ゼットスケーラー、迅速かつシームレスなデジタルエクスペリエンス モニタリング機能を統合コラボレーションアプリケーションに拡充

Zscaler Digital ExperienceTMに統合された新機能が、 Microsoft TeamsやZoomを詳細に洞察し、アプリケーションの パフォーマンス問題を迅速に特定・修正するとともにMicrosoft 365サポートを強化

Tokyo, Japan, 11月 16, 2021

クラウドセキュリティ業界を牽引するZscaler(本社:米国カリフォルニア州、以下 ゼットスケーラー)は本日、Zscaler Digital Experience(ZDXTM)の新たなUCaaS(Unified Communications as a Service;サービスとしての統合コミュニケーション)の監視機能とデジタルワークフロープラットフォームとの統合を発表しました。これによりパフォーマンス問題を正確に自動検出のうえ、素早く修正し、従業員のコラボレーションと生産性を向上することが可能になります。ZDXは、クラウドネイティブな統合サービスプラットフォームであるZscaler Zero Trust Exchangeに統合されたサービスとして提供され、ユーザー、接続、クラウドアプリケーションのテレメトリデータを一元的に可視化し、ユーザーエクスペリエンスに関わる問題を検知し解決することを可能にします。今回の統合により、セキュリティ部門、ネットワーク部門、ヘルプデスク部門が協力して効率的にMicrosoft TeamsやZoomの品質問題をトリアージし、素早く問題を修復し、従業員の生産性を最適化することが可能になりました。 

ゼットスケーラーの製品担当バイスプレジデントであるドワール・シャルマ(Dhawal Sharma)は次のように述べています。「従業員とMicrosoft TeamsやZoomなどの重要アプリケーション間の通信に関するテレメトリを可視化または測定できなければ、IT部門が優れたユーザーエクスペリエンスを実現し、UCaaSのパフォーマンス問題を積極的に解決することはできません。ZDXは、ユーザーデータのサイロ化、旧来の監視ツールにおける機能の限界、また場所に関わらず、従業員の生産性とデジタルエクスペリエンスを最適化および強化できるアナリティクスやワークフローの不在という、ハイブリッドな働き方におけるシームレスなコラボレーションを妨げている3つの課題を解決します。」 

極めて可動性が高く、クラウドファーストの環境を有効に活用する現代では、高い生産性を維持するため、高速かつ安全な接続とシームレスなコラボレーションエクスペリエンスに依存しています。Gartner®の調査によると、「2023年までに、リモートワーカーの数は倍増しデジタルワーカーの3分の2以上を占めるようになり、場所に囚われない働き方をサポートできることが製品を購入する際の条件となります1」。IT部門にとって、Microsoft TeamsやZoomなどの統合コミュニケーションサービスや、Microsoft 365などのSaaSプラットフォームにおけるパフォーマンス関連の問題を素早く、正確に特定する機能が極めて重要になります。適切なUCaaS監視機能を持たない企業は、パフォーマンスに影響を与えず、従業員同士のコミュニケーションを管理できる専用のツールを新たに取り入れる必要があるでしょう。 

今回のZDXの機能強化により、場所やネットワークに関わらず、ユーザー、アプリケーション、デバイスを安全に接続するためのインテリジェントなスイッチボードとして機能しているクラウドネイティブな統合サービスプラットフォームであるZscaler Zero Trust Exchangeから収集される知見を利用した、エンタープライズグレードの監視機能が実現します。ZDXはこのプラットフォーム上で稼働する統合サービスとして、Microsoft TeamsやZoomなど、ビジネスに極めて重要なSaaSアプリに関わるユーザーデバイス、ネットワーク、アプリケーション可用性を継続的かつ積極的に監視するAPIベースの機能を統合し、IT部門やセキュリティ部門がネットワークや通信の品質に関わる問題を積極的に解決することをサポートします。 今回拡充した主な機能は次の通りです。 

  • 新たなUCaaSのパフォーマンスを可視化および管理を実現:ゼットスケーラーはセキュアなAPIでMicrosoft TeamsおよびZoomとの連携を強化し、詳細なユーザーやアプリケーションのテレメトリデータを一元化します。あらゆるシステムにおけるミーティングやユーザーインタラクションのデータが一元的に可視化されるため、IT部門は従業員エクスペリエンスやビジネス効率性に影響し得るレイテンシやパケットロスの根本原因を今までよりも正確に特定し、解決することができます。 

  • トラブルシューティング機能を拡充:ZDXはセキュリティ部門、ネットワーク部門、ヘルプデスク部門による、統合コミュニケーションに関わる問題の積極的なトリアージ、接続問題のトラブルシューティング、迅速な問題修復、ユーザー生産性の最適化をサポートします。ZDXが継続的にパフォーマンスを監視するため、障害対応チケットが発行される前に、多くの接続問題を解決することが可能になります。 

  • Microsoft 365対応を強化:ZDXにより、IT部門はトレンド、パフォーマンス測定値、デジタルエクスペリエンススコアを分析し、表面化されていない問題や機会を特定し、Microsoft 365のユーザーエクスペリエンスを強化することが可能になります。  

  • ゼロトラストのセキュリティが適用されたプライベートアプリケーションを完全可視化:ZDXはZscaler Private Accessで保護されるプライベートアプリケーションにおけるユーザー接続について、幅広くネットワークを洞察します。関連性のあるテレメトリデータがすべて一元的なダッシュボード上で可視化されるため、IT部門やセキュリティ部門がプライベートアプリケーションにおけるユーザーエクスペリエンス問題を修繕・解消する際に利便性高く活用できます。 

