リソース > セキュリティ用語集 > デジタルエクスペリエンスモニタリングとは?

デジタルエクスペリエンスモニタリングとは?

デジタルエクスペリエンスモニタリングとは?

デジタルエクスペリエンスモニタリング(DEM)技術は、エンドユーザーとアプリケーションの間にあるすべてのシステムの健全性を監視するでパフォーマンスを測定します。高速なユーザーエクスペリエンスは、デジタルトランスフォーメーションや場所にとらわれない業務遂行を成功させるカギであり、ITインフラストラクチャとオペレーションリーダーはユーザーエクスペリエンスの最適化を求められています。高速なユーザー体験は生産性の確保に必要不可欠であるだけでなく、ユーザーがセキュリティコントロールを迂回してリスクをもたらすことを予防できます。

ユーザーエクスペリエンスの最適化には、パフォーマンスの問題を発生元に関わらず迅速に特定する能力が必要です。これは簡単なことではありません。企業は、エンドユーザーデバイス、ネットワークパス、SaaSアプリのそれぞれの監視に特化したツールを大量に導入せざるをえないのが現状です。

デジタルエクスペリエンスモニタリングとネットワークモニタリングの違いは?

ネットワーク監視ツールは、ネットワークそのものと同じくらい古くから存在しており、エンドポイントからネットワークやデータセンター内の自社ハードウェア上で動作するアプリケーションまで、すべてを自社で所有・管理している場合にはそれで十分でした。そのような時代では、SNMP、NetFlow、ネットワークベースのPCAP、またはDSCPマーキングに依存するツールでも、予測可能なネットワーク・パフォーマンスを取得し、パフォーマンス関連の問題をトラブルシュートするのに十分だったのです。しかし、このようなドメイン中心の監視ツールでは、特にユーザーがネットワークから離れ、アプリケーションやサービスがクラウド上に移行した場合には、エンドユーザーエクスペリエンスに影響を与えうるすべての問題を可視化することはできないのです。

その結果、ほとんどの問題はユーザーからヘルプデスクへ報告して初めて発見されますが、本来であればエンドユーザーの生産性に大きな影響を与える前に発見・改善されるべきです。

既存のデバイス中心型ネットワーク監視では、クラウドやデジタルビジネス時代のアプリケーションに必要な拡張性や可視性を提供することができません。

Gartnerが2018年12月に発表した「クラウド時代に向けたネットワーク・モニタリングの再考」

デジタルエクスペリエンスモニタリングはエンドユーザーエクスペリエンスに影響を与える問題を可視化する

デジタルエクスペリエンスモニタリングは、エンドユーザーエクスペリエンスに関する深い知見を提供し、ローカルネットワーク、エンドユーザーのデバイス、ISP、データセンター、Microsoft 365、Salesforce、BoxなどのSaaSアプリケーション内など、あらゆる場所でのパフォーマンスを積極的に監視し問題をピンポイントに特定することができます。その一部機能について紹介します:

  • 組織内の全エンドユーザーのデジタルエクスペリエンスをアクティブおよびパッシブにモニタリング、ベンチマーク、測定
  • HTTP、ICMP、UDPプロトコルを使用し、エンドユーザーデバイス上で動作するSaaS、クラウド、プライベートアプリケーションを監視
  • エンドユーザー端末のヘルス情報(CPUパーセンテージ、メモリ使用量、Network IO、Disk IO、Wi-Fi電波強度など)をリアルタイムに収集
  • エンドポイントからアプリケーションまでのホップ・バイ・ホップのネットワーク経路の可視化
  • エンドユーザーが抱えるIT問題を切り分け、解決するためのリモートトラブルシューティング

I&Oリーダーは、デジタルエクスペリエンスモニタリングを使用して、ワークロードの所在に関わらずビジネストランザクションとカスタマージャーニーを最適化する必要があります。

Gartner デジタルエクスペリエンスモニタリングのマーケットガイド 2019年9月

Zscalerはどのようにデジタルエクスペリエンスモニタリングを行っているのか?

Zscaler Digital Experience (ZDX) は、クラウド上で提供されるデジタル体験モニタリングサービスであり、 Zscaler Zero Trust Exchange の一部です。ZDXは、複数のポイント製品を導入することなく、組織内の全ユーザーが使用するすべてのデバイスからエンドユーザーエクスペリエンスを測定します。原因がエンドユーザーデバイス、ネットワークパス、ユーザーがアクセスするアプリケーションのいずれであっても、パフォーマンス問題を特定できるよう統一されたビューを提供します。

Zscaler Digital Experienceのサービス:

  • すべてのエンドユーザーが使用するあらゆるデバイスのエクスペリエンス をベンチマークして監視
  • 会社全体、拠点全体、部門全体の エクスペリエンスのビューを提供
  • 実績のあるエージェント (Zscaler Client Connector、旧Zscaler App)を使用し、Zscalerの全機能を1つのアプリで利用
  • SaaSおよびカスタムアプリケーションのフルパス可視化 と監視を提供
  • Zscalerのグローバルクラウド を監視に活用し、お客様のIPを拒否リストから保護し、お客様のパフォーマンスを横向きに比較測定することで、同じ地域内で同様の問題が他に発生しているかを確認できます。

 

統一インターフェイスによる可視性

SaaSテクノロジーベンダーは、自社サービスのアップタイムと可用性について自己報告を行っています。自己報告機能はサービス品質が悪化した際に自身の健全性を証明するために行うものです。その結果、企業はさまざまな監視ソースを抱えることになり、"アラート疲れ "を引き起こすことになります。

ZDXは、パフォーマンスの問題を特定できるように統一されたビューを提供し、従業員のデジタルエクスペリエンスに関する豊富な知見を提供するとともに、パフォーマンスに影響を与えている問題の原因を迅速に特定できるようにし、次のような質問に答えられるようにします。

  • SharePoint Onlineに移行した後の社員のユーザーエクスペリエンスはどうなっているか?
  • SD-WAN用のネットワーク・アンダーレイが遅さを引き起こしているのか?
  • 問題はWANなのか、インターネットなのか、それともマイクロソフトなのか?
  • シンガポールのユーザーでMicrosoft 365のパフォーマンスが低下しているのはなぜか?
  • ダラスの新しい通信事業者は、主要なSaaSアプリケーションに最適に接続されているか?
  • 自社のSaaSベンダーはSLAを満たしているか?
  • Wi-Fiの問題はエンドユーザーに影響を及ぼしているか?

ZDXは、クラウド向けに構築された世界最大のインライン・セキュリティ・プラットフォームであるZscaler Zero Trust Exchangeを活用して監視動作を最適化し、現在数百万台のデバイスで稼働している実績あるエージェント、 Zscaler Client Connector を使用しています。ZDXは数時間でセットアップが完了し、ハードウェアやソフトウェアの追加導入や、大量の生データや無意味なアラートを保存するための巨大なストレージ・クラスタも不要です。

Zscaler Digital Experience(ZDX)

詳細はこちら
Zscaler Digital Experience(ZDX)

Zscalerデジタルエクスペリエンスサービスのご紹介

Zscalerデジタルエクスペリエンスサービスのご紹介

クラウドとモビリティ時代のデジタルエクスペリエンスの監視

ブログを読む(英語)
クラウドとモビリティ時代のデジタルエクスペリエンスの監視

ガートナーのマーケット・ガイド:デジタルエクスペリエンスのモニタリング

ガイドを入手する
ガートナーのマーケット・ガイド:デジタルエクスペリエンスのモニタリング