リソース > セキュリティ用語集 > デジタル エクスペリエンス モニタリングとは

デジタル エクスペリエンス モニタリングとは

デジタル エクスペリエンス モニタリングの定義

デジタル エクスペリエンス モニタリング(DEM)は、パフォーマンスを測定し、エンド ユーザーとアプリケーション間のすべてのシステムの正常性をモニタリングすることで、IT管理部門および運用部門による問題解決を支援するIT管理テクノロジーです。

 

デジタル エクスペリエンス モニタリングの仕組み

DEMソリューションでは、環境の正常性と効率性を示すパフォーマンス データとメトリックを表示するダッシュボードを利用できます。DEMツールは、WebアプリケーションやAPI、およびモバイル アプリのモニタリングに効果的で、ユーザー ジャーニーとカスタマー ジャーニーのエクスペリエンス管理を改善させる上で役立ちます。

 

デジタル エクスペリエンス モニタリング ツールの種類

ITの観測可能性を上昇させることにおいて、独自の役割を果たすDEMツールは多数存在しますが、具体的には以下が挙げられます。

  • アプリケーション パフォーマンス モニタリング(APM)
  • リアル ユーザー モニタリング
  • エンド ユーザー エクスペリエンス モニタリング(EUEM)
  • 代理トランザクション モニタリング
  • DevOpsモニタリング

上記を含むあらゆる形式のモニタリングを通して、IT管理者がバックエンドで診断や根本原因分析を実行したり、パフォーマンスの問題の修正を行ったりすることが可能になり、修復と応答の時間を短縮してビジネス上の成果を改善できます。

 

デジタル エクスペリエンス モニタリングとネットワーク モニタリングの比較

ネットワーク パフォーマンスのモニタリング ツールは、ネットワークそのものが誕生した時期から存在しています。エンドポイントからネットワーク、データ センター内にある独自のオンプレミス ハードウェアで実行されているアプリケーションまで、すべてを各組織が所有、制御していた時代には、それらのツールだけで十分でした。

当時は、SNMP、NetFlow、ネットワークベースのPCAP、またはDSCPマーキングに依存するツールは、予測可能なネットワーク パフォーマンスを取得してパフォーマンスの問題をトラブルシューティングを行うのに事足りました。しかし、特にユーザーがネットワークから離れ、アプリケーションやサービスがクラウドに移行していくなか、これらのドメイン中心型のモニタリング ツールでは、エンド ユーザー エクスペリエンスに影響を与え得るすべての問題を可視化することはできません。

その結果、ほとんどの問題はユーザーからヘルプデスクへ報告して初めて発見されますが、本来であればエンド ユーザーの生産性に大きな影響を与える前に発見、改善されるべきです。

 

デジタル エクスペリエンス モニタリングが重要な理由

デジタル エクスペリエンス モニタリングは、エンドユーザー エクスペリエンスに関する深度の高いインサイトを提供するのが特長です。パフォーマンスを積極的にモニタリングし、問題がローカル ネットワーク内にあるか、それともエンド ユーザーのデバイス上やISP、はたまたデータ センターやSaaSアプリケーション(Microsoft 365、Salesforce、Boxなど)に存在するのかに関わらず、それらをピンポイントで特定できます。DEMツールの機能には以下のようなものが含まれます。

  • 組織内のすべてのエンド ユーザーのデジタル エクスペリエンスをアクティブおよびパッシブな形式でモニタリングして、ベンチマークと測定を実行。
  • HTTP、ICMP、またはUDPプロトコルを使用して、エンド ユーザーのデバイス上で実行されるSaaS、クラウド、およびプライベート アプリケーションをモニタリング。
  • エンド ユーザー端末の正常性に関する情報(CPUパーセンテージ、メモリ使用量、ネットワークI/O、ディスクI/O、Wi-Fiの電波強度など)をリアルタイムに収集。
  • エンドポイントからアプリケーションまでのホップごとのネットワーク パスを可視化。
  • リモート トラブルシューティングにより、エンド ユーザーのIT関連問題を分離、解決。

 

(ハイブリッドな働き方により)サポート チケットの起票数が35%以上増加し、チケットごとのサービス コストは30%以上増加しました。さらにサービス デスク担当者の仕事が増え、問い合わせの通話1件ごとにチケットの処理にかかる時間が、平均7.37分から30%増加して約10分に伸びました。

ComputerWeekly、「Helpdesk meltdown due to absenteeism, low morale and increased workload」(人手不足にモラルの低下、ワークロードの増加によるヘルプデスクの危機)

デジタル エクスペリエンス モニタリングのメリット

デジタル エクスペリエンス モニタリングは、規模や業界を問わず、あらゆる組織にとって実用性の高いソリューションであり、以下のようなビジネス上の主なメリットが得られます。

