ZscalerでAWSのワークロードを保護

AWSのワークロードをビルドタイムからランタイムまで保護

クラウド セキュリティが抱える課題

ワークロードの保護は共同責任

基盤となるインフラはAWSで保護されていますが、ワークロードの構築、実行、管理のライフサイクルも同様に保護する必要があります。

リスクの増加

リスクの増加

境界線ツールは攻撃対象領域を拡大し、現代のセキュリティ ニーズに対応できない

ツールのスプロール化

ツールのスプロール化

複数のツールを要する従来のセキュリティ アプローチではコストと複雑性が増大する

スピードとセキュリティの両立

スピードとセキュリティの両立

イノベーションを妨げることなくAWSのワークロードを保護する必要がある

巧妙な攻撃

巧妙な攻撃

競合するノイズの中でも真のリスクを検知して優先順位を付け、対処する必要がある

法規制の順守

法規制の順守

適切に保護されていないワークロードは、データの漏洩やコンプライアンス違反につながる可能性がある

Zscalerのゼロトラスト アーキテクチャーでAWSのワークロードを保護

ビルドからランタイムまでアプリケーションを保護するには、堅牢かつ包括的なソリューションが必要です。ワークロードの設定ミスや脆弱性を特定すると同時に、ワークロード間の通信を保護することが重要です。

Zscalerのゼロトラスト アーキテクチャーでAWSのワークロードを保護

AWS向けの総合CNAPPソリューション

ZscalerのPosture ControlでAWSのアプリケーションを構築、展開、実行

AWS向けの総合CNAPPソリューション

AWS向けの安全なワークロード通信

ワークロードからインターネットへの通信

ワークロードからインターネットへの通信

ワークロードからインターネットへの通信

クラウド上のワークロード間の通信

VPC/データ センター内のワークロード間の通信

VPC/データ センター内のワークロード間の通信

業界のリーダーが実現させたゼロトラストのクラウド接続

Siemensがクラウド ワークロードの保護にゼロトラスト アーキテクチャーを採用した理由

AWSとZscalerが連携してクラウド ワークロードを保護する方法

おすすめのリソース

ウェビナー

CNAPPとクラウド ワークロード保護による包括的なクラウド保護

ウェビナー

セキュリティ侵害につながる設定ミス:脅威を関連付けてクラウドのリスクを正しく理解する

データ シート

Posture Controlの概要

導入事例

Global Mining Company | 導入事例

データ シート

Zscaler Workload Protectionの概要

動画

Zscalerが改革するワークロード通信