文化

ゼットスケーラージャパンで働く、パートナー担当・若月 絢加へのインタビュー

ゼットスケーラージャパンで働く、パートナー担当・若月 絢加へのインタビュー

 

ゼットスケーラーは、6大陸に渡る150以上のデータセンターを介して、世界最大規模のクラウドセキュリティプラットフォームを提供しています。Forbesグローバル2000に選出された400社を超える企業を始め、多くのお客様のクラウドトランスフォーメーションを実現しています。

 

ゼットスケーラーは、ベイエリアで最も働きがいのある会社(2020年版)に選出されているほか、以下Glassdoorによる調査結果が表しているように、お客様の満足度が高いだけでなく、従業員の大多数が仕事にやりがいを感じており、ビジネスの観点に加えて働き方といった側面でも革新をもたらしています。

 

  • 高い満足度:90%以上の従業員が「働きやすい」と回答
  • 高い透明性:94%の従業員が「経営陣が誠実で倫理的な判断を下している」と回答
  • 若年層中心の世代構成:ミレニアル42%、X世代48%、ベビーブーム世代10%

 

2020年にゼットスケーラー株式会社に入社したRegional Alliance Managerの若月 絢加 (わかつき あやか)に、これまでのキャリアや、ゼットスケーラーで働く魅力について聞きました。

 

ゼットスケーラージャパンで働く、パートナー担当・若月 絢加へのインタビュー

 

1. 自己紹介とゼットスケーラーでの役割を教えてください。

ゼットスケーラーでパートナー様担当をしております、若月絢加と申します。 ゼットスケーラーを扱っていただいている日本国内のパートナー様と日々やり取りをさせていただいております。 前職では中堅企業様向けのSaaS ERPの営業をしておりました。

 

2. ゼットスケーラーを志望した理由は?

素直に、会社が急成長していたので自分自身もその成長の波に乗れないかと思い志望しました。 前職とは全く違う分野・製品での挑戦もしてみたく、今もまだ苦戦することが多いですが引き続き挑戦中です。 また、創業者であるジェイの生い立ちや、様々なことにおいての考え方にもとても感銘を受けました。 大きなビジョンを持って設立されたゼットスケーラーという会社の一員として働いてみたいと強く思いました。

 

3. パートナー営業を目指されたきっかけは何ですか?

前職でもパートナー様と一緒に活動することもあり、パートナー様と活動する重要さと難しさを感じていました。 案件に携わる人が増えれば増えるほど様々な問題が発生したり、チームワークを強く感じられたり、そういった環境に常に自分を置くことで成長の幅を広げられるのではと思い目指しました。 ゼットスケーラーのパートナー様は優秀な方々が多く、日々のやり取りの中でもまだまだ自分の未熟さを痛感しますがこのポジションでまだまだ様々なことを学んでいきたいと思っています。

 

4. ゼットスケーラーとはどのような会社ですか?

想像以上に国境を超えて”One Team”であることにびっくりしました。 なにかサポートが必要になった際に場所・国籍を気にすることなくグローバル全体でお互いを支援しています。 また、私は入社してからずっとリモートでの勤務になっていますがリモートでもやる気に満ちあふれているエネルギーが伝わってくるような会社です。

 

5. ゼットスケーラーに入社して、これまで勤務されていた会社と比べて「ここは違う」と思われた点があれば教えてください。

やはり一番は、今まではすべて日本国内で完結するやり取りが多かったですがゼットスケーラーは常に国境を超えてのやり取りです。 「同期がいるから紹介する」とマネージャーにZoomで紹介された方がオーストラリア人だったときはとても新鮮でした。笑

 

最新のデジタルトランスフォーメーションのヒントやニュースをご覧ください。

送信ボタンをクリックすると、ゼットスケーラーの プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。