  • 俊敏性とコラボレーションの強化:DEMによって可視性が向上することで、デスクトップ、セキュリティ、ネットワーク、およびヘルプデスクの運用部門は、デジタル トランスフォーメーションの取り組みに沿って各種のエクスペリエンスを改善させながら、ユーザー エクスペリエンス関連の問題をトリアージし、解決できます。
  • 生産性の向上:ユーザーの行動やユーザー ジャーニーの可視化は、生産性を確保する上で非常に重要です。適切なエクスペリエンス モニタリング ツールを効果的なDEM戦略と組み合わせて導入することで、ダウンタイムとサービス停止を減らすのに役立ちます。
  • 複雑さとコストの削減::IT担当者が単一のインターフェイスでデジタル エクスペリエンスを管理できるようにすることで、高コストで混乱を招く、複雑なモニタリングのポイント ソリューションへの依存を軽減できます。
  • 運用の簡素化:エコシステム全体にわたって可視性が向上することで、IT運用が簡素化されます。DEMソリューションを活用することで問題点をはるかに迅速に解決することができ、その結果IT運用部門はより生産性の高いタスクに集中できます。
  • 顧客満足度の向上:DEMソリューションは、ネットワークとエンド ユーザーのモニタリングに効果的であるだけでなく、質の高いカスタマー エクスペリエンスを確保する目的で導入できます。顧客が自社サイトの使い心地をどのように感じているかを理解することで、競合他社の一歩先を行くことが可能になります。

 

2026年までに、少なくとも60%のI&OリーダーがDEMを使用してアプリケーションやサービス、エンドポイントのパフォーマンスをユーザー視点で測定することになると予想され、2021年の20%未満から大幅な増加が想定されます。

Gartner デジタル エクスペリエンス モニタリングのマーケット ガイド

デジタル エクスペリエンス モニタリングにおける課題

一般的なデジタル エクスペリエンス モニタリングのソリューションの多くは、サイロ化されたポイント製品として提供され、以下のような問題を抱えています。

  • クラウド セキュリティの死角が残る。
  • 複数のポイント ソリューションから手動での関連付けが必要となる。
  • 最適化は積極的ではなく、受動的に行われる。
  • 複数のエージェントが関わるため、煩雑なメンテナンスが必要となる。
  • アラート疲れを引き起こし、実行可能なインサイトを提供できない。
  • クラウド ネイティブではなく、機能性に欠けている。

上記の課題に対処するため、テクノロジー ベンダーはクラウド向けに構築された、統一型のDEMソリューションの提供を始めています。ところがこうした触れ込みにもかかわらず、これらのソリューションの多くは、複雑さとコストを増すだけの仮想化されたポイント製品となっています。

ビジネスに必要なのは、既存の環境にシームレスに統合する実績を持ち、ユーザー エクスペリエンスを瞬時に改善できるクラウド ネイティブのプラットフォームであり、Zscaler Digital Experienceがまさにその条件を満たすプラットフォームなのです。

 

Zscalerのデジタル エクスペリエンス モニタリング ソリューション

Zscaler Digital Experience™(ZDX™)はクラウド配信型のデジタル エクスペリエンス モニタリング サービスで、Zscaler Zero Trust Exchange™の一部をなしています。ZDXでは、複数のポイント製品を導入することなく、組織内の全ユーザーが使用するすべてのデバイスからエンド ユーザー エクスペリエンスを測定します。これにより、データを一括で確認でき、エンド ユーザーのデバイス、ネットワーク パス、アプリケーションの問題を特定できるため、お客様は問題の修復とデジタル ビジネスを成長させるタスクに集中することができます。

ZDXの特徴は以下のとおりです。

  • すべてのエンド ユーザーが使用する全デバイスのエクスペリエンスのベンチマーク、モニタリングを実行。
  • 社内、拠点、部門全体にわたるエクスペリエンスのデータを提供。
  • 実績のあるエージェント(Zscaler Client Connector)を、Zscalerのすべての機能のための単一のアプリとして使用。
  • SaaSおよびカスタム アプリケーションに対するフルパスの可視化とモニタリングを実行。
  • モニタリングのためにZscalerの世界規模のクラウドを活用し、IPを拒否リストから保護。また、各ユーザーのパフォーマンスを測定、比較して、同地域の他ユーザーが同様の問題に直面しているかを確認可能。

他のDEMプロバイダーの製品はクラウド向けに構築されておらず、従来型のオンプレミスにおけるユース ケースにしか適していません。ZDXでは、クラウド用に構築された世界最大のインライン セキュリティ プラットフォームであるZero Trust Exchangeを活用し、行動のモニタリングを最適化できます。また、実績のあるエージェントであるZscaler Client Connectorを用いて、何百万ものデバイスで動作することが可能です。加えて、ZDXは数時間で立ち上げることができ、追加のハードウェアやソフトウェア、または大量の未処理かつ低品質のアラートを保存するための大規模なストレージ クラスターなどを導入する必要はありません。

Zscaler Digital Experienceを活用する組織は全世界で日々増えており、アプリケーションやネットワーク、そしてエンドポイントのメトリクスを実用的なデジタルエクスペリエンスのインサイトへと変換しています。今すぐデモを予約して、ZDXの機能を体感しましょう。

Zscaler Digital Experience(ZDX)

詳細はこちら
Zscaler Digital Experience(ZDX)

Zscaler Digital Experienceの紹介

Zscaler Digital Experienceの紹介

クラウドとモビリティ時代のデジタル エクスペリエンス モニタリング

ブログを読む
クラウドとモビリティ時代のデジタル エクスペリエンス モニタリング

Gartner デジタル エクスペリエンス モニタリングのマーケット ガイド

ガイドを読む(英語)
Gartner デジタル エクスペリエンス モニタリングのマーケット ガイド