Secure Cloud Transformation: The CIO’s Journey Request Your Copy
Secure Cloud Transformation: The CIO’s Journey
Request Your Copy

Introducing

The Cloud-First Architect™

Content for architects, by architects

Check it Out

当社のリーダーシップチーム

経営陣

Jay Chaudhry

CEO兼会長、創設者

Jay Chaudhryは、AirDefense、CipherTrust、CoreHarbor、SecureITを始めとする成長企業の創立にかかわった実績を持つ投資家です。Jay Chaudhryが手掛けたZscalerも例外ではなく、2018年3月16日に上場を果たしました。

Jayは、新しいテクノロジートレンドを活用するセキュリティの需要に対応する多くのイノベーションを市場に投入してきました。分散およびモバイルエンタープライズを対象とするZscalerのグローバルセキュリティクラウドはその一例です。セキュリティテクノロジセクターにおける業績により、Jayは多くのエンタープライズのCIOとCISOから信頼できるアドバイザーとして認められています。

Jayは、IBM、NCR、Unisysなどの大手企業でのエンジニアリング、セールス、マーケティング、およびマネジメントなど、セキュリティ業界において25年以上の経験を有しています。2008年にZscalerを設立する前、ワイヤレスセキュリティのパイオニア企業として知られるAirDefenseを設立しました(同社は後にMotorolaに買収されました)。2000年から2006年にかけて、Jayは業界初の電子メールセキュリティゲートウェイとなるCipherTrustの設立と運営に携わりました(同社は後にSecure Computingに統合されました)。Jayは、マネージドeコマースソリューションを提供するCoreHarborの設立にも関与しました(同社は後にUSi/AT&Tに買収されました)。Jayは1996年に自身初の会社となるSecureITを設立しました。世界発のピュアプレイのインターネットセキュリティサービスを提供した同社は、1998年にVeriSignに買収されました。

Jayは、Ernst & Youngの「Entrepreneur of the Year(米国南東部)」、Information Weekの「Innovator & Influencer」、SC Magazineの「Market Entrepreneur」、IIT BHUの「Distinguished Alumnus」、そしてGoldman Sachs「100 Most Intriguing Entrepreneurs」を始めとする多くの賞を受賞しています。Jayは、インドのバナラスヒンズー大学工学研究科で電子工学の学位を取得した後、シンシナティ大学でMBA(マーケティング)と理学修士(コンピューター工学、生産管理工学)を取得しました。Jayは、ハーバードビジネススクールのエグゼクティブマネジメントプログラムを修了しています。

Remo E. Canessa

最高財務責任者(CFO)

Remo E. Canessaは、2017年2月からZscalerの最高財務責任者を務めています。Zscalerに入社する前は、民間のサイバーセキュリティ企業Illumio Inc.の最高財務責任者を務めていました(2016年7月~2017年2月)。llumioに入社する前は、ネットワーク制御、ネットワーク自動化、およびドメイン名システムセキュリティ企業のInfoblox Inc.の最高財務責任者とアドバイザーを兼任していました(2004年10月~2016年4月)。公認会計士の資格を持つCanessaは、カリフォルニア大学バークレー校で経済学の学位を取得し、サンタクララ大学でMBAを取得しています。現在、Canessa氏は、Aerohive Networks, Inc.(クラウドマネージドモバイルネットワーキングプラットフォームプロバイダー)の取締役会のメンバーを務め、監査委員会の会長および報酬委員会の委員を兼任しています。

Amit Sinha, Ph.D

エンジニアリングおよびクラウド事業担当執行副社長、最高技術責任者(CTO)

Amit Sinhaは、2010年12月からZscalerの最高技術責任者(CTO)を務めると共に、2013年10月からエンジニアリングおよびクラウド事業の業務執行副社長を兼任しています。2017年5月からZscalerの取締役会のメンバーを務めるSinhaは、マサチューセッツ工科大学(MIT)で電気工学およびコンピュータサイエンスの博士号を取得し、デリーのインド工科大学で電気工学の学位を取得しました。

Manoj Apte, Ph.D

最高戦略責任者(CSO)

