ZscalerとServiceNowで
実現する安全で
スマートな働き方

デジタル エクスペリエンスを強化しながら、
ServiceNowのデータを効果的に保護

ServiceNowを使用することでビジネスを加速できますが、すべてのクラウド アプリと同様に、機密データの使用と分散が発生します。複雑なツールと情報の断片化は、従業員にシームレスなデジタル エクスペリエンスを提供する弊害となります。ユーザーがあらゆる場所からクラウド アプリに接続するようになっても、従来型のセキュリティーはデータ センターのみを対象としています。今こそ、ゼロトラスト アプローチを採用してデータを保護し、脅威を阻止する時です。

課題

Lack of visibility
可視性の欠如
可視性の欠如

ServiceNowの導入環境において、機密データへのアクセス方法の可視化は不可欠です。

Risky BYOD
高リスクのBYOD
高リスクのBYOD

ServiceNowのデータには、BYODなどの管理対象外デバイスを利用するユーザーが簡単にアクセスできるため、データが危険にさらされます。

Emerging threats
絶えず発生する
各種の脅威
絶えず発生する
各種の脅威

組織やServiceNowの導入環境で脅威が発生した際、瞬時にインシデントに対応できる体制が必要です。

Complex IT infrastructure
複雑なITインフラ
複雑なITインフラ

診断関連の統合されていないポイント ソリューションと複数のベンダーが提供するデバイスで構成されたインフラは、サービス デスク ユーザーの日常的な解析と評価の作業を複雑化してしまいます。

Zscaler + ServiceNow

ZscalerとServiceNowの統合により、ゼロトラストをお客様のNowプラットフォームに拡張し、インフラの問題と機密データに関するリアルタイムの可視性を提供します。また、新規のセキュリティー インシデントへの迅速な対応を可能にし、実用的なインテリジェンスを用いてデジタル エクスペリエンスの強化を実現します。

詳細な解析と修復によるシームレスな
デジタル エクスペリエンス

Zscaler Digital Experienceから組織のインフラに関連するプロアクティブなアラートを受け取ることで、ServiceNowのお客様は、ネットワークやSaaS、クラウド、データ センターのアプリケーションにおける、パフォーマンスに影響を及ぼすユーザー デバイスからの問題へのリアルタイムの可視性を獲得し、直感的なワークフローを活用して障害を修復することができます。

  • 当て推量の排除:ZDXとServiceNowの統合により、IT部門とサービス デスク部門が素早くコラボレーションできます。ZDXは、デバイス レベルでの詳細な診断、ネットワーク インサイト、およびアプリケーション パフォーマンスのメトリックを提供し、これにより問題を迅速に解決したり、適切なチームにエスカレーションしたりできます。
  • ツールの乱雑さの軽減:Deep Traceなどの統合されたZDX機能により、単一機能の診断ツールへの依存を低減します。エンドユーザーからアプリケーションまでの異常をハイライトして記録する、信頼できるソースを活用し、解決に要する時間を短縮します。
Seamless digital experience with detailed analysis and remediation
Restore data protection and compliance

データ保護と
コンプライアンスの復元

Zscaler CASBとDLPを活用することで、ServiceNowのお客様は、導入環境でのデータ保護を復元できます。

  • 機密データの検出:包括的なDLPディクショナリーにインラインのAPI CASBを組み合わせることで、あらゆる場所の機密データを迅速に検出できます。
  • 露出の把握:機密データを完全に可視化することで、アクセス違反を容易に特定し、セキュリティーとコンプライアンスの回復に役立てることができます。

安全なWFA(Work From Anywhere)

Zscaler Zero Trust Exchangeの利用により、ServiceNowデータにアクセスするBYODや管理対象外デバイスに関連するリスクを解消できます。

  • 高リスクのBYODをブロック:Zscalerにリダイレクトすることで、リスクの高いBYODや管理対象外デバイスによるServiceNowへのダイレクト アクセスが防止されます。Zscalerを経由してセキュリティー ポリシーとアクセス コントロールを適用して初めて、デバイスがServiceNowに接続できるようになります。
  • 安全なB2Bアクセスの実現Zscaler Cloud Browser Isolationにより、管理対象外デバイスに画面ピクセルの形でデータをストリーミングします。データへのアクセスを可能にしつつ、ダウンロード、コピー&ペースト、印刷を防止できます。

 

