吸収を簡単かつスピーディーに実現

複雑さの軽減
技術的な複雑さの軽減

重大な技術的負債を排除し、技術的な複雑さを解消することで、事業価値の獲得につながる活動をすぐに開始できます。


サイバー犯罪者のアイコン
案件価値の保護

統合と並行して、サイバー脅威を即座に制御できます。Zscalerのゼロトラスト アーキテクチャーにより、買収した事業体からの脅威のリスクを初日から最小限に抑えられます。


マルウェア アイコン
価値の収益化

従量制SaaSモデルにより、統合後のコストの大幅な節約が可能になり、テクノロジーの合理化と最大40%の債務削減が実現します。


エクスペリエンスと規律
エクスペリエンスと規律

再現性の高いアプローチにより、ゼロトラストのクラウド プラットフォームを使用してより速いペースで統合や分割を完了できます。


Zscalerのソリューション

エコシステムの融合と価値の最大化のバランスを取ることは、決して簡単ではありません。ネットワークやセキュリティのように価値が見えにくく、手間のかかる領域が障壁となった場合、全体のスケジュールに大きな影響が出る可能性があります。Zero Trust Exchangeは、こうした問題を解消します。Zscalerは統合を加速し、より迅速に事業価値を獲得できるようにすることで、次のようなメリットを実現します。


Zscalerのソリューション
統合
必要なものだけを統合し、統合中にこれまでにない柔軟性とオプションを提供
シームレスで安全なアクセスの提供
個別のユーザー、アプリ、ネットワーク化されたリソースへのシームレスで安全なアクセスを数日で提供する
ユーザー クラウド
組織全体のリソースに迅速かつ簡単にアクセスして、ビジネス サービスのクロスセル、イノベーション、供給を行う(例:ITフットプリントなしで倉庫をERPシステムに接続する、研究開発活動を行いながら知的財産を保護する)
全体的な影響の軽減
侵害が発生した場合の全体的な影響を軽減することで、評価と修復を行う間もユーザーの生産性を維持する
Zscaler - 合併と買収 - デスクトップ
Zscaler - 合併と買収 - モバイル

ZscalerでM&A統合の成功を加速させる3つの方法

数字で見るZscaler

合併を成功させるうえでの障害

46%
収益やコストの相乗効果を実現できていない割合
PwC
51%
サイバー環境を最大のリスクと考えるM&A/事業分離の取引当事者
McKinsey
33%
エクスペリエンスが原因で12か月以内に退職した被買収企業の従業員
Deloitte
150万ドル
50億ドル以上の取引でZscalerを使用した場合の平均的なコスト削減率
Zscalerのお客様
85%
統合/分割リスクの低減率
Zscalerのお客様
80%
インターネットへの高速直接接続による被買収企業のユーザー エクスペリエンスの改善率
Zscalerのお客様
メリット

統合のライフサイクルを通じたメリット

1日目:統合

  • 複雑なネットワークに対処することなく、組織全体のリソースを接続し、初日からユーザーの生産性を高めることができます。

  • 買収したネットワークに自社のリスク ポスチャーを重ねることで、買収先の脆弱性や潜在的な侵害を即座に封じ込め、ブランドを保護できます。

  • シンプルなデスクトップ エージェントで、組織全体にわたるアプリやリソースへのシームレスなアクセスを実現します。

2日目以降:最適化

  • ゼロトラスト アーキテクチャーへの移行を継続するために、初日の展開を拡大し微調整します。

  • 場所に左右されることなく、ユーザーとデータを接続して保護できるため、技術的負債が大幅に削減されます。

  • ハードウェアの更新サイクル、サポート契約、ネットワーク回線などを排除することで、ランレート コストを削減し、シナジー効果の目標を達成できます。

ZscalerがM&A統合を効率化する方法

Zscalerが事業分離を効率化する方法

M&Aのロードマップ

01
接続

  • インバウンドとアウトバウンドのインターネット トラフィックを保護し、買収先からのサイバー脅威を軽減する
02
セキュア

  • 外部への公開を排除することで、リスクをさらに最小化する
  • プライベート アプリへのアクセスを重ねることで、アプリやユーザーのインベントリーとやり取りを学習しながら、ユーザの生産性を維持する
03
強化

  • 他のリスク プロファイリング機能を統合し、ポスチャーに基づいた動的なポリシーを提供する
  • コンプライアンスに必要なデータ保護機能(CASB、DLPなど)を採用する
  • ゼロトラスト アーキテクチャーを強化するために、よりきめ細かなアクセスおよびセキュリティ ポリシーを定義して有効にする
04
イノベーション

  • ユーザー エクスペリエンス テレメトリーをサポート プロセスに組み込むことで、初回修正(FTF)のKPIを向上させる
  • ワークロード間通信にゼロトラスト アーキテクチャーを適用する
  • ネットワークとセキュリティのスタック、または技術的負債の偏りを排除する
  • SD-WAN/ネットワーク回線を純粋なインターネット アクセスに置き換え、5Gのような新しい技術を採用する
dots pattern

お客様の声や導入事例など

さまざまな業界のお客様事例やインサイトをまとめています。


dots pattern

カスタム デモを依頼