Apteは、2016年9月からZscalerの上級副社長と最高戦略責任者を兼任しています。最高戦略責任者に就任する前は、製品管理担当副社長を務めていました(2008年9月~)。Apteは、ミシシッピ州立大学で博士号(コンピュータサイエンス)と修士号(計算工学)を取得し、インド工科大学(ムンバイ)で航空宇宙技術の学位を取得しました。

Micheline Nijmeh

最高マーケティング責任者

革新的で実績のあるマーケティングエグゼクティブであるMichelineは、戦略的思考とデータ主導の意思決定のバランスを取ります。 彼女の20年にわたるマーケティングキャリアの中で、Michelineの経験は、世界的に認められた公共技術のリーダーからIPO前のスタートアップまで、多様な企業のプロファイルを網羅しています。 MichelineはXactly CorporationからZscalerに入社しました。Xactly Corporationでは、販売実績管理における同社の変革とリーダーシップの推進を支援しました。

ZscalerにおけるMichelineの責任は、世界的なブランド認知、市場参入戦略、製品マーケティング、需要創出、そしてコミュニケーションを推進することです。

Patrick Foxhoven

最高情報責任者(CIO)兼エマージングテクノロジー担当副社長

マネージドセキュリティに関する豊富な経験と革新的な発想を持つ起業家およびテクノロジストとして知られるPatrick Foxhovenは、セキュアでスケーラブルなインターネット対応ネットワークの構築に20年以上携わる一方で、情報セキュリティに関する書籍を3冊共同執筆し、いくつかの特許も取得しています。現在、Foxhovenは、Zscalerの最高情報責任者(CIO)兼エマージングテクノロジー担当副社長の役職を務めています。

2010年にZscalerに入社する前は、マネージドITセキュリティおよびサービスプロバイダーの大手企業CentraCommを設立し、同社のCIOを務めていました。それ以前は、米国中西部の住宅向けISPのFriendly Netのオーナーとして、ネットワークエンジニア部門を率いていました。

Punit Minocha

ビジネスおよび企業開発担当上級副社長

Punit Minochaは、Palo Alto NetworksやTrend Microなど、業界をリードする組織の堅牢なテクノロジーエコシステムを開発するための主要なパートナーシップを構築してきた経験を持つセキュリティエグゼクティブです。

Zscalerの事業開発およびモバイルソリューション担当の副社長として、Minochaは、テクノロジーパートナーシップ、戦略的アライアンス、SIリレーションシップ、モバイルセキュリティ戦略、エコシステム、および市場投入を始めとする事業開発イニシアチブの戦略策定と実施を担当しています。Minochaは、カリフォルニア州立大学バークレー校のハース スクールオブビジネスでMBA、ウィスコンシン大学で修士号(電気工学)、およびニューハンプシャー大学で学位(電気工学)を取得しました。

Robert Schlossman

最高法務責任者

Robert Schlossmanは、2016年2月からZscalerの最高法務責任者を務めています。Zscalerに入社する前は、電気自動車企業のLucid Motors Inc.の最高法務責任者を務めていました(2015年5月~2016年1月)。それ以前(2010年3月~1014年8月)は、イメージングソリューションプロバイダーのAptina Inc.の最高法務責任者と事務局長の役職にありました(同社は後にON Semiconductor Corporationに買収されました)。Schlossmanは、カリフォルニア州立大学法学部で法務博士号、スタンフォード大学で修士号と学位(英文学)を取得しました

Larry Biagini

チーフテクノロジーエバンジェリスト

Larry Biaginiは最近、GEの副社長兼最高技術責任者を退任しました。 GEでは、インフラストラクチャ、従業員サービス、およびクラウドテクノロジーのデプロイを連動させて、GEの従業員、顧客、そしてパートナーによるGEサービスの安全な使用を実現することに尽力していました。Zscalerでは、クラウドサービスの使用の拡大に向けて、顧客とパートナーが優れた計画の策定と実施を行うことを支援しています。

GEでの26年間、Larryは、ITリスク担当の副社長(すべてのリスク、ガバナンス、セキュリティを管轄)、副社長兼CIO(GE Capital)、最高技術責任者、CIO兼サービス配信(GE Company)、そして(GE Aviation)を歴任しました。GEに在籍中、Larryはグローバルな合併吸収および事業分割においてテクノロジー統合を成功させるべく尽力しました。Larryは2012年にGE Companyの役員に就任しました。

