あらゆる場所のデータを守る

Zscalerのデータ保護の稼働例を見る

Zscalerを使用するということは?

Zscalerは、企業がクラウドセキュリティのニーズに対応し、デジタルトランスフォーメーションを安全に採用していくために必要なデータ保護機能を、広く厚く提供します。シャドーITの検出や正確なデータの照合だけでなく、Zscalerはすべてに対応しています。

以下では、Zscalerのいくつかの機能と、Zscalerでデータを保護するためのユーザインターフェースがどのようなものか、一つ一つ説明する簡単なデモ動画をご覧いただけます。

Zero Trust Exchange

シャドーITの検出

ZscalerのシャドーIT検出は、従業員が使用している許可されていないクラウドアプリケーションを自動的に検出し、何十もの基準で評価し、それぞれのリスクスコアを提供することで、IT部門が適切に対応できるようにします。

CASBコラボレーションマネジメント

Zscalerのコラボレーションマネジメントは、管理されたSaaSアプリケーション内の静止状態のデータをスキャンして、リスクのある共有や外部との共有を特定し、事前に設定されたポリシーに従って自動的に修正します。

SaaSセキュリティポスチャ管理

ZscalerのSaaSセキュリティポスチャ管理は、アプリケーションをスキャンして、(様々なセキュリティ規制やフレームワークで定義された)致命的な設定ミスの可能性を発見し、IT部門が対応できるようにします。

インデックス付き文書照合

Zscalerのインデックス付き文書照合は、機密情報を含む高価値のドキュメントを保護します。管理者は、主要なフォームにフィンガープリントを行うだけで、企業内でそのフォームを使用しているファイルを迅速に特定し、保護することができます。

情報漏洩防止(DLP)

Zscaler DLPは、データがどこに向かおうともリアルタイムで保護するために必要な、大規模なSSLインスペクションを提供するので、管理者はすべてのクラウドデータチャネルに一貫して適用される単一のポリシーを設定できるようになります。

ブラウザ分離

Zscalerのブラウザ分離は、アプリのセッションをZero Trust Exchangeで仮想化し、コンテンツをピクセルとしてユーザにストリーミングすることで、ダウンロード、コピー、ペースト、プリントを防ぎ、データの損失を防ぎます。これをエージェントレスで行うことで、BYODに対応します。

テナントの制限

ZscalerのSaaSテナント制限は、企業に属さないSaaSテナントと企業に属するSaaSテナントを区別し、企業がアクセスを完全にブロックしたり、必要に応じてアップロードを防止したりして、データ漏洩を防ぐことができます。

光学的文字認識

Zscalerの光学的文字認識は、画像からテキストを抽出し、EDMやIDMなどのDLP対策で検査するため、スクリーンショットなどの画像ファイルからのデータ流出を、移動中も静止中も防ぐことができます。

完全データ一致

Zscalerの完全データ一致は、インラインおよびアウトオブバンドのトラフィックをスキャンして、一般的なデータパターンではなく、保護が必要な特定のデータ値を検出することで、精度を高め、ITチームの時間を無駄にする誤検出を排除します。

DLPユーザ通知

Zscaler DLPはユーザ通知で完結します。Zscalerは、ユーザが知らないうちにポリシーを施行するのではなく、アラートを通じてユーザに情報を提供し、ユーザが違反に対するフィードバックや正当な理由を提供できるようにしています。

お勧めのリソース

SANSレポート

Zscaler Data Protectionを活用する包括的なクラウドセキュリティの実現

データシート

Zscaler Data Protectionの概要

導入事例

Guild MortgageがクラウドベースのセキュリティソリューションにZscalerを選択した理由

eBook

WFA(Work From Anywhere)環境におけるデータの保護

インフォグラフィック

隙のないデータ保護対策を実現するために必須となる3つの要件

eBook

上位のCASBユースケースに関するebook(英語)