Gartner

ゼットスケーラーは、ガートナーのマジッククアドラント2020において、セキュアWebゲートウェイ 部門で唯一のリーダーに選出されました。レポートダウンロード(英語) はこちら

Select your role & we’ll curate content specifically for you
Blogs > Corporate

ゼットスケーラー、Microsoft Security 20/20パートナーアワードの「Zero Trust Champion」と「Security ISV of the Year」で最終選考へ

Published on:

Authored by:

Punit Minocha

ゼットスケーラー、Microsoft Security 20/20パートナーアワードの「Zero Trust Champion」と「Security ISV of the Year」で最終選考へ

※この記事は、3月17日に英語で公開されたブログの翻訳版です。

今週、Microsoftは、Microsoftのパートナーコミュニティにおける権威あるMicrosoft Security 20/20パートナーアワードの年間ファイナリストを選出しゼました。ゼットスケーラーは2つのカテゴリーで最終選考に進んでいます。

 

  • Security ISV of the Year(2019年度ゼットスケーラー受賞)
  • Zero Trust Champion – ISV

 

この度のノミネートは、最高レベルのセキュアなデジタルエクスペリエンスをお客様に提供するというゼットスケーラーのアプローチが注目され評価されたものです。ゼットスケーラーはMicrosoftと連携して、GE、Siemensといった産業界の大手企業からL'Oréalなどのコンシューマーブランドにいたるまで、何千社もの企業を保護してきました。ゼットスケーラーとMicrosoftの共通のお客様は合計で3,000社以上にのぼり、ゼットスケーラーとMicrosoft 365やAzureとの緊密な7つの統合によって提供される、ゼロトラストの導入をサポートする主要なプログラムやテクノロジを活用しています。

この取り組みに参加していただいたお客様には感謝の気持ちでいっぱいです。この1年は、控えめに言っても大変な苦労を伴う時期でしたが、Microsoftとの提携により、革新的な企業が連携することで可能になる先進的なサービスをいくつも実現することができました。

私たちが実現してきたものを説明するために、2つの事例を簡単にご紹介します。皆さんにとっても身近なテーマですが、いずれも、混乱することなく、革新性を取り入れることで成果を出しています

 

ゼットスケーラーとMicrosoft 365がリモートワークを促進

今から1年ほど前、私たちの多くはCOVID-19のパンデミックの影響により、しばらくの間出社を禁じる通達を受けました。技術的な課題だけでなく、世界中の多くの企業では、「どうやって仕事を進められるのか」という問題を抱えました。世界中の企業のほとんどは、コミュニケーションや調整、資料の作成、プレゼンテーション、計算、ファイルのやりとりなどのために、オンプレミスやクラウドの企業向けビジネスアプリや業務アプリを使用しています。躊躇している余裕はありませんでした。人々はステイホームを強いられましたが、仕事を中断することはできません。

IT部門のリーダーは、多くの検討事項に追われました。「企業ネットワークの容量を維持できるか、従業員が必要なアプリにアクセスできるのか、リモートワーカーのセキュリティ対策は十分か、増大するトラフィックニーズと新たな攻撃対象に対応するために何を導入すべきか?」

ほぼ一夜にして、これまでのネットワークアーキテクチャーが試されることになりました。在宅勤務という新しい現実に向けて、斬新で革新的な方法を取り入れる時期がきたのです。

 

Johnson Controls社、10万人以上のオフィスワーカーにリモート勤務を要請

Johnson Controls社は、ビルの空調、防火、セキュリティシステムを専門に扱う大規模な多国籍企業です。パンデミックの発生により従業員のリモート勤務が必須になった際に、レガシーなVPNの低い拡張性と、乏しいユーザエクスペリエンスなどの問題を解消するために、ゼットスケーラーとMicrosoftに解決策を求めました。Zscaler Private AccessとAzure ADの導入で、3週間でVPNの容量制限を解消してユーザのニーズに合わせて簡単に自動で拡張できるようになり、エンドユーザエクスペリエンスを大幅に改善し、ゼロトラストのアプリアクセスソリューションを導入することができました。

Johnson Controls社は、変化する世界に適応するために、数週間で仕事の進め方を変革することができました。

 

DB Schenker 社、80ヵ国以上1,400の支社拠点にローカルインターネットブレイクアウトを導入

DB Schenker社は、ヨーロッパを拠点とする大手物流業者で、80ヵ国以上に75,000人を超える従業員を擁しています。SASEアーキテクチャへの移行を実現するためゼットスケーラーを採用し、Microsoft 365を含むクラウドベースのアプリケーションを活用することで、支社を悩ますITの複雑性を解消しました。私たちとの共同作業により次のことを実現しています。

 

  • 80ヵ国以上でMicrosoft 365クラウドサービスに移行
  • 1,400ヵ所の支社でアプライアンスを撤廃し、インターネットへの直接接続を実現
  • COVID-19対応として、ダイレクトインターネットアクセスとSaaSアクセスのために40,000の「ホームロケーション」を構成
  • 75,000人の従業員がMicrosoft Teamsを使って重要な共同作業を日常的に実施

 

このような事例の実現を通して、ゼットスケーラーとMicrosoftの連携は、ますます強固で独自性を持つものとなっています。世界中の緊急性の高いIT問題は、ゼットスケーラーとMicrosoftが解決いたします。

 

ゼロトラストはデジタルトランスフォーメーションに必須の存在

MicrosoftがZero Trust Championアワードを設けたのは今年が初めてであり、ゼットスケーラーは、ここにノミネートされたことを大変光栄に思います。ゼットスケーラーは、ゼロトラストに焦点を当て、お客様のデジタルトランスフォーメーションの加速を支えるべく、今後も尽力いたします。

ゼットスケーラーのすべてのサービスの基盤となるプラットフォームZscaler Zero Trust Exchangeは、分散とハイパーコネクトの両方が求められる、変化を続ける世界を保護することで独自の地位を確立しています。ビジネスは、信頼性の高い企業ネットワークを離れ、セキュリティ境界の外側で行われています。

 

  • アプリはデータセンタとクラウドの両方に存在する
  • ユーザは様々なデバイスを使ってあらゆる場所から接続する
  • サーバ、IoT、OTのトラフィックが急増している
  • インターネットが新たな接続レイヤーになる

 

ゼットスケーラーのZero Trust Exchangeは、ユーザ、アプリ、デバイスをあらゆるネットワーク、あらゆる場所から安全に接続し、ビジネスポリシを適用してユーザの生産性を高め、ビジネスリスクを低減しつつコストを削減し、ITを簡素化するクラウドネイティブプラットフォームです。

私たちは、Microsoftと協力して、ゼロトラストの原則に基づくデジタルトランスフォーメーションを推進してまいります。

 

Microsoft Security 20/20のチェックをお忘れなく

ゼットスケーラーと継続して連携してきたMicrosoftに対して、あらためて感謝いたします。私たちは、Microsoft製品との統合を拡大して共同のお客様に対するコミットメントを揺るぎないものとし、世界で発生する最も困難なITの課題にいつでも対応できるようにしてまいります。

第2回Microsoft Security 20/20年次アワードでは、セキュリティ、コンプライアンス、アイデンティティほか18のカテゴリーの最終選考者が表彰されます。Microsoftは、2021年5月12日に、業界の有識者の投票による「Microsoft Security 20/20パートナーアワード」の受賞者を発表する予定です。



Suggested Blogs