GEに入社する前、LarryはEmery Air FreightのInternational Applicationsの統括、およびOlin ChemicalのFinancial Applicationsのディレクターとしての経験を積みました。Larryは、製造、ロジスティックス、および財務システムに関連するテクノロジーに35年間携わってきました。Larryは、信頼性とセキュリティを備えた方法で新しいテクノロジーを活用する環境を創造するグローバルリーダーとして広く知られています。

Greg Pappas

最高人材活用責任者

Greg Pappasは、人材と文化を活用してビジネス戦略を支援することに情熱を傾ける戦略的なエグゼクティブです。過去20年において、GregはIPOの前と後の両方でリーダーシップを発揮しています。

Gregは、最高人材文化活用責任者の役職にあったSpecialized BicyclesからZcalerに移籍しました。その前は、CyberSource、Packeteer、Extended Systems、GlobalEnglish、Inference Corporation(人事担当副社長)、そしてChordiant SoftwareとApple Computer(人事管理)といった多くの優良企業でキャリアを築いてきました。

Kavitha Mariappan

カスタマーエクスペリエンスおよび変革担当上級副社長

Kavitha Mariappanは、技術を顧客中心の価値に迅速に変換し、グローバルなチームと業務を動員し、それらを高成長のビジネスに変換することに長けている、経験豊富な市場投入型エグゼクティブです。エンタープライズソフトウェアおよびサービスプロバイダにまたがる20年以上の任期にわたり、データブリック、リバーベッド、シスコ、フィリップスエレクトロニクスなど、業界をリードする企業でマーケティング、製品管理、およびエンジニアリングに及ぶさまざまな重要な役割を果たしてきました。彼女はごく最近では、スプリットソフトウェアでCMOを務め、ベンチャーバックの新興企業であり、同社がゼロから市場に出回るエンジンを構築し、製品決定のための新しいカテゴリを定義するのに役立ちました。

Kavithaは、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で通信工学の工学士号を取得しています。

Kailash

チーフアーキテクト、創業者

KailashはZscalerの共同設立者で、スケーラブルで高性能のネットワーキングおよびセキュリティシステムのエキスパートとして認められています。Kailashは、25年以上にわたってAirDefense、CipherTrust、Netscaler、Mylex、Unisys、そしてWiproなどの大手テクノロジー企業での経験を積みました。Kailashのキャリアは、Wiproがスタートアップだった時期に始まりました。チーフアーキテクトとしての実績では、業界最高性能のWebアプリケーション配信および負荷分散プラットフォーム(NetScaler)およびワイヤレスセキュリティアプライアンスの20倍のスケーラビリティ向上(AirDefense)が知られています。

40以上の特許を持つKailashは、インド工科大学デリー校で修士号(コンピューター技術)を取得し、バナラスヒンズー大学工学研究科で学位(電子工学)を取得しました。

取締役会

Jay Chaudhry

CEO兼会長、創設者

Jay Chaudhryは、AirDefense、CipherTrust、CoreHarbor、SecureITを始めとする成長企業の創立にかかわった実績を持つ投資家です。Jay Chaudhryが手掛けたZscalerも例外ではなく、2018年3月16日に上場を果たしました。

Jayは、新しいテクノロジートレンドを活用するセキュリティの需要に対応する多くのイノベーションを市場に投入してきました。分散およびモバイルエンタープライズを対象とするZscalerのグローバルセキュリティクラウドはその一例です。セキュリティテクノロジセクターにおける業績により、Jayは多くのエンタープライズのCIOとCISOから信頼できるアドバイザーとして認められています。

