Zscaler Cloud Platform

Zscalerのデータ保護:SaaSの設定ミスを防ぐには

SaaSのセキュリティ

このブログシリーズでは、企業における データセキュリティ に関する様々な課題について、読者の皆様にご紹介していきます。テーマごとに詳細を解説し、なぜそれら全てが機密情報のセキュリティにとって重要であるかを説明し、クラウドアクセスセキュリティブローカーCASB)や情報漏洩防止DLP)といった、Zscalerのテクノロジーを利用してそれぞれのユースケースにおけソリューションを紹介します。

いずれのブログでも、簡単なビデオで解説し、ゼットスケーラーのユーザインタフェースのデモを紹介し、データを保護する具体的な方法を提示します。

これまで、 シャドーIT および 危険を伴うファイル共有についてみてきました。今日のトピックは:

SaaSの誤設定

SaaSアプリケーションを正しくかつ安全に機能させるためには、膨大な数の設定を正しく適用することが必要です。たった1つの不適切な設定だけで、データや情報の漏えい、法令遵守の妨げなど、さまざまな問題が生じます。残念ながら、クラウドアプリケーションは常に変動しており、セキュリティの専門家でないIT専門職が設定することが多くなっています。また、個々のアプリの設定をマニュアルで監視するのは非常に煩雑な作業です。

ZscalerのSaaS Security Posture Management (SSPM)は、SaaSの設定ミスを修正するための理想的なソリューションです。SaaS アプリケーションの各インスタンス( Microsoft 365から GitHub まで)を自動的に巡回し、損害をもたらす危険性がある設定ミスを特定し、明らかになったリスクに優先順位を付け、修正が必要な問題を簡単に確認することができます。下の動画から簡単なデモをご覧いただけます。

<a href='https://www.youtube.com/watch?v=udy30eANu9Y’ target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=udy30eANu9Y

CASBが解決できる他のセキュリティニーズについては Top CASB Use Cases ebook をダウンロード

Get the latest Zscaler blog updates in your inbox

Subscription confirmed. More of the latest from Zscaler, coming your way soon!

By submitting the form, you are agreeing to our privacy policy.