ソリューション > クラウドコンプライアンス

クラウドの構成、アクセス、データのコンプライアンスの簡素化と自動化

ワークロードポスチャによる、内部および外部の規制のコンプライアンス

継続的なコンプライアンスの達成と維持における課題

法規制のコンプライアンスの達成と維持はほとんどの組織にとって絶対条件となっていますが、クラウドの利用の拡大が、業界標準の順守を困難かつ複雑で時間のかかるものにしています。

手動でのリスクやセキュリティの監査は面倒で非効率的であり、コンプライアンス要件が頻繁に更新されるため、ほとんどの組織に最新の標準を満足するための十分なリソースがありません。

ワークロードポスチャ

継続的なコンプライアンスの保証

Workload Postureは、パブリッククラウド環境全体の違反の可視性を強化し、迅速な修復を可能にすることで、変化し続けるコンプライアンス要件や法規制の遵守を支援します。

パブリッククラウドインフラストラクチャのすべてのクラウドアプリケーションの構成が、進行中、自動、ガイド付きの修復を始めとする業界や組織のベストプラクティスに確実に従っていることを保証します。

ワークロードポスチャ

ワークロードポスチャのメリット

コンプライアンスポスチャの視覚化

コンプライアンスポスチャの可視化 – 専用ダッシュボードでマルチクラウド環境全体のコンプライアンスの管理や適用を実行し、コンプライアンスの状態、構成のドリフト、ポリシー違反を動的に表示できます。

コンプライアンス標準の自動化

コンプライアンス標準の自動化 – 16の標準や複数の業界の標準、法規制、各種クラウドサービスに関連するコントロールにマッピングされたベストプラクティスに対応する任意のカスタムフレームワークを事前に構築して、コンプライアンスを適用することで、ギャップを評価し、自動的に修正します。

導入環境のセキュリティとコンプライアンスの保証

導入環境でのセキュリティとコンプライアンスの確保 – 開発中のすべての段階にセキュリティとコンプライアンスチェックを統合し、本番環境に脅威が持ち込まれることなく、DevOpsのペースを維持できます。

分析とレポート

分析とレポート – 技術コンプライアンス監査のための包括的なコンプライアンスデータ、分析、レポート。コンプライアンスの問題をドリルダウンして修正の優先順位を設定し、上級管理職、リスクマネージャ、監査担当者などのさまざまなステークホルダーの進捗を追跡します。

オペレーショナルエクセレンスとチームコラボレーション

オペレーショナルエクセレンスとチームコラボレーション – Workload Postureは、CI/CDパイプライン、チケットシステム、プライベートベンチマークとのコンプライアンス統合をサポートします。セキュリティとコンプライアンスの実装とメンテナンスを担当するInfoSec、SOC、アプリケーション開発(AppDev)のチーム間のコラボレーションを推進します。

クラウドセキュリティスペシャリストにデモの実施について相談する

ゼットスケーラーのニュース、イベント、ウェブキャスト、スペシャルオファーといった最新情報の送付を希望します。

送信ボタンをクリックすると、ゼットスケーラーの プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。