Jayは、IBM、NCR、Unisysなどの大手企業でのエンジニアリング、セールス、マーケティング、およびマネジメントなど、セキュリティ業界において25年以上の経験を有しています。2008年にZscalerを設立する前、ワイヤレスセキュリティのパイオニア企業として知られるAirDefenseを設立しました(同社は後にMotorolaに買収されました)。2000年から2006年にかけて、Jayは業界初の電子メールセキュリティゲートウェイとなるCipherTrustの設立と運営に携わりました(同社は後にSecure Computingに統合されました)。Jayは、マネージドeコマースソリューションを提供するCoreHarborの設立にも関与しました(同社は後にUSi/AT&Tに買収されました)。Jayは1996年に自身初の会社となるSecureITを設立しました。世界発のピュアプレイのインターネットセキュリティサービスを提供した同社は、1998年にVeriSignに買収されました。

Jayは、Ernst & Youngの「Entrepreneur of the Year(米国南東部)」、Information Weekの「Innovator & Influencer」、SC Magazineの「Market Entrepreneur」、IIT BHUの「Distinguished Alumnus」、そしてGoldman Sachs「100 Most Intriguing Entrepreneurs」を始めとする多くの賞を受賞しています。Jayは、インドのバナラスヒンズー大学工学研究科で電子工学の学位を取得した後、シンシナティ大学でMBA(マーケティング)と理学修士(コンピューター工学、生産管理工学)を取得しました。Jayは、ハーバードビジネススクールのエグゼクティブマネジメントプログラムを修了しています。

Charles Giancarlo

Pure Storageの最高経営責任者(CEO)

Giancarlo氏は、2016年11月からZscalerの取締役会のメンバーを務めています。Giancarloは、エンタープライズレベルのデータストレージ企業であるPure Storage, Inc.のCEOと役員を兼任しています。2008年1月から2015年10月までは、テクノロジー、テクノロジーベースの成長業界にフォーカスする民間の投資企業Silver Lake Partnersの社長および戦略アドバイザーを務めた経歴があります。1993年5月から2007年12月にかけて、Giancarlo氏は、コミュニケーションおよびネットワーキング製品とサービスのプロバイダーとして知られるCisco Systems, Inc.で多くの上級エグゼクティブの役職を歴任し、最終的に代表取締役副社長と最高開発責任者の役職に就任しました(2004年5月~2007年12月)。現在、Giancarloは、Accenture plc(マネジメントコンサルティングビジネス)、Avaya(ビジネスコラボレーションおよびコミュニケーションソリューションプロバイダー)、Imperva, Inc.(ビジネスセキュリティソリューションプロバイダー)、Arista Networks, Inc.(ネットワーク製品メーカー)を始めとするさまざまな民間企業の役員を務めています。以前は、ServiceNow, Inc.、Netflix, Inc.、およびTintri, Inc.の役員を務めていました。Giancarlo氏は、ブラウン大学で学位(電気工学)、カリフォルニア州立大学バークリー校で修士号(電気工学)、ハーバードビジネススクールでMBAを取得しています。エグゼクティブレベルのリーダーシップとテクノロジー関連の公開企業の役員としての経験を始めとするエグゼクティブビジネスの専門知識を有する同氏は、Zscalerの取締役会のメンバーとして期待されています。

Karen Blasing

独立社外取締役

Blasing氏は、2017年1月からZscalerの取締役会のメンバーを務めています。同氏は、2009年から2015年3月までGuidewire Software, Inc.の最高財務責任者と務めました。2009年以前は、Force10 Networks, Inc.の最高財務責任者、salesforce.comの財務担当上級副社長、Nuance Communications, Inc.とCounterpane Internet Security, Inc.の最高財務責任者、Informix Corporation(現IBM Informix)およびOracle Corporationの上級財務管理職を歴任しました。現在、Blasing氏は、米国の住宅ローン業界向けにオンデマンドソフトウェアソリューションおよびサービスを提供するEllie Mae, Inc.の取締役会のメンバーを務めています。Blasing氏は、モンタナ大学で学位(経済学および経営学)を取得し、ワシントン大学でMBAを取得しました。多くのSaaSおよびエンタープライズソフトウェア企業での財務分野におけるエグゼクティブリーダーシップとマネジメントの経験を有するBlasing氏は、Zscalerの取締役会のメンバーとして期待されています。

