製品 > 帯域幅コントロール

YouTubeやNetflixがOffice 365のユーザ
エクスペリエンスに影響していませんか?

Zscalerであれば、簡単な手順で、ビジネスクリティカルアプリケーションを
他のトラフィックより優先させることができます

クラウドファーストIT戦略を

クラウドの世界における帯域幅コントロールの課題

アプリケーションがクラウドへと移行し、インターネットアクセスが増え続けている今日、ユーザエクスペリエンスを保証し、クラウドのメリットを完全に実現するには、Office 365などのビジネスクリティカルアプリケーションがYouTubeやライブストリーミングなどのトラフィックより優先されるようにする必要があります。

Office 365の導入前に帯域幅をアップグレードすれば、このような課題を解決できると思われがちですが、帯域幅が増加し続ける中で、ほとんどの組織がネットワークの課題を解決できず、ユーザエクスペリエンスの低下という問題に直面しています。

出典:TechValidateとZscalerによる「Office 365導入の課題」調査、2017年第1四半期

帯域幅制御に関連する問題を報告した割合。
業務に関係ないトラフィックの方がOffice 365より優先されると報告した割合
Office 365などのビジネスクリティカルアプリケーションにアクセスできないと報告した割合

従来のソリューションの問題点

トラフィックをローカルにルーティングして帯域幅を監視する手段として、次世代ファイアウォールあるいはUTMアプライアンスをすべての場所に導入することもできますが、このアプローチには、コストが高く、管理が難しいにもかかわらず、ユーザエクスペリエンスが低下するという問題があります。アプライアンスは、ウィンドウシェーピングを考慮して設計されていないため、競合が発生して、パケットが欠落したり、ビデオストリーミングが中断したりする恐れがあります。

UTM/次世代ファイアウォールのスプロール化
  • アプライアンスの導入と管理の複雑さと導入コスト
  • パフォーマンス低下によってハードウェアアップグレードが必要になる
  • 帯域幅ポリシーによるパケット欠落とユーザエクスペリエンスの低下
  • 帯域幅シェーピングを考慮して設計されていないUTM/ファイアウォール
ゼットスケーラーの帯域幅コントロールによって、クリティカルアプリケーションが確実に優先させるようにできます

Zscalerでクラウドに移行することで、帯域幅制御が簡素化される

セキュリティとコントロールのクラウドへの移行をお勧めします。Zscalerクラウドファイアウォールと帯域幅コントロールが重要なコンポーネントとしてZscalerクラウドセキュリティプラットフォームに実装されているため、トラフィックのローカルでのインターネットへのルーティングを可能にし、すべてのユーザと場所に同一レベルの保護を提供し、帯域幅管理ポリシーを適用してクリティカルビジネスアプリケーションが優先されるようにできます。

データシートを読む
Zscalerでクラウドに移行することで、帯域幅制御が簡素化される
ソリューションの詳細 現在の課題

Zscalerによるトランスフォーメーション

ビジネスクリティカルアプリケーションを優先させる

  • ストリーミングメディア、ファイル共有、ソーシャルメディアのビジネスアプリに対する影響を制限する
  • ユーザエクスペリエンスに影響する前に帯域幅の問題を特定する
  • ビジネスニーズに合わせて全ユーザにポリシーを適用し、アプリケーションクラス、場所、および時間によるきめ細かいルールの作成が可能

ユーザエクスペリエンスの向上

  • トラフィックのローカルブレイクアウトによるインターネットアクセスの高速化
  • 業務と個人利用の両方のアプリケーションへのセキュアアクセス
  • トラフィックシェーピングと帯域幅スロットリングの活用によるパケット欠落の回避とシームレスなユーザエクスペリエンスの実現

コスト削減とITの簡素化

  • 新しいハードウェアの購入、導入、管理のニーズの排除
  • ローカルブレイクアウトによりインターネットトラフィックをオフロードすることで、MPLSバックホールコストを削減
  • クラウドでのポリシー適用によるボトルネックとWANレイテンシの解消
  • すべての場所で比類のないセキュリティを実現

ビジネスニーズに合わせた帯域幅ポリシーのカスタマイズ

帯域幅コントロールによって、きめ細かいポリシーを作成して直ちに実装できます。たとえば、帯域幅ポリシーを作成して、ビデオのストリーミングなどの娯楽目的のトラフィックを制限し、ビジネスアプリが他のトラフィックより優先されるようにできます。Zscalerでは、多くのパラメータを使用してポリシーを定義できます。以下に例を示します。

1.  Office 365を優先させる(40%を保証)
2.  YouTubeストリーミングを20%に制限する
3.  サイズの大きいダウンロード(Microsoft 10やOS Xのアップデートなど)を制限する

帯域幅を詳細に可視化

Office 365のトラフィックがYouTubeより優先されるようになりました。Zscalerの導入前は、YouTubeが最も多くの帯域幅を使用していましたが、Zscalerの簡単に利用できる帯域幅コントロールによって、帯域幅の40%がOffice 365に割り当てられるようにし、YouTubeの帯域幅を制限できるようになりました。以下の帯域幅レポートでこれを確認できます。

Zscaler Bandwidth Controlポリシーで、業務に関係のないトラフィックを制限できます

お勧めのリソース

データシート

Zscaler帯域幅コントロール

データシートを読む 

Webinar

帯域幅コントロールを使用したビジネスアプリの優先

ウェビナーを見る 

Webinar

支社のクラウドアプリケーションの帯域幅コントロール

ウェビナーを見る