ゼットスケーラー、AWSとのパートナーシップを拡大し、 ゼロトラストセキュリティでクラウドへの移行を加速

AWS上に構築されたCNAPP機能を持つ最新の「Posture Control」により、 クラウドアプリケーション全体の隠れたリスクを効率的に優先順位付けして修正することが可

Tokyo, Japan, 7月 26, 2022

本資料は、米カリフォルニア州にて2022年6月22日(現地時間)に発表したプレスリリースの日本語抄訳に、加筆を加えています。 

 

クラウドセキュリティ業界を牽引するZscaler(NASDAQ:ZS、本社:米国カリフォルニア州、以下 ゼットスケーラー)は、Amazon Web Services(AWS)とのパートナーシップを拡大したことを発表しました。ゼットスケーラーのゼロトラストアーキテクチャとAWSをベースとしたイノベーションの実現により、企業がクラウドへの移行を安全に推進できるようになります。本取り組みを通じて、クラウドのセキュリティオペレーションを統合および簡素化する、ユーザ向けの統一されたソリューションが形となり、非効率的な従来型のモデルからクラウド向けの最新のゼロトラストアプローチへ移行するという、企業内セキュリティアーキテクチャの進化が促されます。 

現在、多くの企業が単一機能の製品を多数導入、管理しており、オペレーションが煩雑化し、諸経費が増加するという状態に陥っています。クラウドの成熟化が進むなか、企業は世界各地に分散されたワークロードを保護するために、クラウドセキュリティポスチャ管理(CSPM)、クラウドインフラストラクチャエンタイトルメント管理(CIEM)、クラウドワークロード保護プラットフォーム(CWPP)、情報漏洩防止(DLP)、構成管理データベース(CMDB)、コードとしてのインフラストラクチャ(IaC)スキャンなどが統合された、総合的なクラウドベースのプラットフォームを求めています。 

この状況を鑑み、企業がゼロトラストの導入を進め、クラウドアプリケーションと5G接続のセキュリティを向上できるよう、ゼットスケーラーとAWSはパートナーシップを拡大し、AWS上に構築されたシンプルでありながら強力な各種ソリューションを提供します。これらのソリューションは、アプリケーションとクラウドインフラストラクチャのクラウドワークロードのリスクの特定、優先順位付け、軽減、および修正を行うと同時に、ゼロトラストをプライベート5G接続に拡張する一助となるように設計されています。ゼットスケーラーはAWSとのパートナーシップを通じて、クラウドセキュリティおよびクラウド接続を向上させる、以下の3つのイノベーションを実現します。 

1. AWS上に構築されるクラウドネイティブアプリケーション保護プラットフォーム(CNAPP):AWS上で構築、運用されるゼットスケーラーの新ソリューション「Posture Control™」は、セキュリティ部門とDevOps部門がAWSの責任共有モデルで担うべきセキュリティの効率的な実装をサポートし、クラウド化の推進に貢献します。CSPM、CIEM、CWPP、IaCスキャン、DLP、CMDBのそれぞれの機能を持つ製品を複数利用する代わり、単一の統合型プラットフォームが何百万もの属性を分析することで、セキュリティ部門が優先的に集中して取り組むべき重大な問題の特定が可能となり、オペレーション上の煩雑さと諸経費が削減されます。AWSが選ばれた理由は、サービスの幅広さ、規模、信頼性、そして多数のゼットスケーラーのユーザにとっての主要なクラウドプロバイダーとして普及している点が挙げられます。 

2. ゼロトラストセキュリティをAWS上のワークロードに拡張:AWSとの連携のもと、Zscaler Zero Trust Exchange™クラウドセキュリティプラットフォームを拡張します。これにより、企業は継続的にAWSクラウド内のアプリケーションおよびワークロードの移行やリファクタリングを行いながら、マルウェアやデータ漏洩からクラウドワークロードを保護できるようになります。ゼットスケーラーは、Gateway Load Balancer、AWS Secrets Manager、AWS CloudFormation、AWS Auto ScalingといったAWSネイティブテクノロジーとの深い統合により、クラウドワークロードからのインターネットトラフィックにキャリアグレードの規模でのインラインインスペクションが実行できるという価値をお客様に提供します。また、プラットフォームのアプリ間セグメンテーション機能も拡張し、企業の攻撃対象領域と脅威の水平移動のリスクを大幅に軽減します。 

3. AWS WaveLengthによるプライベート5G対応可能なゼロトラスト:Zscaler Zero Trust Exchangeは、モバイルネットワークに接続されたデバイスへのゼロトラストアクセスをユーザごとに直接提供することで、AWS WaveLength上で実行中のワークロードを保護します。このサービスはZscaler Private Access™(ZPA)で実現され、クラウド環境およびハイブリッド環境のインフラストラクチャの制御、デプロイメントに対応した、AWS上でのゼロトラストアーキテクチャを形成します。 

SiemensのITサービスグループマネージャー兼グローバルアウトバウンドコネクティビティリードを務めるルイ・カベソ(Rui Cabeço)氏は次のように述べています。「ゼットスケーラーはAWSとの連携により、クラウドワークロードを保護するための革新的で拡張性の高いソリューションを提供しています。ゼットスケーラーとAWS Marketplaceの強力な機能を活用し、クラウド化を継続するなかでビジネスの俊敏性を高めることを楽しみにしています。」 

ゼットスケーラーのビジネスアンドコーポレートディベロップメント部門エグゼクティブバイスプレジデントを務めるプニット・ミノチャ(Punit Minocha)は次のように述べています。「多くの組織はクラウドセキュリティにゼロトラストを取り入れる点で苦心しています。ゼットスケーラーの最新のPosture Controlおよびクラウドワークロード保護の各種サービスは、AWSを優先クラウドプロバイダーとしてAWS上に構築されており、ゼットスケーラーおよびAWSの共通のユーザに、Zscaler Zero Trust Exchangeクラウドセキュリティプラットフォームを通じて、クラウドワークロードのリスクを効果的に解消するためのシンプルで効率的なソリューションを提供します。」 

AWSのISVパートナー部門およびMarketplaceビジネスディベロップメント部門のディレクターを務めるクリス・グルス(Chris Grusz)氏は次のように述べています。「ゼットスケーラーとAWSは、最高品質のセキュリティソリューションをお客様に提供し、最新のクラウドセキュリティ要件への対応を支援するという共通のビジョンを持っています。今回のパートナーシップの拡大により、AWSのセキュリティ、観測性、データ保護サービスに基づいて構築され、それらと緊密に統合されたシンプルかつ強力なソリューションを世界中の組織に提供することができます。」 

 

以上 

ゼットスケーラーについて

ゼットスケーラー(NASDAQ: ZS)は、より効率的で、俊敏性や回復性に優れたセキュアなデジタル トランスフォーメーションを加速しています。Zscaler Zero Trust Exchangeは、ユーザー、デバイス、アプリケーションをどこからでも安全に接続させることで、数多くのお客様をサイバー攻撃や情報漏洩から保護しています。世界150拠点以上のデータ センターに分散されたSSEベースのZero Trust Exchangeは、世界最大のインライン型クラウド セキュリティ プラットフォームです。

広報担当窓口

Chandini Rai  

Public Relations Manager, APJ  

[email protected]  

Natalia Wodecki
Global PR Director
[email protected]