Zpedia 

/ セキュア デジタル トランスフォーメーションとは

セキュア デジタル トランスフォーメーションとは

セキュア デジタル トランスフォーメーションは、今求められている創造的破壊の一種で、組織が顧客に価値を提供する方法を根本から変化させるものです。最新のデジタル テクノロジーやプロセスを駆使して、より効率的でインテリジェントかつスピーディーな事業運営を実現します。

セキュア デジタル トランスフォーメーションの普及

クラウドやモバイルのテクノロジーがデジタル トランスフォーメーションで果たす役割は一般に認知されていますが、「セキュア」という言葉が加わると定義が曖昧になりがちです。ファイアウォールを前提にサービスを提供してきたセキュリティ ベンダーや、ゲートウェイのセキュリティ スタックを構成するポイント製品を開発してきたベンダーは、データ センターに固定されたハードウェアや信頼できるネットワークに結びついたセキュリティが、その効力をほとんど失った現状に適応しなければならなくなったのです。

2019年、デジタル企業のセキュア アクセスのニーズの変化に対応する新しいモデルとして、セキュア アクセス サービス エッジ(SASE)が登場しました。これは、ユーザーやマシンなどのエンティティーを、あらゆる場所にあるアプリケーションやサービスに安全に接続する方法を提供するものです。SASEモデルは、セキュア デジタル トランスフォーメーションを実現する非常に効果的な手段としてすぐに認知されました。

セキュア デジタル トランスフォーメーションが優先課題となった背景

デジタル トランスフォーメーションが可能となり、必要不可欠なものにもなった背景には、いくつかのトレンドがあります。その一つがクラウドです。アプリケーションは、企業の信頼できるネットワーク上のデータ センターからさまざまなクラウドに移行しています。SaaSアプリケーションとして人気の高いMicrosoft 365とWorkdayは、アプリ管理の負担からIT部門を解放し、組織のよりスマートな運営とコラボレーションを支える機能を提供しています。また、多くの企業がプライベート アプリケーションをAzureやAWS、GCPなどのクラウド サービスに移行しています。これらのクラウド プロバイダーはすべてのインフラを管理するため、ITの複雑さが大幅に解消されます。

従業員は、さまざまなデバイスを使ってあらゆる場所から仕事をするようになりました。各従業員が会社のデスクに座り、イーサネット経由でローカル ネットワークに接続されたPCを使って仕事をしていた時代は、遠い過去のものとなっています。今では、ノートパソコン、スマートフォン、タブレットなどの個人所有デバイス(BYOD)を使用して、公共のWi-Fiや自宅のネットワーク経由でアプリケーションに接続しています。5Gネットワークが登場した今、この流れが鈍化することはないでしょう。従業員が5Gの最大10 Gbpsの速度でアプリやデータにアクセスできるのであれば、その数分の一の速度で運用されているオフィス ネットワークに接続する意味はなくなります。

さらに、アプリケーションやサービスに接続するデバイスも多様になっています。IoTデバイスやOTデバイスのほか、生産ラインのさまざまなプロセスの自動化、アプリケーションの使用状況やパフォーマンスの可視化、システム間のデータ交換の高速化などを担うサーバーが、効率化や組織のアジリティーの向上に役立っています。

このように、さまざまな場所にある複数のエンティティー間で接続が行われるようになったため、これまですべての中心であったデータ センターは、アプリケーションやデータを格納するクラウドと同様、単なる接続先に過ぎなくなりました。そして、これらはハブ&スポークのネットワークではなく、単にインターネットで接続されるようになったのです。

セキュア デジタル トランスフォーメーションのメリット

一般に、組織がトランスフォーメーションの取り組みを進める際の究極の目標となるのは、よりスピーディーかつインテリジェントな事業運営を実現し、競争力を向上させることです。しかし、そうした成果を生むトランスフォーメーションは、他にも多くのメリットをもたらします。たとえば、速度低下を招くデータ センターを介したバックホールや遅延の原因となるセキュリティ制御を排除することで、生産性が向上します。トランスフォーメーションを通じて、インフラストラクチャーやポイント製品を排除し、高価なプライベート ネットワークへの依存を減らすことで、コストを削減し、ITを簡素化できます。また、ランサムウェアやDDoSなどの高度な脅威に対する保護、情報漏洩およびコンプライアンス違反の防止により、ビジネス リスクを低減できます。

自動化、強力なインテリジェンス、運用上の透明性、カスタマー エクスペリエンスの直接的な支援など、(デジタル トランスフォーメーションの)メリットはすべて、先行きの見えない現在の環境を乗り越えるとともに、この状況から回復していくなかでのチャンスを最大限に活かすためにビジネス上注力すべき領域で役立っています

- IDC、Craig Simpson氏

トランスフォーメーションを実施すべきタイミング

現段階で組織が以下の条件を満たしている場合は、すでにデジタル企業への道を歩んでいると言えます。

  • データ センターへのユーザー トラフィックよりも、クラウド サービスへのユーザー トラフィックの方が多い
  • 社内ネットワーク内よりも、ネットワーク外での業務の方が多い
  • データ センターよりもクラウドで実行されているワークロードが多い
  • ローカルでホストされているアプリケーションよりも、SaaSアプリケーションの方が利用されている
  • 企業ネットワーク内よりもクラウド サービス内に保管されている機密データが多い

通常、トランスフォーメーションへの道のりはアプリケーションから始まります。オンプレミス アプリからクラウド アプリへの移行です。すると、ユーザー トラフィックの大半がクラウドやオープン インターネットに向かうようになるため、インターネットへの直接接続が可能になるよう、ネットワークのトランスフォーメーションも必要となります。そして、セキュリティ制御を中央のゲートウェイや地域のハブからクラウドに移行し、ユーザーがどこに接続してもポリシーを一貫して適用できるよう、セキュリティ トランスフォーメーションが必要となります。

Zscaler Zero Trust Exchangeは、アプリケーション、ネットワーク、セキュリティのトランスフォーメーションを実現するための基盤となります。Zero Trust Exchangeは、ユーザーが接続する場所やアプリケーションがホストされている場所に関係なく、ユーザーとアプリケーションとの間で高速かつ安全な接続を実現するクラウド ネイティブなプラットフォームです。また、複数のクラウド環境にあるアプリケーション間の接続や、生産ライン上にあるOTシステム、IoTデバイス、サーバーなどのマシン間の接続のセキュリティも確保します。

Zscalerは、接続元のネットワークを問わず、ビジネス ポリシーを使用して組織のすべてのユーザー、デバイス、アプリケーションを安全に接続し、世界中のお客様がセキュア デジタル トランスフォーメーションを実現できるようサポートします。

promotional background

Zero Trust Exchangeでセキュア デジタル トランスフォーメーションへの第一歩を

おすすめのリソース

セキュアなリモート ワーク
eBookを読む
セキュアなエンタープライズはゼロから始まる
eBookを入手