「ネットワークセキュリティの未来はクラウドにある」

SASE(Secure Access Service Edge)に関するガートナーのレポートを読む

ガートナーのライブラリのレポートに今すぐアクセス

有効な状態を指定してください。
  ゼットスケーラーからのニュース、イベント、ウェブキャスト、特別オファーの受け取りに同意します。

フォームを送信すると、ゼットスケーラーのプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。

詳細は、利用規約を参照してください。

「セキュリティ境界がデータセンタのエッジに置かれた箱に組み込まれるのではなく、企業が必要とするあらゆる場所、すなわち、動的に作成された、ポリシーベースのセキュアアクセスサービスエッジに存在するようになりました。」

ガートナー、「ネットワークセキュリティの未来はクラウドにある」、2019年8月30日
Lawrence Orans、Joe Skorupa、Neil MacDonald共著

ITネットワーキングの世界は急速に進化しています。クラウドとモビリティの新しい世界は、過去のネットワークアーキテクチャでは、構築することも、拡張することもできません。注目のレポート「The Future of Network Security Is in Cloud(ネットワーク・セキュリティの未来はクラウドにある)」では、ガートナーを代表するアナリストが、SD(Software-Defined)セキュアアクセスの新しいパラダイムであるSASE(セキュアアクセスサービスエッジ)について解説しています。

SASEこそが、エンタープライズネットワーキングの常識を覆すスピードとアジリティでデジタルビジネストランスフォーメーションを可能にすると、我々は信じています。

  • 既存の企業ネットワークとセキュリティのモデルの大転換
  • 組織には、シンプルさ、スケーラビリティ、柔軟性を兼ね備え、レイテンシの少ない強力なセキュリティを実現する、クラウドベースの「セキュアエッジ」SaaSモデルの採用が求められている
  • サービスエッジプロバイダには、広範囲に分散する(各エンドポイントにできるだけ近い場所に分散する)ネットワークのエッジにコンピューティングパワーを提供することが求められている
Gartnerは、米国およびその他の国におけるGartner, Inc.およびその関連会社の登録商標およびサービスマークであり、許可のもとにここで使用されています。All rights reserved.