Zenith Live 2019 Keynotes Watch Now
Zenith Live 2019 Keynotes Watch Now

Transforming the Enterprise

Watch Keynotes
製品 > 帯域幅コントロール

YouTubeやNetflixによってOffice 365の
エクスペリエンスに影響が生じていませんか?

Zscalerではその他のトラフィックよりもビジネスクリティカルな
アプリケーションに高い優先順位を設定できます。

クラウドファーストIT戦略を

クラウドの世界における帯域制御の課題

アプリケーションがクラウドに移行し、インターネットアクセスが増大を続ける今日、ユーザーエクスペリエンスを保証し、クラウドのメリットを完全に実現するには、YouTubeやライブストリーミングなどのトラフィックよりもOffice 365などのビジネスクリティカルなアプリケーションを優先させる必要があります。

このような課題は、Office 365をデプロイする前に帯域幅をアップグレードすることによって解決できると思われがちですが、帯域幅を改善してもほとんどの組織ではネットワークの課題が解決されずにユーザーエクスペリエンスが犠牲となっています。

出典:「Office 365のデプロイに関する課題」アンケート、2017年第1四半期(TechValidateおよびZscaler)

報告された問題: 帯域幅の制御
個人および エンターテインメントトラフィックがOffice 365よりも優先されているとされる割合
報告された問題:Office 365のなどのビジネスクリティカルなアプリケーションへのアクセス

従来のソリューションの問題

トラフィックをローカルにルーティングして帯域幅を管理するには、次世代ファイアウォールまたはUTMアプライアンスをすべての場所にデプロイすることができますが、このアプローチには、多くのコスト、管理の困難さ、およびユーザーエクスペリエンスの低下という問題があります。アプライアンスは今日のIT環境には不十分で、トラフィックが増加するとパケットの欠落やビデオストリーミングの中断などが発生します。

UTM/次世代ファイアウォールアプライアンスの問題
  • アプライアンスのデプロイと管理の複雑さとコスト
  • パフォーマンスの低下によって生じるハードウェアアップグレードの必要性
  • 帯域幅ポリシーによるパケット欠落とユーザーエクスペリエンスの低下
  • 帯域幅の有効活用を目的に設計されていないUTM/ファイアウォール
Zscaler Bandwidth Control ensures your critical applications don’t take a back seat

Zscalerによるクラウドへの移行によってシンプルになる帯域制御

セキュリティと制御はクラウドに移行され始めました。Zscaler Cloud Security Platformの重要なコンポーネントであるZscaler Cloud FirewallおよびBandwidth Controlの実装によって、インターネットへのトラフィックのローカルなルーティング、すべてのユーザーと場所への同一レベルの保護の提供、およびクリティカルなビジネスアプリケーションの優先度設定を行う帯域幅管理ポリシーの適用を実現することが可能になります。

データシートを読む
Zscaler simplifies bandwidth control by moving it to the cloud
ソリューションの詳細 現在の課題 現在の課題

Zscalerによって実現するトランスフォーメーション

ビジネスクリティカルなアプリケーションの優先度設定

  • ストリーミングメディア、ファイル共有、およびソーシャルメディアによるビジネスアプリへのインパクトの制限
  • ユーザーエクスペリエンスに影響する前に帯域幅の問題を識別
  • ビジネスニーズに合わせたポリシーの適用、およびアプリケーションクラス、場所、および時間による詳細な制御

より良いユーザーエクスペリエンス

  • ローカルでのトラフィックのルーティングによって実現する高速なインターネットアクセス
  • ビジネスと個人の両方のアプリケーションへのセキュアなアクセス
  • トラフィックシェーピングおよび帯域幅スロットリングの活用によるパケット欠落の回避、およびシームレスなユーザーエクスペリエンスの実現

コストの削減とITの簡素化

  • 新しいハードウェアを購入、デプロイ、管理する必要性の排除
  • ローカルブレイクアウト経由でのインターネットトラフィックのオフロードによるMPLSバックホールコストの削減
  • クラウドでのポリシー適用によるボトルネックとWANの遅延の解消
  • すべての場所で比類のないセキュリティを維持

ビジネスニーズに合わせた帯域幅ポリシーのカスタマイズ

帯域幅制御により、詳細なポリシーを作成して直ちに実装できます、一般的な帯域幅ポリシーには、ストリーミングビデオなどのエンターテイメント関連のトラフィックの制限およびビジネスアプリの優先度設定が含まれます。Zscalerでは、多くのパラメーターを使用してポリシーを定義できます。以下に例を示します。

1.  Office 365の優先度を設定します(40%を保証)
2.  YouTubeのストリーミングを20%に制限
3.  サイズの大きいダウンロードを制限(MSFT 10やOSXの更新など)

帯域幅を詳細に可視化

トラフィックの優先度はYouTubeではなく、Office 365に設定すべきです。以前は、YouTubeが最も多くの帯域幅を使用していましたが、使用が容易なZscaler Bandwidth Controlでは、以下の帯域幅レポートが示すように、帯域幅の40%をOffice 365用に予約する一方で、YouTubeの帯域幅を制限できます。

Zscaler Bandwidth Control policies include limiting recreational traffic

推奨リソース

Datasheet

Zscaler Bandwidth Control

データシートを読む 

ウェブキャスト

帯域幅制御を使用してビジネスアプリの優先度を設定

ウェブキャストを見る 

ウェブキャスト

ブランチオフィスのクラウドアプリケーション向けの帯域制御

ウェブキャストを見る