Cloud Security AllianceとZscaler

Zscalerは、Cloud Security Alliance(CSA)の名誉ある創設メンバーですCSAは、セキュアクラウドコンピューティング環境の確立に役立つベストプラクティスの策定と認知度の向上を目指して設立されました。

CSAのミッション

Cloud Security Alliance(CSA)は、クラウドコンピューティングにおいてセキュリティを確保するためのベストプラクティスの利用を推進し、クラウドコンピューティングを利用して他のあらゆる形態のコンピューティングを保護するための教育を提供することを目標に設立された非営利団体です。

Cloud Security Alliance(CSA)は、幅広い分野の多数の専門家で構成されており、以下の目標を掲げて活動しています。

  • クラウドコンピューティングの利用者と提供者が、必要とされるセキュリティ要件と保証の証明に関する共通の理解を持つよう努力する。
  • クラウドコンピューティングセキュリティのベストプラクティスにつながる、特定の企業に偏らない調査・研究を促進する。
  • クラウドコンピューティングとクラウドセキュリティのソリューションの適切な使用に関する認知度向上キャンペーンと教育プログラムを立ち上げる。
  • クラウドセキュリティの保証に関する問題とガイダンスのコンセンサスリストを作成する。

 

CSA設立の経緯

クラウドコンピューティングの問題と可能性が、2008年に情報セキュリティコミュニティにおいて大きな注目を集めるようになりました。2008年11月20日にラスベガスで開催されたISSA CISOフォーラムのセキュリティ実務者のカンファレンスで、Cloud Security Allianceのコンセプトが初めて紹介されました。Jim Reavisが新しいトレンドのプレゼンテーションでクラウドコンピューティングを保護するための行動を呼びかけ、ReavisとNils PuhlmannがCloud Security Allianceの設立時のミッションと戦略の概要を説明しました。ReavisとPulhmann、さらには、Dave Cullinane、Philippe Courtot、Alan Boehme、Izak Mutlu、Jay Chaudhry、Christofer Hoff、Paul Kurtz、Jean Pawlukを始めとする業界のリーダーが2008年12月初旬に開催した一連の会議で、Cloud Security Alliance設立の準備が進められました。情報セキュリティコミュニティに広く参加を呼びかけて、2009年のRSA Conferenceに向けて設立のための文書の作成を開始し、数十人の有志によって、最初のホワイトペーパーの調査、作成、編集、レビューが進められました。これらの個人は、CSAの名誉ある創設メンバーであり、その後も、趣旨に賛同するセキュリティ関係者がメンバーとして参加し、これらのメンバーによってCSAの重要な仕事が続けられています。

 

Zscaler -  CSAの名誉ある創設メンバー

Zscalerは、クラウド配信型Webセキュリティサービスのパイオニアとして、クラウドモデルの採用とベストプラクティスの共有におけるZscalerとそのお客様の経験をセキュリティの実務担当者と共有できることを誇りに思います。CSAにはいくつかのワーキンググループが存在し、Zscalerは、Portability & Interoperability and Application Securityワーキンググループのリーダーです。