Microsoft 365のエクスペリエンスに影響を与えるYouTubeやNetflix

Zscaler Bandwidth Controlで、ビジネスに不可欠なアプリケーションのトラフィックを簡単に優先できます。

概要

クラウド時代における帯域幅コントロールの課題

アプリケーションがクラウドに移行し、インターネットへのアクセスが増加する中で、高速なユーザー エクスペリエンスを確保してクラウドのメリットを最大限活用するには、YouTubeやライブストリーミングなどのトラフィックよりも、Microsoft 365 (Office)のようなビジネスに不可欠なアプリを優先させる必要があります。Microsoft 365の導入前に帯域幅をアップグレードすることで、こうした課題に対処しようとする組織は少なくありません。しかし、帯域幅を広げたにもかかわらず、ほとんどの組織が依然としてネットワークとユーザー エクスペリエンスの課題を抱えているのが実状です。

63%以上
帯域幅コントロールに関連する問題を報告した組織
93%
業務に関係ないトラフィックがMicrosoft (Office) 365よりも優先されていると回答した組織
35%以上
Microsoft (Office) 365などのビジネスに不可欠なアプリケーションにアクセスできないと回答した組織
課題

従来のソリューションの課題

トラフィックをローカルにルーティングし、帯域幅の使用ルールを確立するために、次世代ファイアウォールやUTMアプライアンスを各拠点に導入することもできますが、このアプローチはコストが高く、管理も難しいうえ、ユーザー エクスペリエンスを低下させるという問題があります。アプライアンスはウィンドウのサイズ変更に対応していないため、競合が発生すると、一部のパケット処理が中断され、動画のストリーミングが停止する場合があります。

従来のソリューションの課題
UTM/ファイアウォール アプライアンスの課題
点線で囲まれた歯車のアイコン
アプライアンスの導入と管理は複雑で、コストがかかる
パフォーマンスの低下
パフォーマンスの低下によってハードウェア アップグレードが必要になる
ユーザー エクスペリエンスへの影響
帯域幅の優先順位付けはパケット ロスにつながる場合があるため、ユーザー エクスペリエンスが低下する
ファイアウォールとUTM
UTMやファイアウォールのアプライアンスは、帯域幅を考慮した設計にはなっていない
Zscalerの特長

帯域幅コントロールをクラウドに移行して、管理を簡素化

今こそ、セキュリティと制御をクラウドに移行するときです。Zscaler Zero Trust Exchange™プラットフォームと統合されたZscaler FirewallおよびZscaler Bandwidth Controlを実装することで、インターネットへのトラフィックをローカルにルーティングし、あらゆる場所のユーザーに同じレベルの保護を提供できます。また、帯域幅管理ポリシーを適用して、ビジネスに不可欠なアプリケーションが優先されるように設定することも可能です。

特長
Zscalerでビジネスを変革
ビジネスに不可欠なアプリケーションを優先
ビジネスに不可欠なアプリケーションを優先
  • ストリーミング メディア、ファイル共有、ソーシャル メディアによるビジネス アプリへの影響を軽減
  • ユーザー エクスペリエンスを阻害する前に、帯域幅の問題を特定
  • アプリケーション クラス、ロケーション、時間ごとのきめ細かなルールで、すべてのユーザーのポリシーをビジネス ニーズに合わせて調整
ユーザー エクスペリエンスを改善
ユーザー エクスペリエンスを改善
  • トラフィックをローカルに分散させて、インターネットへのアクセスを高速化
  • ビジネスと個人の両方のアプリケーションへのアクセスを保護
  • ウィンドウ シェーピングや帯域幅調整を活用して、パケット ドロップを回避し、シームレスなユーザー エクスペリエンスを確保
費用を削減してコストと複雑さを軽減するアイコン
コストを削減し、ITを簡素化
  • 新しいハードウェアの購入、展開、管理が不要
  • ローカル ブレイクアウト経由でインターネット トラフィックをオフロードすることで、MPLSバックホールにかかるコストを削減
  • クラウドでのポリシー施行により、ボトルネックとWANの遅延を解消
  • すべての場所で優れたセキュリティを維持
ユース ケース

ビジネス ニーズに合わせて帯域幅ポリシーを調整

Zscaler Bandwidth Controlを使用すると、きめ細かなポリシーを作成してすぐに実装できます。たとえば、帯域幅ポリシーを作成して、動画のストリーミングなどの娯楽目的のトラフィックを制限し、ビジネス アプリが他のトラフィックより優先されるようにできます。Zscalerでは、多くのパラメーターを使用してポリシーを定義できます。

 

ポリシーの例:

 

  1. 帯域幅の40%をMicrosoft 365用に確保
  2. YouTubeのストリーミングを20%に制限
  3. 大容量のダウンロードを制限(WindowsやmacOSのアップデートなど)
ビジネス ニーズに合わせて帯域幅ポリシーを調整
詳細

帯域幅を詳細に可視化

Microsoft 365は、YouTubeよりも優先される必要があります。ある組織ではZscalerの導入前、YouTubeが大量の帯域幅を占めていましたが、Zscaler Bandwidth Controlにより、帯域幅の40%をMicrosoft 365用に確保し、YouTubeには制限を設定できるようになりました。

帯域幅を詳細に可視化
dots pattern

デモを依頼する

お客様の組織が脅威にさらされているかを確認したうえで、Zscaler Zero Trust Exchangeプラットフォームがどのようにビジネスを安全かつ迅速に変革できるかをご紹介します。