  • ServiceNowでITインシデント管理を自動化:ZDXは、リアルタイムのインシデント通知を共有するイベント主導型のAPIでServiceNow ITSMプラットフォームと統合されています。ZDXのアラートに基づき、障害対応チケットの発行を自動化することができるため、IT部門の修繕ワークフローが標準化され、ITインシデント管理が向上します。 

 

ZDXとその新しく統合された機能の詳細は、ブログ(英語)より確認できます。 

以上 

各社コメント(アルファベット順) 

日本国内販売パートナー 

  • KDDI株式会社 執行役員 サービス企画開発本部 副本部長 丸田徹氏 

従業員がさまざまな場所からクラウドに移行したアプリケーションにアクセスするようになったことにより、企業は基盤となるテクノロジスタックのコントロールが困難になりました。包括的な可視性を提供し、ユーザーエクスペリエンスの問題を迅速に特定できる機能に加え、国内最大級の利用数を持つMicrosoft 365に最適化されたZDXは、多くの企業が抱える可視化や監視の課題を解決に導くでしょう。 

  • ノックス株式会社 取締役 役員 高井敬一氏 

新型コロナウイルス発生をきっかけにリモートワーク導入が加速する一方で、企業のIT担当者は可視性に関して新たな課題に直面しています。ZIA、ZPAに加えてZDXを実装することで、こうした課題を解決し、さらなるゼロトラストの実現が可能になると確信しています。当社は、このたびのZDXの機能拡充を歓迎します。 

  • NTT コミュニケーションズ株式会社 担当部長 前田隆志氏 

当社が提供するSASEソリューションの主要コンポーネントの1つであるZscalerソリューションに、新たに加わったZDXは、ユーザーからアプリケーションまでの通信品質を可視化して、デジタルエクスペリエンスにおける問題を検出・報告できる魅力的なソリューションです。今回の機能拡充により、さらなるお客様への提供価値の向上や運用負荷軽減が図れると期待しています。 

  • ソフトバンク株式会社 法人事業統括 法人プロダクト&事業戦略本部 本部長 竹綱洋記氏 

テレワークが普及する中、さまざまなワークスペース環境から接続されるコミュニケーションインフラの整備は必要不可欠です。特にビデオ会議などのインタラクティブな通信における品質の確保と快適性をマネジメントすることは、生産性向上の観点からも多くの企業において重要な課題となりつつあります。ソフトバンクはこれまで、ゼットスケーラーの各種サービスと当社のソリューションを組み合わせて、多くの企業に安全安心なITインフラ環境の提供を行ってきました。今回発表されたZDXは企業の通信状況を可視化し、管理者が迅速にNWの管理を行うことができるため、これまで以上に、当社のお客様の高いニーズに対応できると信じています。 

テクノロジーアライアンスパートナー 

  • Zoom 製品・エンジニアリング担当プレジデント Velchamy Sankarlingam氏 

消費者やビジネスユーザーの期待を満たす一定レベルのサービスや通信品質を確保するためには、パケットロスなど、エンドユーザー側のネットワークパフォーマンスを把握することが重要になります。ZoomサービスとZscaler Digital Experienceの共同コラボレーションや密結合によって実現した、ユーザーおよびアプリケーションに関するテレメトリデータのインラインモニタリングにより、両社共通のお客様はZoomアプリケーションのパフォーマンスや通信品質を簡単に追跡できるようになりました。 

ZDX利用顧客 

  • Verisk インフラストラクチャ・オペレーション担当バイスプレジデント Jeff Negrete氏 

従業員から報告される問題は、アプリ、アプリとの通信パス、ホストプラットフォーム、会社所有のデバイス、従業員のホームネットワークなど、様々な要因が絡み合って発生している可能性がありますが、テレメトリデータがなく、根本原因を正確に特定することができていませんでした。ゼットスケーラーの別のソリューションと密結合されたサービスとして、ZDXから粒度の高い知見をリアルタイムに取得することが可能になったため、ビジネスアプリケーションを継続的にクラウドやSaaSに移動し、新たな分散型ワークフォースに対応しながらも、DevOps部門やヘルプデスク部門がトラブルシューティングで抱えている問題を解消することができています。 

  • Watercare Services デジタルオペレーション責任者 Adam Gower氏 

オークランド周辺の20以上の地域に分散している従業員は現在テレワーク中のため、Microsoft Teamsなどの重要なアプリケーションで従業員の生産性とエクスペリエンスを確保することが課題となっています。Zscaler Digital Experienceは極めて簡単に展開できるだけでなく、粒度の高いテレメトリデータを取得することが可能になるため、従業員の生産性に影響が出る前に、ユーザーエクスペリエンスの問題を素早く診断し、解決することができます。 

 

Zscaler™とhttps://www.zscaler.com/legal/trademarksに記載されているその他の商標はそれぞれ、米国およびその他の国におけるZscaler, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標はすべて、それぞれの保有者に所有権があります。 

ServiceNow、ServiceNow のロゴ、Now、Now Platform およびその他のServiceNow のマークは、米国および/またはその他の諸国におけるServiceNow, Inc.の商標および/または登録商標です。その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。 

ゼットスケーラーについて

ゼットスケーラー(NASDAQ:ZS)は、顧客企業のアジャイル性、効率性、事業回復力およびセキュリティの強化をサポートするため、デジタルトランスフォーメーションを加速させます。世界最大のインライン型クラウドセキュリティプラットフォームのZscaler Zero Trust Exchangeは、あらゆる場所のユーザ、デバイスおよびアプリケーション間をセキュアに接続することで、サイバー攻撃とデータ消失から数千社の顧客企業を保護しています。Zscaler Zero Trust Exchangeは、世界150拠点以上のデータセンタに分散されたSASEベースのプラットフォームです。

広報担当窓口

Natalia Wodecki
Global PR Director
[email protected]