Nehal Raj

パートナーのTPG

Raj氏は2015年7月からZscalerの取締役会に参加しています。Raj氏は、サンフランシスコに拠点を置く民間投資会社TPGのパートナーとして、TPG CapitalとTPG Growthの両方でのテクノロジーセクターへの投資を担当しています。2006年にTPGに参加する前は、Francisco Partnersのアソシエートを務めていました。Raj氏は、現在、C3 IoT, Domo, Inc.、EverFi, Inc.、Mediware Information Systems, Inc.、Noodle Analytics, Inc、Sutherland Global Services, Inc.などの複数の民間企業の役員を務めています。Raj氏は、スタンフォード大学で学位(経済学)と修士号(生産管理工学)を取得しました。Raj氏は、同大学の由緒あるファイベータカッパクラブのメンバーでもあります。優秀な成績によってバチェラースカラーの称号を与えられたハーバードビジネススクールでは、MBAを取得しています。テクノロジー企業の役員としての実績に加え、ネットワークテクノロジー、インフラストラクチャSaaS、およびサイバーセキュリティ企業などへの投資実績を始めとする未公開企業にかかわった経歴を持つRaj氏は、Zscalerの取締役として適任と考えられます。

Amit Sinha, Ph.D

エンジニアリングおよびクラウド事業担当執行副社長、最高技術責任者(CTO)

Amit Sinhaは、2010年12月からZscalerの最高技術責任者(CTO)を務めると共に、2013年10月からエンジニアリングおよびクラウド事業の業務執行副社長を兼任しています。2017年5月からZscalerの取締役会のメンバーを務めるSinhaは、マサチューセッツ工科大学(MIT)で電気工学およびコンピュータサイエンスの博士号を取得し、デリーのインド工科大学で電気工学の学位を取得しました。

Andrew Brown

Sand Hill EastのCEO、共同設立者

2015年10月からZscalerの取締役会に参加しているBrown氏は、2014年2月から戦略的マネジメント、投資、およびマーケティングサービス企業のSand Hill East LLCの最高経営責任者(CEO)を務めています。2006年からは、民間のコンサルティング企業Biz Tectonics LCCの最高経営責任者および共同オーナーの役職も務めています。2010年9月から2013年10月の間、Brown氏は、投資銀行UBS Securities LLCのグループ最高技術責任者を務めました。2008年から2010年にかけては、Bank of America Merrill Lynch(Bank of Americaの企業および投資バンキング部門)の戦略、アーキテクチャ、および最適化を率いた実績があります。2006年から2008年の間は、Credit Suisse Securities (USA) LLCのインフラストラクチャ部門の最高技術責任者を務めました。現在、Brown氏は、災害・損害保険業者向けのソフトウェア製品プロバイダーであるGuidewire Software, Inc.の取締役会および報酬委員会のメンバーを務めています。Brown氏は、ユニバーシティカレッジ ロンドン(UCL)で化学物理学の学位を優秀な成績で取得しています。複数のFortune 500企業における最高技術責任者としての実績およびその他の上場企業の取締役会における経験を持つBrown氏はZscalerの取締役会のメンバーとして最適な資質を有しています。

Scott Darling

Dell Technologies Capital(DTC)の社長

Darling氏は、2016年11月からZscalerの取締役会に参加しています。同氏は、2016年9月からDell Technologies Capital(Dell Technologies Inc.の企業開発およびベンチャーキャピタル部門)の社長を務めています。EMC Corp.の吸収に伴うDell Technologiesへの移籍の前は、EMC Corporate Development and Venturesの社長としてEMCのビジネス開発およびベンチャーキャピタルへの投資を管轄していました(2012年3月~2016年9月)。EMCに参加する前は、自身が設立したFrazier Technology Ventures II, L.P.のゼネラルパートナーとIntel Capital Corp.(Intel Corporationのベンチャーキャピタル部門)の副社長兼専務取締役を務めていました(2000年~2007年)。Darling氏は、Dell Technologies Capitalの代表としてBarefoot Networks, Inc.およびDocuSign Inc.の取締役会に参加しています。Darling氏は、カリフォルニア州立大学サンタクルーズ校で経済学の学位を取得し、スタンフォード大学のビジネススクールでMBAを取得しました。取締役としての経験と複数のテクノロジー企業の投資家としての実績を持つDarling氏はZscalerの取締役会のメンバーとしての資質を備えています。