ゼットスケーラー、ガートナーのマジック・クアドラント 「セキュアWebゲートウェイ(SWG)」部門で唯一のリーダーに選出

「ビジョンの完全性」と「実行能力」が最高評価、10年連続でリーダーとして選出

Tokyo, Japan, 12月 18, 2020

※ 本資料は、米国カリフォルニア州にて2020年12月14日(現地時間)に発表したプレスリリースの日本語抄訳版です

クラウドセキュリティ業界を牽引するZscaler(本社:米国カリフォルニア州、以下 ゼットスケーラー)は本日、ガートナーのマジック・クアドラントの「セキュアWebゲートウェイ(SWG)」部門(2020年12月版)において、リーダーに選出された唯一のベンダーであることを発表しました。ゼットスケーラーは対象となったベンダー12社のうち、「Completeness of Vision(ビジョンの完全性)」および「Ability to Execute(実行能力)」で最高レベルに位置付けられました。セキュアWebゲートウェイ部門でリーダーに選出されるのは、これで10年連続となります。

ゼットスケーラーの会長兼CEO、ジェイ・チャウドリーは次のように述べています。「弊社は、クラウド時代におけるネットワークとセキュリティの在り方を再定義しました。私たちがマジック・クアドラントにて唯一、リーダーに選出されたことを誇りに思います。レガシーテクノロジーは、デジタルトランスフォーメーションの障壁となっている中、弊社はプロキシベースのアーキテクチャをマルチテナント方式で提供し、真のゼロトラストアプローチにより、グローバル組織における攻撃対象領域を大幅に縮小するほか、SSL通信の完全なインスペクションにより、暗号化された攻撃も排除します。」

今回のリーダー選出により、ゼットスケーラーのZero Trust Exchangeはセキュアデジタルトランスフォーメーションを支える基盤として、その位置づけを確固たるものとしました。ゼットスケーラーの画期的かつクラウドネイティブなアーキテクチャは、業界をリードするさまざまな企業を従来型のアプローチから解放し、真のAny-to-Any型のゼロトラスト接続によるネットワークやセキュリティを実現します。オンプレミス用のセキュリティ製品は、旧来のネットワークに合わせて設計されているためロケーションに依存しています。一方、ゼットスケーラーが提供するプロキシベースのアーキテクチャは、業界を牽引するSASEフレームワーク上に構築されているため、優れたユーザエクスペリエンスとセキュリティを実現し、フルSSLインスペクションでデータを保護するほか、ユーザをネットワークではなくアプリケーションに直接接続することで、攻撃対象領域を排除します。

マジック・クアドラントのセキュアWebゲートウェイ部門(2020年版)のレポート(英語版)は、ゼットスケーラーのウェブサイト(英語)から無料でダウンロードできます

ガートナー免責条項
ガートナーは、ガートナーのリサーチ文書に記載されているいかなるベンダー、製品、またはサービスも保証するものではなく、最高の評価あるいはその他の指定を与えたベンダーだけを選択するようテクノロジユーザに推奨するものでもありません。ガートナーのリサーチ文書は、ガートナーのリサーチ組織の意見で構成されるものであり、事実の表明として見なされるべきものではありません。ガートナーは、本リサーチに関して、明示または暗黙にかかわらず、商用性や特定の目的に対する適合性の保証を含め、いかなる保証をするものでもありません。

ゼットスケーラーについて

ゼットスケーラー(NASDAQ:ZS)は、顧客企業のアジャイル性、効率性、事業回復力およびセキュリティの強化をサポートするため、デジタルトランスフォーメーションを加速させます。世界最大のインライン型クラウドセキュリティプラットフォームのZscaler Zero Trust Exchangeは、あらゆる場所のユーザ、デバイスおよびアプリケーション間をセキュアに接続することで、サイバー攻撃とデータ消失から数千社の顧客企業を保護しています。Zscaler Zero Trust Exchangeは、世界150拠点以上のデータセンタに分散されたSASEベースのプラットフォームです。

広報担当窓口

Natalia Wodecki
Global PR Director
[email protected]