VPNの脆弱性に関する不安が広がっています。ZPAの60日間無料トライアルを利用して、VPNからの移行のメリットをお確かめください。

エキスパートに相談する

セキュア デジタル トランスフォーメーションとは

セキュア デジタル トランスフォーメーションとは、顧客に価値を提供する方法を根本的に変えるのに必要な変化です。より具体的には、最新のデジタル テクノロジーとプロセスを使用して、事業運営の効率性とスピード、効果を高めるものであるとみられています。

セキュア トランスフォーメーションを加速する方法

セキュア デジタル トランスフォーメーションの普及

クラウドやモバイルのテクノロジーがデジタル トランスフォーメーションで果たす役割は一般的に認知されていますが、「セキュア」という言葉が加わると定義が曖昧になりがちです。ファイアウォールを前提にサービスを提供してきたセキュリティ ベンダーや、ゲートウェイのセキュリティ スタックを構成する単一機能の製品を開発してきたベンダーは、データ センターに固定されたハードウェアや信頼できるネットワークに結びついたセキュリティが、その効力をほとんど失った現状に適応しなければならなくなったのです。

2019年、デジタル企業の変化するセキュア アクセス ニーズをサポートする新しいモデル、セキュア アクセス サービス エッジ(SASE)が登場しました。ユーザーやマシンをさまざまな場所のアプリケーションやサービスに安全に接続するSASEモデルは、セキュア デジタル トランスフォーメーションを実現する非常に効果的な手段としてすぐに認識されました。

セキュア デジタル トランスフォーメーションが優先課題となった背景

いくつかのトレンドにより、デジタル トランスフォーメーションは実現可能となっただけでなく、必要不可欠なものにもなりました。そのひとつは、もちろんクラウドです。アプリケーションは、企業の信頼できるネットワーク上のデータ センターからさまざまなクラウドに移行しています。SaaSアプリケーションとして人気の高いMicrosoft 365とWorkdayは、アプリ管理の負担からIT部門を解放し、組織のよりスマートな運営とコラボレーションを支える機能を提供しています。また、多くの企業がプライベート アプリケーションをAzureやAWS、GCPなどのクラウド サービスに移行しています。これらのクラウド プロバイダーはすべてのインフラを管理するため、ITの複雑さが大幅に解消されます。

企業の従業員は、さまざまなデバイスを使ってあらゆる場所から仕事をするようになりました。各従業員が会社のデスクに座り、イーサネット経由でローカル ネットワークに接続されたPCを使って仕事をしていた時代は、遠い過去のものとなっています。今では、公共のWi-Fiや自宅のネットワーク経由でアプリケーションに接続し、ノートパソコン、スマートフォン、タブレットなどの個人所有デバイス(BYOD)を使用しています。また、5Gネットワークの登場により、このトレンドは衰えとは無縁となるでしょう。従業員が5Gの最大10 Gbpsの速度でアプリやデータにアクセスできるのであれば、その数分の一の速度で運用されているオフィス ネットワークに接続する意味はなくなります。

さらに、アプリケーションやサービスに接続するさまざまな種類のデバイスが数多く登場しています。これらはIoTデバイス、運用技術(OT)、サーバーで、生産ラインのさまざまなプロセスの自動化、アプリケーションの使用状況とパフォーマンスの可視化、アプリケーション間のデータ交換の高速化など、組織の効率性や俊敏性を高める機能を提供しています。

このように、さまざまな場所にある複数のエンティティー間で接続が行われるため、これまですべての中心であったデータ センターは、アプリケーションやデータを格納するクラウドと同様、単なる接続先に過ぎなくなっています。そしてそれらは、もはやハブ&スポーク ネットワークではなく、単にインターネットによって接続されています。

セキュア デジタル トランスフォーメーションのメリット

組織はより速くインテリジェントに動くことで競争力を向上させることを最終目標に据え、トランスフォーメーションへの道のりを歩み出します。そして、そのような成果を可能にするトランスフォーメーションによって、数多くのメリットがもたらされます。そのひとつは、データ センターを経由する時間のかかるバックホールや、遅延の原因となるセキュリティ制御が不要になることによる生産性の向上です。トランスフォーメーションは、インフラや単一機能の製品を排除し、高価なプライベート ネットワークへの依存を減らすことで、コストを削減し、ITを簡素化します。また、ランサムウェアやDDoSなどの高度な脅威に対する保護に加え、情報漏洩やコンプライアンス違反の防止により、ビジネス リスクの低減も実現できます。

現代の適者生存では規模や強さではなく、変化する能力があるか、つまり素早く動いて適応し、チャンスをとらえられる俊敏性を有しているかどうかが鍵を握ります。トランスフォーメーションにより、メーカーはモノのインターネット(IoT)のようなイノベーションを加速させるソリューションを含む、技術戦略の見直しを迫られています。

IDC、Building Your Transformation Journey

トランスフォーメーションを実行すべきタイミングかを判断するには

現段階で組織が以下の条件を満たしている場合は、すでにデジタル企業への道を歩んでいると言えます。

  • データ センターへのユーザー トラフィックよりも、クラウド サービスへのユーザー トラフィックの方が多い
  • 社内ネットワーク内よりも、ネットワーク外での業務の方が多い
  • データ センター内よりも、クラウド内で動作するワークロードの方が多い
  • ローカルでホストされているアプリケーションよりも、SaaSアプリケーションの方が利用されている
  • 企業ネットワーク内よりも、クラウド サービスに格納されている機密データの方が多い

このトランスフォーメーションへの道のりは通常、オンプレミスのアプリケーションをクラウド配信型へと移行させることから始まります。しかし、ユーザー トラフィックの大半がクラウドやオープン インターネットに向かう現在、ネットワークはインターネットへの直接接続を可能にするよう変革する必要があります。そして、このような接続には、セキュリティ制御を中央のゲートウェイや地域のハブからクラウドに移行し、ユーザーがどこに接続してもポリシーを一貫して適用できるようにするセキュリティ トランスフォーメーションが必要です。

Zscaler Zero Trust Exchangeは、アプリケーション、ネットワーク、セキュリティのトランスフォーメーションを実現するための基盤となります。Zero Trust Exchangeは、ユーザーが接続する場所やアプリケーションがホストされている場所に関係なく、ユーザーとアプリケーションとの間で高速かつ安全な接続を実現するクラウド ネイティブなプラットフォームです。また、複数のクラウド環境にあるアプリケーション間の接続や、生産ライン上にあるOTシステム、IoTデバイス、サーバーなどのマシン間の接続のセキュリティも確保します。

Zscalerはさまざまなネットワーク上でビジネス ポリシーを使用して、すべてのユーザー、デバイス、アプリケーションを安全に接続させることで、世界中のお客様がセキュア デジタル トランスフォーメーションを実現できるようサポートします。

セキュア デジタル トランスフォーメーションへの取り組みを始める準備ができたら、Zero Trust Exchangeの詳細をご確認ください。

おすすめのリソース

  • セキュアなリモート ワーク

  • セキュアなエンタープライズはゼロから始まる