Securely enable work-from-anywhere

脅威への迅速な対応と修復

ServiceNowのセキュリティー運用でZscalerのインテリジェンスを活用することで、脅威からの迅速な保護が可能になります。

Block risky BYOD

高リスクのBYODをブロック:Zscalerにリダイレクトすることで、リスクの高いBYODや管理対象外デバイスによるServiceNowへのダイレクト アクセスが防止されます。Zscalerを経由してセキュリティー ポリシーとアクセス コントロールを適用して初めて、デバイスがServiceNowに接続できるようになります。

クラウドの構成ミスを迅速に修正:Zscaler SSPM(SaaSセキュリティポスチャ管理)により、パブリッククラウドの危険な構成ミスをスキャンできます。インシデントを瞬時に修正したり、合理化されたワークフローの成果物としてアラートチケットをServiceNowに作成できます。

Quickly remediate cloud misconfigurations
    Seamless digital experience with detailed analysis and remediation

    詳細な解析と修復によるシームレスな
    デジタル エクスペリエンス

    Zscaler Digital Experienceから組織のインフラに関連するプロアクティブなアラートを受け取ることで、ServiceNowのお客様は、ネットワークやSaaS、クラウド、データ センターのアプリケーションにおける、パフォーマンスに影響を及ぼすユーザー デバイスからの問題へのリアルタイムの可視性を獲得し、直感的なワークフローを活用して障害を修復することができます。

    • 当て推量の排除:ZDXとServiceNowの統合により、IT部門とサービス デスク部門が素早くコラボレーションできます。ZDXは、デバイス レベルでの詳細な診断、ネットワーク インサイト、およびアプリケーション パフォーマンスのメトリックを提供し、これにより問題を迅速に解決したり、適切なチームにエスカレーションしたりできます。
    • ツールの乱雑さの軽減:Deep Traceなどの統合されたZDX機能により、単一機能の診断ツールへの依存を低減します。エンドユーザーからアプリケーションまでの異常をハイライトして記録する、信頼できるソースを活用し、解決に要する時間を短縮します。
      Restore data protection and compliance

      データ保護と
      コンプライアンスの復元

      Zscaler CASBとDLPを活用することで、ServiceNowのお客様は、導入環境でのデータ保護を復元できます。

      • 機密データの検出:包括的なDLPディクショナリーにインラインのAPI CASBを組み合わせることで、あらゆる場所の機密データを迅速に検出できます。
      • 露出の把握:機密データを完全に可視化することで、アクセス違反を容易に特定し、セキュリティーとコンプライアンスの回復に役立てることができます。
        Securely enable work-from-anywhere

        安全なWFA(Work From Anywhere)

        Zscaler Zero Trust Exchangeの利用により、ServiceNowデータにアクセスするBYODや管理対象外デバイスに関連するリスクを解消できます。

        • 高リスクのBYODをブロック:Zscalerにリダイレクトすることで、リスクの高いBYODや管理対象外デバイスによるServiceNowへのダイレクト アクセスが防止されます。Zscalerを経由してセキュリティー ポリシーとアクセス コントロールを適用して初めて、デバイスがServiceNowに接続できるようになります。
        • 安全なB2Bアクセスの実現Zscaler Cloud Browser Isolationにより、管理対象外デバイスに画面ピクセルの形でデータをストリーミングします。データへのアクセスを可能にしつつ、ダウンロード、コピー&ペースト、印刷を防止できます。

         

          Block risky BYOD

          高リスクのBYODをブロック:Zscalerにリダイレクトすることで、リスクの高いBYODや管理対象外デバイスによるServiceNowへのダイレクト アクセスが防止されます。Zscalerを経由してセキュリティー ポリシーとアクセス コントロールを適用して初めて、デバイスがServiceNowに接続できるようになります。

          Quickly remediate cloud misconfigurations

          クラウドの構成ミスを迅速に修正Zscaler SSPM(SaaSセキュリティー ポスチャー管理)により、危険な設定ミスがないかパブリック クラウドをスキャンできます。ServiceNow内でインシデントを瞬時に修正したり、アラート チケットを作成したりすることで、合理化されたワークフローを実現できます。

          おすすめのリソース

          ソリューションの概要

          ServiceNowのデータを保護しつつ、セキュリティー インシデントへの迅速な対応を可能に

          導入ガイド

          ServiceNowの導入方法について

          ブログ

          ZscalerとServiceNowで実現する安全でスマートな働き方