Zscaler book

Learn how Zscaler enables work-from-anywhere.

Download the eBook today

Zscaler book

Learn how Zscaler enables work-from-anywhere.

Download the eBook today

Select your role & we’ll curate content specifically for you
Blogs > Corporate

ゼットスケーラーが新しいデータセンタをカナダに開設

開設もリモートから——拡大を続ける世界最大のセキュリティクラウド

Published on:

Authored by:

Misha Kuperman

ゼットスケーラーが新しいデータセンタをカナダに開設

ニューヨークタイムズが、家族や友人をCOVID-19から守るあらゆる措置を講じるようになっていることで「地球の半分はロックダウンされている」と報道しました。業務アプリケーションやWebへの安全なアクセスを通じて従業員の安全と健康の維持しようとするお客様の需要が増大する中、それらに対応するゼットスケーラーのサービスの重要性はこれまで以上に高くなっています。1月以来、ZPA(Zscaler Private Access)のトラフィックが10倍以上も増加し、拡張の必要性が差し迫った状況で、ゼットスケーラーのクラウド運用チーム(そして、実際には全社)がリモートワークでこれを遂行するというのも、前例のないことでした。

そのような流れの中で、カナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーにデータセンタが新設されたことは我々にとって画期的であり、最高の喜びでした。2時間以内に、250以上のお客様の3,000万件以上のトランザクションが、このデータセンタで処理されました。過去1年間でカナダの企業からのトラフィックが2倍になり、COVID-19という新たな要素が加わったことで、さらに多くの需要が生まれることになりました。新設されたこのデータセンタは、ゼットスケーラーの中核製品であるZPAとZIA(Zscaler Internet Access)の両方をサポートしています。

 

VPNからゼットスケーラーへの移行がカナダのお客様にもたらすメリット

この新しいデータセンタを活用している企業の1つが、カナダのブリティッシュコロンビア州とアルバータ州、および米国南部に45の拠点を置く、北米最大規模の製材メーカーであるWest Fraser Timber社です。COVID-19の感染拡大の深刻化に伴い、同社の最高情報責任者であるPaul King氏は、60年以上の同社の歴史で初めて、1,000人以上の従業員の100%のリモートワークへの移行を指揮することになりました。West Fraser社は昨年末に、従業員に安全なWebアクセスを提供する手段としてZIAの使用を開始したばかりでしたが、Paul King氏はこの緊急時に、ZIAにZPAを加えることで、従業員のリモートワークへの完全な移行が可能になるのではないかと考えました。

West Fraser社は、Paul King氏がゼットスケーラーと初めて打ち合わせをしてから僅か2週間で、契約、調達、全社への完全な導入までを完了させ、ZPAの全面稼働を成功させました。

同氏は決断に際し、ゼットスケーラーのチームに次のように説明しました。「多くの組織がそうであるように、我々が重点的に取り組むべきは従業員の安全と健康の確保であり、私の使命は、できるだけ高い生産性で在宅勤務を進めるのに必要なツールを彼らに提供することです。VPNでそれを実現するのは不可能で、スケールアウトに最低2か月かかっていましたが、今は、そのような時間的余裕はありません」

「VPNをZPAに2週間足らずで移行できたことの反響はとても大きいものでした。IT部門では社内から、VPNのログインやアクセスといった問題に関する問い合わせ以上に、感謝の意をわざわざ伝える電話をたくさん受けているようです。全社的に強力なクラウドセキュリティがWebトラフィックに実現し、仕事に利用するすべての業務アプリケーションへのアクセスが可能になりました」

バンクーバーのデータセンタ開設前もトロントのデータセンタがすでに稼働していましたが、カナダに2つのデータセンタが存在することで、お客様にさらに多くのメリットがもたらされるようになりました。その1つがユーザエクスペリエンスであり、計算処理、SSLインターセプト、セキュリティサービスがエッジで動作するため、最短パスでユーザが業務アプリケーションに接続され、これが、高速のユーザエクスペリエンスを実現する鍵となります。新しいデータセンタが加わったことで、データ主権を重視するカナダ国内の企業にとっては、1箇所のデータセンタをプライマリ、もう1箇所をバックアップとして利用すれば、すべてのデータがカナダ国外に出ないというメリットがあります。

 

ゼットスケーラーのクラウドの運用――あらゆる状況、あらゆる場所に対応

バンクーバーのデータセンタの開設によって新たな拠点が加わったことで、地理的に分散され、これまで以上に多くの拠点でホスティングされ、電力や接続が冗長化された、ゼットスケーラーが所有するクラウドから、グローバルクラウドサービスが提供されるようになりました。これらのデータセンタは、必要不可欠なインフラストラクチャに分類され、送電網がオフラインの状態でも稼働が可能です。また、これらの施設は、通信、銀行、公的サービスなどの他の重要インフラストラクチャプロバイダと共有されています。

クラウドの分野で10年以上の実績を誇り、すでに150か所以上のデータセンタを運用しているゼットスケーラーのチームには、自らがリモートワークに移行しなければならない状況でも新しいデータセンタを問題なく増設するためのプロセスが確立されています。確かな実績と経験を積み重ねてきたチームは、自信を持って、一瞬の躊躇もなく仕事を進めます。彼らは私がこれまでに一緒に働いた最高のプロフェッショナル集団の1つです。ゼットスケーラーのクラウドは、ミッションクリティカルという性質により、事業継続と災害復旧の実践訓練を実施して危機に備えています。そして、ゼットスケーラー自らがクラウドを運用するには、独創性、さらには、自動化とワークフローの構築が必要であり、そうすることで、現場に出向くことなく作業を進められます。

このような困難な状況にもかかわらず、ゼットスケーラーのすべてのチームは24時間体制でクラウドの運用と拡張を継続し、病院システムを運用するお客様とその従業員、製材メーカー、学校、政府機関などの企業や組織のサポートを続けています。クラウドサービスの状況は、trust.zscaler.comでいつでもご覧いただけます。


Misha Kupermanは、ゼットスケーラーのクラウドオペレーションズ&エコシステム担当シニアバイスプレジデントです

 



Suggested Blogs