文化

可能性に満ちた世界を守るために

タブレット端末で表示される2022年ESGレポート

15年前、完全にシームレスかつ安全に情報をやり取りできる世界を作るというビジョンに基づき、私はZscalerを創業しました。創業にあたり、この分野のリーダーとなるような象徴的な会社を作ることを目指したのです。この歩みにおいて、サステナビリティーの実現と環境負荷の軽減は常に重要な課題となっており、最優先事項として扱われています。私は、Zscalerはお客様のデータを保護してインターネットへのアクセスをより安全にするだけでなく、世界全体をより良い場所へと変えることで、社会に対しても計り知れない価値を提供する立場にあると確信しています。お客様やパートナー、投資家の方々や従業員と会うごとに、私たちが日々提供している価値を再認識しており、一貫した方向性と責任を持って誠実に事業を運営するという、私たちのコミットメントは一層強固になるばかりです。 

テクノロジー、時間、資金調達、専門知識など、どのような分野であっても、私たちはそれぞれサステナブルな未来に向けた貢献を行うことができます。また、責任を持ってビジネスを成長させ、倫理的な慣行と価値観を遵守することは、リーダーに与えられた役割の一部であると信じています。今日では、多くの企業が同じ価値観を共有するベンダーと協力したいと考えており、このようなコミットメントの重要性は軽視できません。

Zscalerでは、成長を続ける中でESGを考慮した事業拡大に取り組んでいます。6,700を超える世界的な組織と強固なパートナーシップを結んできた経験から、心強いパートナーに求められる要素は、信頼と安心感を育む健全なビジネス慣行の堅持であることを当社は熟知しています。責任ある事業運営を促進し、責任共有モデルをサポートする一環として、このたびZscalerは2022年版ESGレポートを発行しました。本レポートでは、以下の各分野に影響を及ぼす、社内のグローバル事業全体にわたるプログラムについて詳述されています。

環境効率性は当社のビジネスの中核として確固たる地位を占めており、クラウドネイティブのZscaler Zero Trust Exchange固有の利点の1つです。100%再生可能エネルギーで稼働するZero Trust Exchangeを用いることで、コストが高いうえに非効率的な従来型のアーキテクチャーを排除できます。2022年、当社は関連する温室効果ガス排出カテゴリーにおいてカーボン ニュートラルを達成しており、2025年までに炭素排出量をネット ゼロにすることを目指し、環境への影響をさらに削減していく目標を掲げています。

社会当社は、インターネットの安全性を高めることに尽力しています。それは、デジタル セキュリティは各種の情報サービスと連携した、個々の力を発揮できるインクルーシブな社会の基盤であるためです。それと同時に、私たちにとっての最大の財産は「人」です。Zscalerは、成功に寄与する文化を維持しながら、グローバルなチームを成長させてきました。また、地域社会に還元するプログラムを通し、従業員にとって意義の深い取り組みをサポートしています。

ガバナンス私たちは、効果的なガバナンス構造、管理、および倫理的なビジネス慣行を構築することで、信頼の基盤を生み、誠実さと卓越性、イノベーションの文化を育んでいます。お客様より託されているビジネスの保護という責任を真摯に受け止め、期待に沿う水準のセキュリティを提供するためのプロセスや認証、フレームワーク、説明責任構造についてお伝えするのは義務であると捉えています。

公開されたZscalerの2022年版ESGレポートを通して、私たちの環境、社会、ガバナンスのイニシアチブに関する総合的な最新情報をご確認いただけます。詳細については上の画像をクリックしてください。

第1回目の本レポートは、創業当初より会社の方向性を導いてきた、確固としたビジネス倫理と価値観に沿った経営というこれまでの歩みに基づいています。私たちの未来をより良くしていくために、責任ある意思決定をこれからも継続していくなかで、今回のご報告ができることを嬉しく感じています。

当社のESGイニシアチブの最新情報は、当社の企業責任のページをご覧ください。レポート全文(英語)についてはこちらをクリックしてください。

Get the latest Zscaler blog updates in your inbox

Subscription confirmed. More of the latest from Zscaler, coming your way soon!

By submitting the form, you are agreeing to our privacy policy.