Zscaler Cloud Platform

ゼロトラスト:OTセキュリティ最新化の鍵

デジタルロック

今日、安全なリモートアクセスは、IT側の事業継続のための最重要事項となっているだけでなく、工場の操業や生産ラインの短時間の中断であっても収益に直結することから、OT側にとっても重要課題となっています。多くのOTベンダやサービス企業がパンデミックをデジタルトランスフォーメーションを加速させるきっかけと考え、リモートアクセスの新しいテクノロジを迅速に採用して、市場環境の変化への耐障害性と適応性を向上させようとするようになりました。製造業のグローバル企業は、リモートの予知保全、監視、トラブルシューティングを活用することで、アジリティを強化し、稼働率の向上と運用コストの削減を実現しようとしています。

さらに、デジタルトランスフォーメーションとインテリジェントオートメーションを活用するスマートファクトリには、IT側に求められる主なセキュリティ原則を上回るセキュリティが要求されることになるでしょう。事実、産業環境を標的とするサイバー攻撃が世界的に増加しているため、製造業のリーダーは、緊急の生産需要とセキュリティに対する高まるニーズを適切なバランスで両立させる必要があります。製造業の資産を保護する最良かつ最新のセキュリティアーキテクチャを求めるこれらのリーダーは、ITセキュリティの原則にそのヒントを見つけようとしているようです。

ゼットスケーラーはSiemensは、OTデバイスとデータに適用されるゼロトラスト原則に基づいて、稼働率とコスト効率の向上と最高レベルのセキュリティを実現する、革新的な共同ソリューションを開発しました。SiemensのSCALANCE LPEは、本番環境の中核となる最先端の産業用エッジプラットフォームであり、Dockerコンテナとして効率的にインストールされるZscaler Private Access App Connectorと組み合わせて利用できます。このアーキテクチャにより、SCALANCEデバイスに接続されたリソースへのゼットスケーラーのZero Trust Exchangeクラウドプラットフォーム経由のきめ細かいアクセスが可能になります。Siemensは、OT環境の管理やタスクを実行するための優先的なリモートアクセス手段としてゼットスケーラーを追加することでOT環境を保護することを推奨しています。この共同ソリューションについては、Siemensで産業/耐久ネットワークビジネスラインの責任者であるHannes Barth氏によるブログで詳しく紹介されています。

ゼットスケーラーとSiemensの共同ソリューションにより、工場の従業員、メンテナンスやサポートの担当者、サードパーティのパートナーが世界中のあらゆる場所から任意のネットワーク接続を利用し、安全にリモートアクセスできるようになりました。この共同ソリューションは、工場の稼働率の向上、重大な脅威からの生産システムの保護、リモートの人材の雇用による労働力の不足の解消、コスト効率に優れた運用を支援します。詳細は、[email protected]にご連絡いただくか、ゼットスケーラーまたはSiemensのアカウント担当者にお問い合わせください。

最新のデジタルトランスフォーメーションのヒントやニュースをご覧ください。

送信ボタンをクリックすると、ゼットスケーラーの プライバシーポリシーに同意したものとみなされます。